Powered 

by Tigers-net.com
 こんばんは。

 今日のセリーグ3試合は,いずれも非常に大味な試合ばかりでした。

 まず,広島さんと中日さんの試合ですが,広島さんが序盤に5点と大きくリードしていたところで,中日さんが満塁ホームランを含めて一挙7点を入れ,最終的に9対5で終わりました。

 次に,読売と横浜さんの試合は,4対3で10回の裏,横浜さんの荒波さんが澤村さんかポテンヒットを打って4対4の同点になったものの,送球の間に大きくオーバーランした一塁走者下園さんがタッチアウトとなり,最終的に読売が6対4で勝ちました。

 阪神とヤクルトさんの試合は,後述するとおり,阪神が何度も勝利のチャンスをつかみながら,継投ミスなどによって失点を重ね,最終的に同点で試合を終えることとなりました。

 今日は,選抜甲子園でも延長で試合が決まりましたし,そういう日なのかもしれませんが,それでも甲子園の方はいい試合だったとしても,プロ野球の方はもう少し締まった試合をしてもらえないだろうかと思います。
 プロ野球は興業なのですから,しょうもないミスなどで大味な試合を料金を支払った客に見せるのは失礼な気がします。
 しかも,それがセリーグの全試合であったというのですから,なんだかなという思いです。
 もちろん,今日の中日さんのように,あきらめかけた試合が逆転勝利というのはうれしい限りなのですが,それでもいくら流れがあるとはいえやられすぎというのはやはりちょっと考えものです。
 開幕からまだあまり時間が経っていませんが,少々緊張感が欠けているのではと思ったりもしました。


 さて,その阪神ヤクルト戦ですが,今日の試合で大きな誤算だったのは,前回登板に引き続いてメッセンジャーさんが思うような働きを見せてくれなかったことです。
 彼は,いつも投球数は多くなりがちですが,7回くらいまでは投げてくれる存在だっただけに,6回5安打3失点というのは期待を裏切ったといえましょう。
 もちろん,3失点ですから最低限の働きをしてくれたと見るべきでしょうが,それでもエースであるメッセンジャーさんにはそれよりも大きな期待をしていますから,やはり物足りなさを感じます。

 次に,継投について大きく問題がありました。
 メッセンジャーさんの後を継いだ高宮さんが今日はよくなく,結局走者をためて後に継ぐこととなり,せっかく逆転した直後に水を差す結果となりました。
 そして,このイニングで歳内さん,高橋さんと3投手をつぎ込み,これが後々に大きな問題となります。

 その後,福原さんがきちんと抑え,マテオさんにつながりましたが,マテオさんがなぜか3イニングも投げることとなりました。
 正直言って,10回に登板した時には,イニングまたぎをして次の試合で使わないつもりなのかと思ったものでしたが,まさか11回にも登板させるとは思いませんでした。
 確かに,控えにいたのは榎田さんと金田さんで,マテオさんと比較した時にここ一番で任せられるのはマテオさんと選んだ気持ちは分かります。
 しかし,マテオさんに無理をさせたために,失点をし,さらに球数を多く投げさせられることとなりました。
 これで,マテオさんは当面投げることはできなくなってしまいましたし,次のカードの抑えをどうするつもりなのでしょうか。
 結果論ではありますが,11回にリードしたところで榎田さんに繋いでおけば勝ち切れたかもしれないと思うと,非常に悔やまれる采配だったと思います。

 ということで,今日の采配の問題点は,
々盖椶気鵑竜用
7回に3投手をつぎ込んだこと
マテオさんを投げさせすぎたこと
だと思います。
 このうち,特にの影響は大きいと思われ,次のカードの抑えは福原さんで行くという構想になってしまうのだろうと思いました。
 そうなると,8回を任せる投手をどうするかですが,そこはこれまで見ている感じでは高橋さんか榎田さんでしょうか。
 去年から懸念されていた中継ぎ問題について,やはり今シーズンでも解決に至っていないということがよく分かってしまいました。

 一方,打つ方はなかなかよかったと思います。
 特に,高山さんは先頭打者ホームランを含む4安打と,これがルーキーなのかと驚かされます。
 しかも,高山さんを求めていた真中監督の前でこれだけ嫌みのように活躍したのですから,彼はそういう意味でも逸材なのだと思いますし,少なくともレフトは固定でいいということになるでしょう。

 ヘイグさん,福留さん,ゴメスさんも非常によい働きをしてくれております。
 彼らも調子の善し悪しはあるでしょうが,それでもおそらく彼らはシーズンを通して阪神打線の柱になってくれそうな,そんな感じを受けます。

 横田さんは,もう少し持ち味を発揮してもらえればとは思いますが,それでも彼は彼なりにがむしゃらにがんばっているところが見えて,好感が持てます。
 きちんと内野安打を打とうとしますし,ファウルで粘って活路を見いだそうとしますし,こういう姿勢はチームを引っ張る上位打線には大事だろうと思います。

 鳥谷さんは,打撃面は本当によくないですが,それでもその選球眼に今日は救われました。
 これだけ打てていないと大丈夫だろうかとは思ってしまいますが,それでも出塁率は相当よいので,今日の押し出し四球を見ていてもやはり彼は打線に必要な人間だろうと思いました。

 問題は,今日は打てておらず,守りも不安な西岡さんでしょうか。
 潜在力は大いに期待されるところですが,それでも今日は打撃がずっとよくなかったですし,肘の関係で守備に不安がある以上,この打撃が続くのであればどこかで考えないといけない時期も来るのかもしれないと思いました。
 もしも打撃低調が続くのであれば,少なくとも守備力を高めるという方向をとるべく大和さんを起用するのもよいのではないかと思いました。

 岡崎さんについては,今日のところはよくなかったですが,キャッチャーはそこだけで見るものではないでしょうし,もう少し様子を見てもよいかもしれません。

 とりあえず,今日の試合を見ていて,しみじみ点を取った直後に取られるとムードも悪くなり,試合も勝てないと改めて思いました。
 金本監督が初めて継投で困ったという日でしょうし,ある意味今日の経験を生かしてもらった上で,今後はもっと勝てる采配をお願いしたいと思います。
 今日は,継投ミスがなければ勝てた試合でしたし,非常にもったいなかったです。
 また,マテオさんを使いすぎないよう,本当にお願いしたいです。

 また思いついたら書きます。ではでは。

↓よろしければ押していただけるとありがたいです。
阪神タイガース ブログランキングへ
三枝康裕 | 阪神タイガース | comments(0)  | trackbacks(0) | 23:37
PAGE TOP