Powered 

by Tigers-net.com
 こんばんは。

 先日より,ペヤングのカップ焼きそばにゴキブリが混入していた事件について,色々と騒動が巻き起こっております。

 これまでの経緯はおおよそ
.張ぅ奪拭爾琶鷙陝
△泙襪食品がツイッター発信者の元にやってきて,話をする。ただし,この時はこれで終わり,回収等はしなかった。
J欸鮟蠅猟敢催を受け,後日回収を開始。
というものだと思います。

 同時期に日清の冷凍パスタも回収を行っているにもかかわらずペヤングばかりが話題に出る理由については,色々とあろうかと思いますが,私にしてみれば全般的に危機管理が甘かったからなのではと思っています。

 今回のような事件は食品を取り扱う会社にとってはあってはならないことなのだと思いますが,それでも発生する可能性はどんな工場でも0にはなりづらいのだと思います。
 もちろん0にするために最大限の努力をするのでしょうが,それでも0に近づけることはできても0にはできないものだろうと思うのです。
 ですから,万一が発生した場合は直ちに対応をして,自己の言い分は述べずに調査をする,調査が終了した後に言い分を述べる,調査終了までは世間をお騒がせしてすみませんに止めておくという対応が大事だったと思います。

 ですが,初めの段階で,会社側は,調査未了にもかかわらず,今回の混入のようなことは起こりえないと述べました。
 また,ツイッター発信者に対しては,「お互いのため」と述べて,一旦ツイートが見られないようにすることを求めたということでした(これが本当かは分かりませんが,そのような記載があったということを述べておきます。)。
 また,その後も直ちに回収を行わず,保健所からの自主回収の指導があってから着手するという後手に回る対応をとってしまいました。
 さらに,最終的にはゴキブリには製造に使用する油と一致する油が付着していたそうですが,これが判明する前に第三者が意図的に混入した可能性もあるかもしれないと語ってしまいました。

 このように,一般的な消費者が求めるであろう回答や対応に対して後手に回ることが多くなってしまったことが現時点での状況を招いてしまった原因であろうと思います。

 私は,個人的にはペヤングの焼きそばは大好きですし,おそらく家にも幾つか買い置きがあると思います。
 それだけペヤングの焼きそばを愛好していたものですから,おそらく今回の騒動が終了し,きちんと衛生管理がなされるようになったと発表された後,改めて食べることもあるのだろうと思います。
 ですが,それだけ好きなペヤングだけに,今食べられない状況になってしまったのは大変残念です。
 そして,それを招いたのは,残念ながらまるか食品の対応の問題であったと思います。

 早期に自主回収を行い,調査が終了するまではお騒がせして申し訳ないと語ることで,被害は最小限に食い止められたのだろうと思いますが,色々な記事を見ていると当初からそのような対応をとれなかった理由の一つとしてまるか食品がリコール保険に未加入であったことが挙げられるように思います。
 リコール保険は,自主回収費用を保証する保険ですが,この保険に入っていれば上記のように自主回収に踏み切ったとしても業績への影響は最小限だったことでしょう。
 しかし,保険に未加入であれば,できれば回収などという事態にならずに終わりにしなければと思うのは理解できなくもないのです。
 ですが,そのためには,自分には落ち度はないということを前面に出す方針になりがちで,それが今日の事態を招いたのではと思わずにはいられません。

 この構造は自動車の任意保険未加入の事態とも共通するものだと思います。
 結局,保険というのは,いざという時のためのものであり,普段は顔を出さないものです。そして,これまで時に問題が起こらなかったのだから,今後も大丈夫だろうという考えがあれば保険には加入しないということになるのでしょう。
 しかし,こうしていざという事態が起こってしまった時,結局逃げ切りを図ろうと考える傾向になってしまい,その結果が今回の事態のような気がします。
 私がいうまるか食品の危機管理の甘さというのはまさにこの点だと考えます。

 また,問題発覚当初弁護士や危機管理のプロに相談をしていれば,おそらく私と同様,調査が終了して事実関係が明らかになってから主張を出すようにいうと思うのですが,その点回収を免れるためか,積極策に打って出てしまったのが裏目に出たように思います,
 そういう意味でも,危機管理にもう少し気を遣っていればと思います。

 先ほども述べた通り,食品を扱う以上このような事態はありうるのだと思いますし,今後衛生管理を徹底してくれればまたペヤングを食べることもあるだろうと思っています。
 おそらく私のような人は多いと思いますし,それだけの看板を長期にわたって作り続けてきたまるか食品への信頼は厚いと思います。
 ただ,それだけにここでの対応は実に重く,そして残念だと思いました。
 今後は,もう一度かつてのブランド力を取り戻してくれるよう期待します。

 また思いついたら書きます。ではでは。

↓よろしければ押して頂けるとありがたいです。
弁護士 ブログランキングへ
三枝康裕 | よろずごと | comments(0)  | trackbacks(0) | 19:42

Comments

Post a Comment








Track back URL

http://bsr37.tblog.jp/trackback/324497

PAGE TOP