Powered 

by Tigers-net.com
 こんばんは。

 今日は,あるサイトに載っていた阪神の奪三振数の高さについてご紹介します。
 セリーグ他球団の奪三振数は一番多いところで読売の999なのですが,阪神だけは1119という異次元の数字を誇っているようです。
 この内訳の高順位のところを見てみると(以下敬称略)
能見  186
岩田  133
メッセ 122
スタン 116
藤川   80
久保   73
榎田   71
といったところでした。
 また,球団別の100奪三振をとった投手の数については,阪神が4,読売・広島さん・中日さんが3といった具合です。
 ここからだけ見ると,阪神の先発投手陣はなかなか粒ぞろいと思われます。

 ただ,このサイトで挙がっていたもう一方の数字「与四球数」も挙げてみたいと思います。
 これを見てみるに,セリーグ他球団はいずれも300台で抑えているところですが,阪神は413とやや多い傾向にあります。
 また,故意四球数についても,セリーグ他球団は少ないところでは10台,多くても20台なのですが,阪神だけは35と突出しています。
 これらを見ると,阪神投手陣の投球傾向は,多少無理をしてでも三振を狙いにいって,そのために四球が増えるというリードをしているのではないかと思えます。

 これらの挙げた数字の中には,「三振を狙いにいって打たれた数」というものが勘定に入っていないため,三振を狙いに行くリードの善し悪しは分かりかねます。
 つまり,上記の数字を単純に足し引きするだけならば,与四球数よりも奪三振数が上回っているので,一見この戦略は当たりに見えます。
 しかし,三振狙いの場合は投球を読まれやすくなるでしょうし,その分ヒットが出てしまう傾向になるのかもしれないと思うと,三振を狙いにいって打たれた数がわからない限りは善し悪しを判断できないということです。
 現に,あれだけ優秀なイメージのある能見さんの防御率等が,投手全体の番付で見るとそこまで高くないのは,それなりに打たれているからなのではないかと思います。

 ただ,狙って三振がとれる優秀なメンツをこれだけ揃えているということは間違いないので,今年は三振狙いの方向で行くのかどうなのか,いずれにしても楽しみということになるでしょう。

 また思いついたら書きます。ではでは。
三枝康裕 | 阪神タイガース | comments(0)  | trackbacks(0) | 19:14
 こんばんは。

 今日は今さらながら議事録未作成問題について考えてみたいと思います。

 議事録未作成問題とは,東日本大震災に関連して政府が組織した15会議体のうち10の会議で議事録を作成していなかったという問題です。
 議事録を作成しなかった理由としては,震災対応で手が回らなかったということでした。
 この理由が本当なのか,本当に議事録が作成されていないのかという点の真偽は置いといて,これによってどんな問題が生じるのかをいくつか考えてみます。
 まず,議事録を作成しなかったために,当時の対応の妥当性の検証ができず,問題のあった点について責任の所在がうやむやになることが挙げられます。
 次に,当時の問題として,他の関連機関との間の連携に関して,情報の共有を妨げることになります。つまり,議事録が存在することによって細部まで他者に情報の共有が可能になったところですが,これに蓋をしてしまい情報の流通を妨げることになったという点です。
 第3に,今後不幸にも今回のような震災等の問題が発生した場合,過去の対応を見ながら今後の対応を考えようということができなくなることが挙げられます。

 私にしてみれば,率直に議事録を作成しなかったということが信じられません。
 特に,議事録の意義の2番目,つまり情報の共有化の観点から議事録を作成しないことなどあり得るのだろうかと思ったのです。
 たとえば,政府は情報を統合して方針を決定するのが役目の一つですが,当然頭脳が全ての会議に出席するわけにもいかず,その内容を知るために「議事録の内容をまとめろ」という指示を出すのではないかと思うのです。そうすると,仮に当初の段階で作成されないにしても,政府がきちんと仕事をしていれば割と早い段階で議事録が作成されていないことに気づくと思うのです。
 ところが,この話が今になって出てくるのは,本当は議事録があるのか,それとも仕事をしていなかったのかのいずれかな気がしてなりません。能力の問題は別として,さすがに何も仕事をしていなかったということはないでしょうから,私は本当に議事録が存在しないのかと疑ってしまいます。
 ただし,仮に存在していたとしても,これを掘り起こすとっかかりが思い当たらない,極めて身勝手な想像なのですが。

 上原さんが,ツイッターで,「いつかは阪神を助けてください」というつぶやきに対して,「お誘いがあればね」という返答をしてきました。
 これは阪神ファンを公言する彼が阪神入りをするという期待を抱かざるを得ません。
 メジャーに行ってからまじまじと投球を見ていないのですが,あの球の回転,フォークが健在ならば是非とも阪神にほしい逸材です。
 特に,去年はコバヒロさんに懸けるものが大きかっただけに,上原さんのような中継ぎが加わると考えると夢は膨らむ一方です。
 誰かが言っていましたが,上原さんからはあふれんばかりの猛虎魂を感じますね。

 また思いついたら書きます。ではでは。
三枝康裕 | ニュース | comments(0)  | trackbacks(0) | 21:04
 こんばんは。

 ニュースを見ていたら,民主党手塚仁雄議員のネットオークション記事に関する本人の反論を見つけました。
 手塚議員のネットオークション記事とは,先日ある週刊誌に記載されていた,首相補佐官を担当する手塚議員が,自身の私物を議員会館などでネットオークションに出品しているというものでした。その出品に当たっては,政策秘書にも手伝ってもらい,かつ1日1品程度出品しているということでした。
 これに関して,手塚議員の反論は
・何が悪いんですか
・秘書にやらせちゃいけないの?
・倫理的に問題あると思う?
・どれだけ道義的に問題あるのか
などでした。

 この点について,法的に問題があるといわれれば,それはないでしょう。
 ただ,私はやはり手塚議員の言い分には若干の違和感を覚えます。

 たとえば,一般の会社員の方は,自分の職場でネットオークションの出品をするでしょうか。
 また,税金で雇われた政策秘書は,議員の私物をネットオークションで裁くお手伝いをすることも業務に含まれているのでしょうか。
 それらのことを考えると,今回の行為が適切か否かか問われれば適切ではないと言わざるを得ないのはないと思います。

 また,現在消費税増税問題など国民にさらなる負担を依頼するという難しい局面を迎えようとしています。
 国民の側としては,最終的に負担増を強いられるのはやむを得ないにしても,強いる側が十分に努力をしているのかという点について厳しい目で見ることは当然でしょう。
 にもかかわらず,首相補佐官という重責を担っている方が職場でこのような行動をしているとなれば,一般的に見れば「暇なのではないか」「仕事をしていないのではないか」と見るかもしれません。
 と見られてしまえば,
負担増に向けた十分な努力をしていない
       ↓
この政府が要望する負担増は認められない
という流れになって批判を浴びることは目に見えた話と思います。

 週刊誌の表現や叙述にはなかなか毒があり,その点の適切さについて問題を否定できません。
 しかし,オークションの件自体に関しては不適切と評価されかねないですし,この点については「襟を正す」という趣旨の回答をすべきだっただろうと思いました。

 ドラ1の伊藤隼太さんが,フリー打撃5割発進で,
虎のイチロー
和製マートン
と呼ばれ始めました。
 また,その打撃ぶりは
右にドドーン,左にスコーン。マートンばりの広角ドドスコ打法
と表現されていました。
 毎年この時期にはよく見られる記事なのですが,もう細かいことは一切考えず,赤子のように信じることにしました。
 これまでの記事を総合すると,金本先生は大変すばらしい仕上がりのようですし,桧山さんは当然開幕OKということらしいので,このままでいってしまうと優勝してしまう以外ありません。
 とりあえず,けがにだけは気をつけてもらいたいと思いました。

 また思いついたら書きます。ではでは。
三枝康裕 | ニュース | comments(0)  | trackbacks(0) | 20:21
 こんばんは。

 先日中国においてiPhoneの偽物ということでiPhone5どころかiPnoho6なるものが売られているようだという話をしましたが,今回のお話はさらに進んだことが書いてある記事を見つけたので,こちらのお話をご紹介します。
 今回の題名の通り,中国ではiPncne7という多分iPhoneの派生なのではないかというリンゴマークの付いているもののほか,iPhone8までが売られていたということでした。
 ただ,その記事に載っていたiPhone8は,タッチパネル式というかむしろ単なる電卓で,多分電卓にそのような名前を勝手に付けて売り出したという顛末なのではないかと思います。
 中国における情報格差の問題はよく分からないので,これに騙されて買った人がどれだけ存在しているのかは分かりません。商標に騙されて購入してiPhoneの地位が落ちてしまうおそれを考えればやはり問題だとは思いますが,それと同時にこれらのような「出来の悪い偽物」を堂々と作っているというニュースを見ると,ちょっと笑えてしまうところも否定できません。あれだけおしゃれな感じでプレゼンをしていたジョブズさんが,あの凹凸のありそうなカラフルな電卓を得意げな顔でプレゼンをしているとしたらと想像すると,少々笑えます。
 ただ,商標等の知的財産については近年笑えないような影響も拡大する一方ですし,せめてあからさまな偽物が堂々と横行するようなことがないようにはしてもらいたいものです。

 ある記事を見ていたら,ヒット1本値段ランキングというものがありました。これは打席に入った全選手の年俸合計÷チームの総ヒット数ということで計算するようです。
 詳しくは申し上げませんが,阪神は11位で187万5507円,読売は12位で232万7921円ということでした。また,1位は広島さんの78万7319円でした。
 こうしてみていると,阪神が年俸総額が最も高いといいつつも,読売よりヒットの値段が安いということは読売よりもきちんと仕事をしているということなのでしょうか。ただ,それでも読売よりも順位が下だというのは,打つべき時に打たなかったからか,それともここに反映されていない投手力のせいなのか,いずれかということなのでしょう。
 そして,広島さんの効率の良さには驚かされます。にもかかわらず,安定の5位(失礼すみませんm(_ _)m)ということを考えれば,やはりもともとの年俸が安いからということになるのでしょう。
 というか,ヒット1本の値段はこんなに高いんですね。私を含めてこれだけ稼ぐのにみんなどれくらい苦労をしているのだろうとしみじみ思いました。しかし,彼らは野球選手の寿命が終わったらその先の保証がありませんし,そこは一概にうらやましいとだけ言ってはいけないのでしょうね。

 また思いついたら書きます。ではでは。
三枝康裕 | ニュース | comments(0)  | trackbacks(0) | 19:12
 こんばんは。

 ニュースを見ていたら,メキシコである心臓移植手術が成功したというものがありました。
 そのニュースで目を引く点は,移植した心臓は搬送中に一度容器から出て路上に落下してしまったということです。
 体内に入れる臓器を,そんな路上に落下してしまった不衛生なものを利用して良いのかと思いましたが,変わりを用意することも極めて困難でしょうし,強行したのはやむを得ない判断だったと思います。
 成功したからいいものの,失敗していたら責任問題に発展していたはずですし,結論だけを見てよかったといってよいのか何とも言えません。
 飛び出してしまった映像を見る限りでは,搬送者が何かに躓いた拍子に容器に何かの力が加わって開いてしまったような感じでしたが,あんな簡単に開く容器を今後も使うかは考えなければならないかもしれません。
 ちなみに,大変不謹慎ながら,このニュースを見た際にいわゆる「3秒ルール」を思い出しました。
 また,ある書込を見ていたら「命拾い」と書いてあって,なかなかうまいことを言うと思いました。

 和田監督らコーチ陣が合気道の講義を受けたという記事を見ました。和田監督は「新たな発見と再確認ができた」と頷いたそうです。
 色々と突っ込みどころはあるのですが,しかし和田監督に立場になって「何か収穫はありましたか?」と聞かれたら,もっともらしい顔をしてこう答えるしかないのかなと思いました。
 これを記事にした勇気を賞賛すると共に,何となくこれで今年は阪神が優勝するのではないかと思いました。

 また思いついたら書きます。ではでは。
三枝康裕 | ニュース | comments(0)  | trackbacks(0) | 18:44
 こんばんは。

 今日のニュースを見ていたら,特許庁で開発中の新情報システムの開発を中断することとしたそうです。
 この情報システムは,特許の出願・登録等に当たって中国の情報を調べることが出来,国際化を進めるためのものだったようです。
 これまでこのシステム開発のために55億円を投じてきたとのことですが,開発の遅れの原因は設計の不備のようです。設計は東芝ソリューション,開発管理をアクセンチュアが担当していたとか。
 今後,この設計情報は特許庁の別システムに生かす方針とのことですが,この中断について本日枝野大臣が謝罪しました。

 ここまでを見る限りでは,どうやらこの原因は開発における設計の不備のようですし,そのような設計で進めることになった開発管理にも問題があったということでしょう。
 ここで出てきた55億円ですが,これは以前仕分けパフォーマンスで削ろうとしていた金額の中でもそれなりに高額の部類に属するもののように思えます。そうなると,これを単なる損失として見過ごすことはできないでしょう。
 また,ただでさえ民主党には風当たりが強いご時世ですから,これを見過ごしたとなれば東芝関係となにやら関係があるのではないかと疑われかねないところです。
 特に,東芝関係は福島第一原発にも関わっていますから,これを見過ごすとなれば色々とうがった見方が出てきて,最終的に民主党支持が落ちることも容易に予見できるでしょう。
 一応,この開発結果を別システムに生かす方針とのことですが,損害が出た部分については開発に携わった業者には契約責任をきっちりとってもらって,最終的にそれを説明してもらいたいものです。

 阪神育成枠のザラテ投手が,サイヤング賞投手サンタナさんのチェンジアップ,通称パラシュートチェンジを手本にしたチェンジアップを投げるという記事を見ました。
 何でも,ザラテ投手は,テレビでサンタナさんの投球を見て研究したのだとか。そう,これはサンタナさんからの直伝というわけではなく,テレビ越しの指導だそうです。
 色々と突っ込みどころはありますが,とりあえずこれを記事にした新聞社を賞賛しつつ,このチェンジアップの威力を見せてもらえる日を楽しみにしましょう。

 ちなみに,チェンジアップに異名がついているといえば,昔阪神にいてロッテに行ってしまった橋本投手の「通天閣チェンジアップ」でしょうか。また,異名ではありませんが,チェンジアップの一種として,わざわざパワプロ側に名称の変更を依頼したという噂の井川投手の「サークルチェンジ」も挙げられます。
 こういった類の話は,その実用性以外にも観戦した際のネタとして楽しませてくれるので,私は極端な名前負けのない限りは出てきたらいいなと思いました。

 また思いついたら書きます。ではでは。
三枝康裕 | ニュース | comments(0)  | trackbacks(0) | 17:44
 こんばんは。

 昨日の夜から関東地方では雪に見舞われましたが,いかがでしたでしょうか。
 私は大学が仙台で,当時は寒さ耐性はあると自負していたものの,最近は雪国は人が住んではいけないのではないかと思うくらい寒さに弱くなってしまったため,何というか悲しい思いをしました。

 さて,そんな雪のニュースの中で,東京スカイツリーから直径約30センチの雪の塊が周辺100メートルくらいのところで断続的に落下するというニュースがありました。警備員さん達が周囲に警戒を促しているそうです。
 スカイツリー建設当時,融雪装置がついているから雪が降っても安心だという説明をされていたのをどこかで聞いたことがあったのですが,どうやら大きな塊対策として有効だったようで,このくらいの塊は普通に落ちるみたいですね。
 足元は滑るわ,上からは塊が降ってくるわで,アクションゲームとしては構想が浮かびやすいシチュエーションかもしれませんが,アクションする方はたまりません。
 幸い今のところ誰もけが人が出ていないようですから,今後もそうなるように願いたいところですが,これでけが人が出たり周辺建物の屋根に穴が空いたら大惨事です。
 融雪装置を作ったくらいですから,このような事態は想定済みだったでしょうし,それだけに今回の件は残念です。

 あるスポーツ紙では,ドラ1の伊藤隼太さんが2万6250円のマイ枕をオーダーメイドして,疲れがよくとれそうだという記事を載せていました。
 さすがの人気球団は,枕を作るだけでも収まらないものだと,嬉しいやら何とやらという気がしました。
 しかし,これで疲れがとれるだろうということでキャンプで酷使しないでもらいたいものです。
 私の勝手なイメージでは,彼は高橋由伸さんに近い感じなので,それだけにけがが怖いなと勝手に思っています。
 伊藤さんには枕の効用を過信しないでもらいたいなと思います(過信はしないでしょうが。)。

 また思いついたら書きます。ではでは。
三枝康裕 | ニュース | comments(0)  | trackbacks(0) | 19:17
 こんにちは。

 今日は久しぶりに予定がない日だったので,朝寝坊して今くらいの時間に書いています。

 さて,色々と記事を見ていたら,中国でiphone5に先駆けてipnoho6なるものが売られているというものを発見しました。
 去年10月にiphone5が発売かという騒動がありましたが(結局はiphone4sでした。),その際にはアップル社から正式な発表がある前に中国国内でiphone5の偽物が売られているという不思議な事態が起こっていました。今度はiphone5がまだ出回っていない中でipnoho6なるものが売られているというのですから,中国は常に未来に生きているなと思いまして,その商売根性たるや大したものだと感心します。
 売っている人にしてみれば「これはあくまでイプノホ6であり,アップル社のものとは別物だ」などというのではないかと思いますし,形も類似しているものの一目で区別できる感じのものですが,やはり問題を感じざるを得ません。
 しかし,多少の情報があればあからさまな偽物とすぐ分かるものですが,このようなものを作るのはお金がかかるのではないのかなと偽物業者に少し心配をしてしまいます。特に,最近中国ではiphone4sの発売騒動があったばかりですし。

 ちなみに,先日中国でiphone4sが売り出された際,ものすごい行列ができていて大変話題になっていましたが,あの行列の人の9割以上が転売業者であるという報道が出ていました。
 確かに,これがSIMフリーならば,日本に持ち込んでもそれなりの高値で売れるでしょうし,その意味では転売業者が頑張ろうと思うのも何となく意図は分かります。また,日本でもこのような行列を転売業者が作っているをまま見ますので,これを中国特有の問題と考えるのはよくないのかもしれません。
 これはある意味共産主義の中国に資本主義の断片が浸透しつつあるという象徴とも考えられますが,このような形で出てくることには少々寂しさを感じてしまいます。

 また思いついたら書きます。ではでは。
三枝康裕 | ニュース | comments(0)  | trackbacks(0) | 12:47
 こんばんは。

 昨日,東電の社長が一般家庭の電気代の値上げについて言及しました。
 その際,東電の西沢社長は,「料金の申請というのは,われわれ事業者としての義務というか,権利ですので」と話をしたということでした。

 この発言に対する率直な反感は一度横に置いた上で,一つ考えてみたいと思います。
 契約の本質に遡れば,供給側である東電から電気料金の値上げを要望して,受け手である利用者がこれに合意をして値上げした内容の契約が成立することになります。
 この点で社長の発言を振り返ってみると,確かに供給側である東電から料金に関する要望を言うことは契約の一方当事者の権利ということで,言っていること自体はそんなに間違いないと思います。
 しかし,関東地方周辺において電気を供給するのは東電のみなので,東電が「こうしたい」といえば,電気を使って生活していこうと考えるのであれば受け入れざるを得ないと言うことになります。
 その意味では,独占業者という性質を考えれば,値上げについてもう少し慎重な態度を示すべきなのではないかというようにも思います。なぜならば,今回の東電の態度のように,値上げに対して利用者側の納得など不要という態度を出せるようになってしまうからです。

 では,なぜ値上げの話になるのでしょうか。
 一つには,原発が使えない分,火力にウエートを置くことになり,その分火力の燃料代の増加が見込まれるということなのでしょう。
 また,原発災害の賠償金を捻出するためということも考えられます。
 そのほか,私が思うに,東電が節電を迫ったために収入自体が減少したこともあるのではないかと思いました。
 昨年は,電力が不足するなどとして,電気予報なるもの(後日,ここで示されたパーセントが全てではないということを言っている,大変疑わしい代物です。)を出したり,本当に必要だったか疑問の余地のある計画停電を実施したり,夏は計算上十分な電力がまかなえるにもかかわらず節電を強いて来たりしたわけですが,まさか電力消費量が減少したために収入が減少したツケを電気料値上げの理由にしようとしているのではないかと疑っております。
 以前ここで触れたことがあると思いますが,東電が無意味に節電のピーアールをしていたのは,国民に電気の貴重さを思い知らせ,ひいては東電の存在の大事さを感じさせる意図があったのではないかと勘ぐっております。もし,そのような意図での節電騒動からの収入減で,その分電気料金の値上げ分に反映されたのであれば,何と言って良いのか分からなくなります。

 賠償額の大きさを考えれば,結論から言えば多少の値上げは受け入れざるを得ないと思います。
 また,今まで原発の恩恵を受けて電気料金が低く抑えられていたという側面があるのであれば,その意味からも値上げはやむなしと考えざるを得ないでしょう。
 しかし,値上げに関して利用者の納得が要らないとしても,福利厚生や社員のさらなる給料カットをしてからなどやりようがあるのではないかと思ってやみません。
 東電に統制力を加えられるのは,東電を何とか生かしてあげている国だけです。
 国の役割には大いに期待したいところではありますが,あまりダイナミックな動きは警戒せねばならないかもしれません。
 民主党は今のままでは選挙に大敗するおそれがあり,最近突然議員定数の大幅削減に取り組み始めるなど,票集めのために何でもしそうな雰囲気を醸しだしております。その延長線上に東電を締め上げて票を伸ばそうという発想が出てくるとすれば,安定した電力供給という本来の最大の目的を損なうことにもなりかねないので,その辺は注意していきたいと思います。

 また思いついたら書きます。ではでは。
三枝康裕 | ニュース | comments(0)  | trackbacks(0) | 19:14
2012.01.20 Friday
 こんばんは。

 今日は珍しい話を2つご紹介します。

 まず,先日イギリスで,のどの癌が咳で排出されて治ってしまったという話です。
 突然のどにかゆみを感じて咳が止まらなくなったと思ったら,咳の際に口から変なものが出てきたということで,これが治癒率50%の悪性喉頭癌の癌組織だったそうです。
 咳で体から癌がすっきり消えていたという大変幸せな事例ですが,咳で癌組織が出てきたのは世界で30件ほどだそうです。これが多いか少ないかは人によって考えは違うのでしょうが,私は率直にそんなにあるんだなあと思いました。
 この話は私と全く関係のない方のお話なのですが,なぜかとても嬉しい気分になりました。

 次に,19日抽選のロト6ですが,1等が13口で1609万5600円,2等が7口で2690万2500円ということで,2等の方が1等より高いという不思議な事態となりました。
 この原因は,1等よりも2等の方が当選者が多かったので,1人当たりの配当金の配分が2等の方の方が多くなってしまったのです。
 全部の数字が当たったのに2等の方が1000万円以上高いというのは何とも腑に落ちないところですが,くじは運の問題である以上運が悪かったと考えざるを得ないのでしょうね。私は当選者ではないためこのような言い方をしておりますが,当選者だったらいろんな人たちに不満を言って回るんだろうなと思います。
 ちなみに,このような話は625回の抽選の中で3回目ということです。

 今日のあるスポーツ紙の報道では,金本先生がほぼ全盛期程度に回復したという,事実であれば大変喜ばしいものがありました。
 しかし,こんな嬉しいニュースなのに,私はなぜ信用できないのでしょうか?
 この報道では主に筋力関係について触れていたのですが,肝心要の肩の調子については多分別問題なのでしょうし,それが何とも言えないのであればやはり全盛期を引き合いに出すのは少々気が引けます,
 ですが,こういうのは疑わない方が楽しいはずなので,余計な不安には全部目をつぶっていいところだけをつまみ食おうと思います。
 
 また思いついたら書きます。ではでは。
三枝康裕 | ニュース | comments(0)  | trackbacks(0) | 20:45
 こんばんは。

 色々と記事を見ていたら,我等がブラゼルさんがニューヨークに行ってまで吉野家で牛丼を食べたというのを見かけました。
 その感想は
・日本の牛丼と同じではない
・店員は日本語を話さない
というものでした。
 ブラゼルさんはどれだけ牛丼が好きなのかと突っ込みたくなるところではありますが,それと同時に彼には長く阪神で活躍してほしいと思いました。

 ちなみに,彼の写真から,牛丼が5.77ドルとわかりましたが,このブログを書いている際の円相場が76.89円ですから,1杯約443円ということになります。現在日本では並盛り380円ですから,若干高めですね。
 ただ,ブラゼルさんの舌によれば,味が違うようですから,向こうでは使っている材料等もアメリカナイズされているかもしれません。また,物流コストや人件費等も違っているでしょうから,単純比較で高いかどうかを決めるのは早計なのかなとも思います。

 今日発売のジャンプのハンターハンターを読みましたが,大変面白くなってきた気がします。
 ここではネタバレは避けますが,蟻編を若干からませてきたこと,大部分の登場人物が拘束される中で限られた動ける人物がいずれも魅力的な面々であることなど,さすが冨樫先生とセンスを感じます。
 冨樫先生自身も仰っておられるとおり,連続連載の新記録を本号を打ち立てまして,その反面いつ休載が来るのか不安になります。以前は「これから突入」というところでお預けを食らってしまって随分フラストレーションがたまっただけに,今度もいつ休載が来るのか,おっかなびっくりしながら期待をし続けているという状況です。
 私も法律家の端くれとして,ハンター10ヶ条の解釈について色々と検討してみて,来たる冨樫先生との答え合わせの日を迎えたいと思います。

 また思いついたら書きます。ではでは。
三枝康裕 | 阪神タイガース | comments(0)  | trackbacks(0) | 18:54
 こんばんは。

 今日までセンター試験でしたが,受験された方々におかれましてはお疲れ様でした。
 かの悪名高きPatは英語で出なかったようですが,リスニングが難しかったということですし,大変だったと思います。
 これから一月半くらいが受験の本番ですから,長期戦になりますが体調を崩さずに頑張ってもらいたいと思います。

 さて,今日取り上げたい話は,北朝鮮の哀悼期間での集会などに参加しなかったり,参加しても周りの顔色を窺いはするものの泣かなかったりした方々について,最低6ヶ月労働鍛錬隊処罰が下されているというものです。
 また,哀悼期間中に脱北や密輸を目的に川を渡ろうとしたり,外部と連絡して摘発された住民達に対する公開裁判も進行中とのことでした。
 かの国の内情は,このような漏れ伝え聞く話ばかりしかニュースソースがなく,これも真実か否かの検証のしようもないのですが,先日の皆が涙を流す画像を思い出すと何となく信憑性があるような気がします。
 また,金正日氏の弔問に約2億6000万人が弔意を示したということが朝鮮中央テレビで伝えられましたが,北朝鮮の人口は約2400万人と言われております。とすると,共同通信曰く,事実とすれば国民一人当たり10回は弔問に出かけたということになりますが,この真偽は別にしても弔問に大量に駆り出されたということは間違いなさそうです。そうすると,ここから,行かないと処罰されるという雰囲気を何となく感じることもできます。
 現在金正恩氏の偉大性学習がかなり進んでいるという話ですし,かの国はこれまでと同様の体制で国を維持しようと躍起なのかもしれませんが,近年の軍部の活動状況などを聞く限りではそれも危うく見えます。
 逆に,そうであればこそ締め付けを強くしなければならないのかもしれないのでしょうが,今回のような話が出てくるとより体制が危うくなっているのではという様に感じます。

 和田監督が,ドラ1の伊藤さんを2番外野でというプランを披露していました。
 私は伊藤さんは2番向きの選手ではないと思いますが,まずはスタメンで使ってほしいので,使ってくれるのであれば2番でもいいかというようにも思っています。
 外野は柴田さんや俊介さんなどと争うことになるでしょうが,外野争いは一昔前のショート争い,すなわち田中秀太さん,沖原さん,藤本さんらの争いを想起させます。かつてのショート争いでは,最終的に鳥谷さんが入って終わりを迎えましたが,伊藤さんがその鳥谷さんのような感じで入ってくれると少し嬉しいかもしれません。反面,柴田さん達の活躍も期待しているので,複雑ではありますが。

 また思いついたら書きます。ではでは。
三枝康裕 | ニュース | comments(0)  | trackbacks(0) | 20:18
 こんばんは。

 今日はセンター試験を受験された皆様におかれましてはお疲れ様でした。
 私もセンター試験組なので,その苦労のほどはよく分かりますが,まだあと1日残っているので,是非とも頑張ってもらいたいものです。
 定期試験と違って今さら詰め込んでも仕方ないですから,明日に備えてゆっくり休んで備えていただきたいと思います。

 さて,そんな話題のセンター試験ですが,色々とサイトを見ていたところ,ツイッターで「隣の人の答案を写した」というカンニングをした旨のつぶやきをされていたのを発見しました。
 以前から,ツイッターで犯罪やいじめの告白などをして炎上するものが散見されますが,このような「武勇伝」は真実か否かを問わず誰かに言いたくなるのかもしれません。今回のつぶやきも真実か否かはわかりませんが,やはりそのような類の話なのだろうと思います。
 しかし,これをすることにより生じるリスクとその武勇伝を打ち明けることによって得られる自己満足が釣り合わないことは明らかでしょう。
 特に,皆様ご存じの通り,大学受験のカンニングは世間の関心事です。そのような世相で,世界中に公表されるインターネットでそのようなことをすれば,場合によっては大学入試センター側で調査が入って受験資格取り消しなどの重大な処分を科せられることもあるでしょうから,私にしてみればそれまでの努力も全てフイにする愚かな行為に見えてしまいます。
 自分自身の自戒の意味も込めてですが,こういった書き込みは気軽にできるものの,その気軽さの反面十分に注意を払わねばならないと改めて思いました。

 今年も城島さんが佐世保市で大漁だったという記事を見ました。
 写真を拝見した限りではまさに漁師そのものでしたが,その身にまとうジャージにはおなじみのTHマークがプリントされており,あの方だと確認できて安堵しました。
 これを契機に今年こそはいい働きを期待したいものです。

 また思いついたら書きます。ではでは。
三枝康裕 | ニュース | comments(0)  | trackbacks(0) | 22:07
 こんばんは。

 今日のニュースを見ていたら,城島さんが一塁でも外野でも守るという見出しの記事を見つけました。
 確か城島さんは膝が悪かったはずなので,一塁はまだしも外野も守るって本気なのだろうかと思ってその記事を読んでみると,どうも城島さんが外野を守ると言う発言をした形跡が見あたりませんでした。具体的には,城島さんの発言は「監督がやれと言われるところでやる」というもので,城島さん自身が外野をやるということには触れていませんでした。
 それで,この新聞以外の新聞を見てみたら,どの見出しも「城島,一塁もやる」と言うところまでの言及に止まっており,外野までやるというサービス精神旺盛な記事はこの1紙のみでした。ちなみに,一塁守備については和田監督があり得ると明言しております。
 多分この1紙は,城島さんが外野ノックをしていたことがあることも踏まえて「監督が言うところでやるならば,監督が『外野』と言ったら外野でも守るのだろう」という推測を交えて記事にしたのかなと思いました。

 ちなみに,もし城島さん外野となると,金本先生,マートンさん,城島さんという恐るべき布陣になってしまいます。
 3氏には大変申し訳ないと思うものの,これでは投手やショフトさんが気の毒すぎます。
 打撃面が野球の華だと言うことは否定しませんが,それ以外のところにも目を向けてほしいなと思います。

 ソフトバンクさんが杉内さんのFAの補償について金銭補償を希望したようです。
 読売には悪いですが,私がソフトバンクさんでも金銭補償を選択するでしょう。去年の読売は,お金を使うことをやむを得ないと思えるほどでしたし。
 読売は2億8000万円を支払う見込みということですが,お金持ちですから問題ないでしょうね。

 また思いついたら書きます。ではでは。
 
三枝康裕 | 阪神タイガース | comments(1)  | trackbacks(0) | 18:36
 こんばんは。

 今日のニュースを見ていたら,ハーレー乗りの50歳男性が,オービスに写り速度超過で逮捕されるという事件がありました。
 何でも,この男性,バイクのナンバープレートが後ろについているので,オービスにはナンバープレートが写らないと思って,Vサインをしてオービスに19回も写ったのだとか。
 危険な運転は厳に控えて頂きたいところですが,ここであるようにオービスはバックのプレートも写します。10年くらい前は対応していなかったというような話を聞いたこともありますが,最近はもう対応をしていると聞いています。
 よって,後ろだから写らないという短絡的な考えはやめた方が良いと思います。
 ちなみに,ニュースによれば,この方は19回も写っているだけあって,警察がオービス付近に張り込むというところまでいっていたようです。つまり,警察を本気で敵に回してしまったわけで,悪ふざけですまなくなってしまいました。
 先日の成人式での騒動もそうですが,悪ふざけが過ぎると痛い目を見てしまうことになりかねないものだなと思いました。

 また,今日のニュースでは,広島刑務所から受刑者が脱走するというものもありました。
 刑務所の警備の問題など色々と思うところはありますが,その中でも一つ取り上げたいことは,刑務所側が警察に連絡した方法が110番だったということです。
 刑務所と警察は行政上は別の組織ですし,関連も薄いのかもしれませんが,それにしても110番というのは関係が薄すぎやしないかと思います。
 これを見ると,福島第一原発で建屋から煙が出ていた際に原発職員が119番したという話を思い出します。
 警察や消防がこんな特殊な案件で一般人と同じ回線で連絡をもらうというのは何とかならないものなのかと思いました。

 杉内さんが虎刈りを宣言したという記事がありましたが,全く読売は適度に阪神ファンに燃料を投下してくれるものです。
 確かに,以前に日本シリーズといい杉内さんにはいいイメージがありませんが,是非とも甲子園がトラウマになるくらいまで撃ち込んでもらいたいものです。

 また思いついたら書きます。ではでは。
三枝康裕 | ニュース | comments(0)  | trackbacks(0) | 19:04
 こんばんは。

 西武が,FA帆足さんの移籍に伴う補償について,人的補償ではなく金銭補償をもらう方針になったという記事を見ました。
 今回人的補償がなされる場合,ソフトバンクのプロテクトから外れたという噂の松中さんが西武に移籍するのかということが話題になっていましたが,結局そのようなことはなさそうです。
 私としては,西武にしてみれば妥当な判断なのかなという気がしました。
 なぜなら,本日あわせてニュースにあったように,先日ポスティングで移籍しなかった中島さんが現状維持の推定2億8000万円で契約更改したというニュースもありましたし,収入どころか予定外の出費がそれなりに出てしまったからです。また,中島さんが入ることによって打撃面はそれなりにカバーされますし,かつての3冠王とはいえ最近は故障の種を抱えている松中さんを多額の費用をかけて獲得するよりも金銭を選択するのはある意味致し方ないというようにも考えられるからです。
 松中さんのような有名人が移籍するとなればそれなりに話題性はあるでしょうから,その意味では残念というほかないと思います。しかし,上記の通り,冷静に捉えれば妥当という気がしますから,決してつまらないとは思わずにこのことを捉えたいと思います。

 金本先生が火力2倍の炎に耐える護摩行を行ったそうです。何でも昨年行わなかった分,2年分を行ったんだとか。
 法主は「タイトルが何か取れるんじゃないかと思っている」と太鼓判を押してくれたようなので,私は純粋にその効用を信じることにします。
 そう,今年の活躍は疑うべくもないはずです。今年こそ外野からの中継への送球はチェンジアップからストレートに変わるはずだと信じてやみません。
 とりあえず,無理をせずに万全の状態で開幕を迎えてもらいたいと思いました。

 また思いついたら書きます。ではでは。
三枝康裕 | スポーツ関連 | comments(0)  | trackbacks(0) | 22:15
 こんばんは。

 今日は成人式でしたが,新成人の皆様おめでとうございます。
 高齢化などで若い世代には目に見えない様々な負担が課せられることになるでしょうが,そのような負担をものともしない楽しい人生を送ってもらいたいと思います。

 さて,今日も毎年の恒例行事のように荒れた成人式が問題となっております。
 彼らにとっては地元のメンツと久々に顔を揃える最後の舞台ですから気合いも入るのでしょうが,他人に迷惑をかける行為はやめていただきたいと思います。

 そんな中で,富士市の成人式では,飲酒している方2人の式場への入場を拒否したというニュースがありました。
 お祭り気分であったでしょうし,生涯1度の機会ですから少々酷な処分な気もしますが,全体的に見れば相当な処分だったと思います。
 というのは,多分招待状にも「飲酒の方お断り」と載っていたでしょうし,そもそも「大人」が「式典」に出席するのに飲酒するのは常識に外れていると評価されても仕方ないからです。
 出席できなかった方は「騒ぐかどうかと飲酒は関係ない。自覚の問題。」と話しているようですが,上記の点を考慮すれば残念ながらその自覚が欠けていたということなのでしょう。
 成人式問題は,沖縄から釧路まで発生したということで日本中の問題でしょうし,今後飲酒者お断りという式場が増えるのではないかと思いますが,来年はあまり問題が発生しないことを願うばかりです。

 桧山さんについて,「わずか45日で驚異の回復」という記事がスポーツ新聞に出ていました。
 前も話しましたが,とてもよいニュースのはずなのに,なぜこんなに不安になるのか分かりません。
 桧山さんもキャンプに帯同するとのことですが,本当に無理はしないでもらいたいと思います。

 また思いついたら書きます。ではでは。
三枝康裕 | ニュース | comments(0)  | trackbacks(0) | 18:34
 こんばんは。

 ニュースを見ていたら,ポーランドで学生が国立美術館に自作をこっそり展示したという事件がありました。
 何でも自分の作品を並べてもらうまで3,40年も待てないという動機のようです。
 学生は,警備の隙を突いてこっそり展示したものの,3日間誰も気づかなかったそうです。
 これに,美術館の責任者は,ウィットに富んだ芸術的なハプニングと評して,館内の喫茶店に飾ることにしたんだとか。

 これを見てまず思ったことは,警備の甘さでしょうか。
 先日,ベルギーの美術館から盗まれた絵画オリンピアが戻されたというニュースを見ましたが,この絵画の価値は3億円ということでした。
 今回の美術館も国立美術館ですから,それなりに価値が高いものがたくさん展示されているでしょう。今回は害意のない件だったからよかったものの,少々警備の甘さを感じました。

 また,3日も誰も気づかなかったというのは,やはり芸術は一般人には敷居が高いのでしょうか。
 私は時々上野の美術館を巡ったりしますが,残念ながら現代芸術は私レベルのセンスでは何度見ても理解できません。
 今回飾られたものを確認しましたが,案の定私レベルでは善し悪しは理解できませんでした。
 一般的にどのように解釈されるかはよく分かりませんが,この絵画が3日も気づかれなかったという話を聞いて少々安堵しました。

 もう1点,法的に見て何某かの問題に当たるかということですが,日本の刑事法的にいえば,絵画を鑑賞する目的ではなく自分の絵画を飾る目的で施設に入ったのであれば建造物侵入罪に当たる可能性がなくはないかもしれません。
 絵を飾る行為そのものは犯罪に当たるということはないように思えますが,飾る際に壁に傷を付けたら建造物損壊罪などに当たるかもしれません。他の絵画を傷つけるようなことがあれば,器物損壊罪となるでしょう。
 また,民事法的に見れば,どのような絵を飾るかは施設管理者の判断にゆだねられるので,所有者に対する撤去請求をできることになるのでしょう。加えて,絵画は保管が大変ですが,所有者が引き取りに来るまでの保管料も請求できると思います。
 今回の件では管理者はずいぶん粋な対応をしています。しかし,このような対応はすばらしくも見えますが,第2第3の同様事例に対してどう望むかを考えておかないと,次に同じことをした人が出た場合に困ることになるのかなと思いました。手っ取り早く名前を売る方法と世間にとられても困りますし。

 私の残念な感性では芸術を理解できていない部分が多いですが,芸術家というのは規制に縛られず少し傾いているくらいの発想の持ち主の方がよいのかもしれないとも思うので,法に触れたり他人に迷惑をかけない限度で頑張ってほしいと思いました。

 ポスティングの中島さんが,ヤンキースと破談になって西武と契約更改する予定のようです。
 ヤンキースはもともと遊撃手,三塁手に凄い方々が揃っているので,獲得するとしても控え予定でしょうし,低評価だったのはやむを得なかったのかもしれません。
 とはいえ,中島さんとしても,西武ナインに胴上げをされ,ユニフォームに寄せ書きまでされたのに西武に戻るのもバツが悪いでしょう。
 また,西武は中島さん抜きでの来期の布陣を進めていたでしょうし,特に3番候補に抜擢された栗山さんは複雑な心境だと思います。
 ですが,遅い段階まで所属が決まらなければその分来期の計画もずれ込むでしょうし,まだキャンプが始まる前で中島さんの所属の見通しが付いてよかったと思います。
 ちなみに,ある記事では,中島さんは自由契約になるという俄に信じがたいものも見受けられました。もしそうなった場合,阪神に来たらどうなるかと想像したものの,遊撃手鳥谷さんを外すわけにはいかないですし,三塁手新井さんと骨肉の争いを演じることになっても勿体ないですから,やはり獲らない方がよいのではないかと思いました。完全な取り越し苦労になりそうですが。

 また思いついたら書きます。ではでは。
三枝康裕 | ニュース | comments(0)  | trackbacks(0) | 20:56
 こんばんは。

 ニュースを見ていたら,観光庁が企画した,外国人に無料航空券を渡して日本を旅行してもらい日本を世界に発信しようという案に関する予算要求11億円を財務省が却下したという記事を見ました。
 観光庁の見解としては,経済効果13.1億円,経済波及効果31億円とのことですが,財務省の見解は「本当に外国人客が増えるか疑問」「予算のばらまきになる」ということのようです。

 まず,原発事故を受けて外国人観光客が激減しているという現状を何とかしたいという観光庁の考えはよく理解できると思います。
 ただ,国の財政が困窮している最中,不透明な案にのっかってお金を吐き出すのをよしとしないという財務省の考えもまさにその通りだと思います。
 私としては,無料航空券というやり方には大いに疑問を持つものの,観光庁及び財務省の両者の発想を否定する気はありません。
 しかし,問題があるとすれば,そもそもこのような政策を通すか否か,予算の配分をどうするか否かの判断は,役人ではなく政治家の判断する領域なのではないかということです。
 無論,事実上の政策決定等について役人が大きな役割を担っていることは否定できませんし,むしろその役割を負ってもらわないと身動き一つ取れないでしょう。
 しかし,本来の筋道としては,まず役人レベルでの発案後,政治家に打診して,政治家の側でこの政策を実現するか否かを検討するというものでしょう。
 それにもかかわらず,今回の件については,あくまでニュースを見る限りはですが,役人レベルでの折衝で断念して終了という結末を迎えたように見えました。こうなると,政治家は,争点になるような重要課題以外では,役人の決めたことを国会に乗せるだけの役目しか負っていないように見えてしまいました。
 重要課題山積な中で酷な話なのかもしれませんが,観光庁と同様に観光へのてこ入れを政治家の方々がお考えであれば,一頑張りを期待したいところです。ただし,無料航空券のまま頑張るのであれば,できればご遠慮いただきたいと思いますが。

 また思いついたら書きます。ではでは。
三枝康裕 | ニュース | comments(0)  | trackbacks(0) | 20:12
 こんばんは。

 今日のニュースを見ていたら,先日出頭したオウムの平田さんの逮捕当時の顔写真が公開されていたのを見ました。
 これと手配写真を比較したら,確かに顔は一緒なのですが,髪型と眉毛,ひげが異なっており,一見して同一人物と見分けがたい感じでした。
 特に,警察作成の現在のイメージ図はあまり似ていない感じでした。

 だからといって,このようなイメージ図を否定するつもりはないし,先日警察が平田さんとわからずにスルーした件を肯定するつもりもないのですが,私が今回思ったことは以前ギャラリーフェイクという漫画でいわれていた「手配書の人相書きは曖昧な顔の方が良い」という話でした。
 確かあの話では,人相書きを細かく書いてしまうと実際のものと齟齬が生じた際に同一性を確認できなくなるので,特徴を大まかに捉えた曖昧な絵の方が良いというものだったと思います。
 この知識について何ら自分で検証していないので,正しいかどうかは分かりません。
 しかし,今回のイメージ図を見る限りでは,何となくそんなものなのかなと思いました。
 とはいえ,警察としても,現物の写真が既に出回っている以上,イメージ図を作るに当たってその写真をないがしろにするわけにはいかず,ここだけ曖昧な絵にしたら世間から「似てない」という批判を受けるのは必至でしょう。
 このような場合はどうしたらよいのか私なりに結論は出ていませんので,もう少し色々と自分なりに考えてみたいと思います。

 ちなみに,ギャラリーフェイク,なかなか面白い漫画です。
 今2ちゃんで流行のステマのつもりはありませんが,お暇があれば是非読んでみてください。

 金本先生が,今シーズンを最後のチャンスと位置づけたそうです。
 先日よりここで話題に出しているとおり,私は金本先生を敬愛しており,そんな彼がいなくなってしまうとすれば私の球場に行く楽しみの一つである金本先生の応援歌を歌うのが今年最後になってしまいます。
 来年も活躍できるように今年のこんな時期から願ってやまないわけですが,今年は例年よりも球場に駆けつけたいと思いました。

 また思いついたら書きます。ではでは。
三枝康裕 | ニュース | comments(0)  | trackbacks(0) | 18:52
 こんばんは。

 今日は初売りなどに出かけましたが,人が多くて驚きました。
 景気が悪いといわれた昨今ですが,このように活発な消費活動が見られると少々安堵します。

 さて,今回取り上げるニュースは,先日に引き続いてオウム平田氏の件です。
 ただ,被疑事実の内容に触れるわけではなく,警察の対応についてです。
 平田氏は,当初警視庁本部に出頭し,庁舎前で警備に当たっていた機動隊員に対して名乗り出たものの,近くに丸の内署や交番があるからそちらに行くようにと言われたとのことでした。そして,平田氏はその勧めを聞いて,650メートル離れた丸の内署に出頭したということでした。

 この件では平田氏がそのまま丸の内署に行ってくれたからいいものの,もしこのまま逃亡を続けてしまったらと思いました。
 今回このように所轄署への出頭を勧めた理由はよくわかりませんが,あくまで私の想像としては
〇件の逮捕等の実務は所轄署の仕事であり,本庁とは分業されていた
逮捕した署が捜査の主担当をすることになる
などのものが考えられました。
 しかし,いずれにしてもそのまま身柄を放置してしまったことの理由にはなりづらいのではないかと思います。

 仮に,里茲Δ癖業が理由であるならば,いざ本庁に出頭ということがあった場合には本庁側で所轄署に身柄を送ってあげるなどの対応を事前に考えておく必要があると思います。
 今回の件は幸いにも最悪の事態に発展しなかったわけですし,これを一つの材料として今後のために何らかの対応を検討してもらいたいものです。

 また思いついたら書きます。ではでは。
三枝康裕 | ニュース | comments(1)  | trackbacks(0) | 19:52
2012.01.01 Sunday
 あけましておめでとうございます。
 本年もまた思いついた話を書いていきたいと思いますので,よろしくお願いします。

 1年の初めくらい楽しい話を書いた方がよいと思っていましたが,今朝方に大きなニュースがあったので,その話を書こうと思います。
 そのニュースは皆様ご存じのオウム残党平田氏の出頭の件です。
 ニュースによれば,平田氏は容疑の一部を否認しているということでした。

 このニュースには,麻原氏の死刑執行の延期を狙ったものだという見解がありますが,私も初めて見た時にそのように感じました。
 平田氏の出頭と麻原氏の死刑執行の延期にどのような関係があるかというと,平田氏の裁判に麻原氏を使う可能性があるからです。
 すなわち,先日ニュースで出ていたとおり,昨年は死刑執行が1件もなかったということで批判がなされているところですが,その批判を回避するために知名度の極めて高い麻原氏の死刑執行を年初にでも行うのではという話が一部では出ていました。
 また,オウム関連の事件に関する裁判は全て終了したため,暫定的に麻原氏が裁判の証人として話を聞かねばならない可能性もなくなり,死刑執行をできる条件は整ったわけです。
 ところが,平田氏が今回逮捕され,さらにニュースによれば一部否認しているわけですから,その否認部分について裁判所が事実認定をするために麻原氏を証人として話を聞かねばならない可能性が生じました。
 そうなると,死刑執行後に話を聞けばよかったという状況を回避するため,麻原氏については死刑執行が延期されるのではという流れです。

 もしこれがそのような戦略の下になされたのであるとすれば,大変問題のある話だと思います。
 事件のあった当時に比べれば裁判は迅速化されており,また20年かかるということはないまでも,少なくとも裁判を徹底的に争えば年単位で時間が稼げると思います。
 そして,平田氏を除けばまだ逮捕されていないメンバーは2人いますから,平田氏の裁判が終わったら次は1人ずつ小出しに出てきてさらに時間を稼ぐということも考えられるでしょう。
 裁判が終わったとしても死刑がなされるか否かは歴代法相の態度を見る限り何とも言えませんが,少なくともこれ以上このような時間稼ぎをさせないためには残り2人を早急に裁判にかける必要があるでしょう。そのためには,平田氏から逃亡生活について事細かに聴取し,残り2人の痕跡をたどって逃がさないようにすべきでしょう。
 また,平田氏の裁判を迅速に終了させるように司法関係における努力がなされることも重要だと思います。

 能見さんが,今年3月25日のマリナーズとのオープン戦で,イチローさんとの対戦を熱望しているという記事を見ました。
 私も当然マリナーズ・アスレチックスとの「天下一武闘会」を見に行くことになるでしょうし,今から血湧き肉躍ります。
 ただ,昨年の反省の一つとして,連戦で応援に行った際には2日目は声がかすれ手が震えたという明らかな運動不足を露呈するという恥ずかしい症状を呈してしまいました。
 今年はそのようなことがないよう,阪神ナインとあわせて応援のためのキャンプを組まねばならないと思案しております。
 とにかく,阪神ナインの活躍を今から楽しみにしていくことにします。

 また思いついたら書きます。今年もよろしくお願いします。
三枝康裕 | ニュース | comments(0)  | trackbacks(0) | 22:15
PAGE TOP