Powered 

by Tigers-net.com
 こんばんは。

 今日のセリーグ3試合は,いずれも非常に大味な試合ばかりでした。

 まず,広島さんと中日さんの試合ですが,広島さんが序盤に5点と大きくリードしていたところで,中日さんが満塁ホームランを含めて一挙7点を入れ,最終的に9対5で終わりました。

 次に,読売と横浜さんの試合は,4対3で10回の裏,横浜さんの荒波さんが澤村さんかポテンヒットを打って4対4の同点になったものの,送球の間に大きくオーバーランした一塁走者下園さんがタッチアウトとなり,最終的に読売が6対4で勝ちました。

 阪神とヤクルトさんの試合は,後述するとおり,阪神が何度も勝利のチャンスをつかみながら,継投ミスなどによって失点を重ね,最終的に同点で試合を終えることとなりました。

 今日は,選抜甲子園でも延長で試合が決まりましたし,そういう日なのかもしれませんが,それでも甲子園の方はいい試合だったとしても,プロ野球の方はもう少し締まった試合をしてもらえないだろうかと思います。
 プロ野球は興業なのですから,しょうもないミスなどで大味な試合を料金を支払った客に見せるのは失礼な気がします。
 しかも,それがセリーグの全試合であったというのですから,なんだかなという思いです。
 もちろん,今日の中日さんのように,あきらめかけた試合が逆転勝利というのはうれしい限りなのですが,それでもいくら流れがあるとはいえやられすぎというのはやはりちょっと考えものです。
 開幕からまだあまり時間が経っていませんが,少々緊張感が欠けているのではと思ったりもしました。


 さて,その阪神ヤクルト戦ですが,今日の試合で大きな誤算だったのは,前回登板に引き続いてメッセンジャーさんが思うような働きを見せてくれなかったことです。
 彼は,いつも投球数は多くなりがちですが,7回くらいまでは投げてくれる存在だっただけに,6回5安打3失点というのは期待を裏切ったといえましょう。
 もちろん,3失点ですから最低限の働きをしてくれたと見るべきでしょうが,それでもエースであるメッセンジャーさんにはそれよりも大きな期待をしていますから,やはり物足りなさを感じます。

 次に,継投について大きく問題がありました。
 メッセンジャーさんの後を継いだ高宮さんが今日はよくなく,結局走者をためて後に継ぐこととなり,せっかく逆転した直後に水を差す結果となりました。
 そして,このイニングで歳内さん,高橋さんと3投手をつぎ込み,これが後々に大きな問題となります。

 その後,福原さんがきちんと抑え,マテオさんにつながりましたが,マテオさんがなぜか3イニングも投げることとなりました。
 正直言って,10回に登板した時には,イニングまたぎをして次の試合で使わないつもりなのかと思ったものでしたが,まさか11回にも登板させるとは思いませんでした。
 確かに,控えにいたのは榎田さんと金田さんで,マテオさんと比較した時にここ一番で任せられるのはマテオさんと選んだ気持ちは分かります。
 しかし,マテオさんに無理をさせたために,失点をし,さらに球数を多く投げさせられることとなりました。
 これで,マテオさんは当面投げることはできなくなってしまいましたし,次のカードの抑えをどうするつもりなのでしょうか。
 結果論ではありますが,11回にリードしたところで榎田さんに繋いでおけば勝ち切れたかもしれないと思うと,非常に悔やまれる采配だったと思います。

 ということで,今日の采配の問題点は,
々盖椶気鵑竜用
7回に3投手をつぎ込んだこと
マテオさんを投げさせすぎたこと
だと思います。
 このうち,特にの影響は大きいと思われ,次のカードの抑えは福原さんで行くという構想になってしまうのだろうと思いました。
 そうなると,8回を任せる投手をどうするかですが,そこはこれまで見ている感じでは高橋さんか榎田さんでしょうか。
 去年から懸念されていた中継ぎ問題について,やはり今シーズンでも解決に至っていないということがよく分かってしまいました。

 一方,打つ方はなかなかよかったと思います。
 特に,高山さんは先頭打者ホームランを含む4安打と,これがルーキーなのかと驚かされます。
 しかも,高山さんを求めていた真中監督の前でこれだけ嫌みのように活躍したのですから,彼はそういう意味でも逸材なのだと思いますし,少なくともレフトは固定でいいということになるでしょう。

 ヘイグさん,福留さん,ゴメスさんも非常によい働きをしてくれております。
 彼らも調子の善し悪しはあるでしょうが,それでもおそらく彼らはシーズンを通して阪神打線の柱になってくれそうな,そんな感じを受けます。

 横田さんは,もう少し持ち味を発揮してもらえればとは思いますが,それでも彼は彼なりにがむしゃらにがんばっているところが見えて,好感が持てます。
 きちんと内野安打を打とうとしますし,ファウルで粘って活路を見いだそうとしますし,こういう姿勢はチームを引っ張る上位打線には大事だろうと思います。

 鳥谷さんは,打撃面は本当によくないですが,それでもその選球眼に今日は救われました。
 これだけ打てていないと大丈夫だろうかとは思ってしまいますが,それでも出塁率は相当よいので,今日の押し出し四球を見ていてもやはり彼は打線に必要な人間だろうと思いました。

 問題は,今日は打てておらず,守りも不安な西岡さんでしょうか。
 潜在力は大いに期待されるところですが,それでも今日は打撃がずっとよくなかったですし,肘の関係で守備に不安がある以上,この打撃が続くのであればどこかで考えないといけない時期も来るのかもしれないと思いました。
 もしも打撃低調が続くのであれば,少なくとも守備力を高めるという方向をとるべく大和さんを起用するのもよいのではないかと思いました。

 岡崎さんについては,今日のところはよくなかったですが,キャッチャーはそこだけで見るものではないでしょうし,もう少し様子を見てもよいかもしれません。

 とりあえず,今日の試合を見ていて,しみじみ点を取った直後に取られるとムードも悪くなり,試合も勝てないと改めて思いました。
 金本監督が初めて継投で困ったという日でしょうし,ある意味今日の経験を生かしてもらった上で,今後はもっと勝てる采配をお願いしたいと思います。
 今日は,継投ミスがなければ勝てた試合でしたし,非常にもったいなかったです。
 また,マテオさんを使いすぎないよう,本当にお願いしたいです。

 また思いついたら書きます。ではでは。

↓よろしければ押していただけるとありがたいです。
阪神タイガース ブログランキングへ
三枝康裕 | 阪神タイガース | comments(0)  | trackbacks(0) | 23:37
2016.03.30 Wednesday
 こんばんは。

 このところ3連勝していた阪神ですが,今日は大量失点して敗戦しました。

 先発岩田さんが6回途中7失点と先発の役割を果たせませんでしたが,やはり得点の後のホームランでの失点は大きかったと思います。
 同点の点を入れた段階で追い上げムードがありましたが,このホームランでそのムードがかき消されてしまったように思われ,よくいわれる得点した後の失点をいかに防ぐかということは課題だったと思いました。
 もちろん強力ヤクルト打線を賞賛せざるを得ないところはあるのですが,それでも岩田さんの失投,そして守備の問題が大きかったと思います。

 岩田さんは,これまで何度も言ったことがありますが,調子のよい時は手のつけられない投球をするのですが,いつも5回か6回で突如大きく失点をして負けるケースが目立ちます。
 今日の試合を見ていても,このパターンかと思いましたが,彼はこれがなくなればエースに上り詰められる人材であるだけに残念です。
 この問題はかれこれ5年越しくらいの問題ですから,もはや解消されないのかもしれませんが,それはこの能力を考えると非常に惜しいことだと思います。

 また,岩田さんは打たせてとる投手ですが,今日は守備に足を引っ張られたと思います。
 失点に結びつくかは別として,懸念されていたヘイグさんの送球,西岡さんの肘の具合はやはりよろしくないようです。
 特に,西岡さんの肘の具合は,守備ばかりでなく打撃にも影響を及ぼすものですから,一度きちんと見極めをした方がよいのではないかと思いました。

 打撃面ですが,今日の敗戦の原因の一つとしては,最終回に結構点を入れられたものの,結局中盤まであまり打てなかったことが問題だったと思います。
 好調阪神の原動力になっていた1番2番が今日はあまり機能せず,ついに開幕から連続安打を誇ってきた高山さんの記録が途絶えてしまいました。
 記録はまた作ればいいものですから別にいいとしても,やはり今日は全体的に打撃が淡泊だったと思います。
 こうしてみると,阪神打線は成瀬さんのような技巧派は苦手なのだろうかと思ったりもしました。

 ただ,そんな中で,クリンナップは非常によかったです。
 ゴメスさんは開幕からスリーランばかり打ちますし,福留さんもよく活躍してくれます。
 そして,その中でもヘイグさんが私の予想を大きく上回る活躍をしてくれています。

 今日のヘイグさんは,二塁打のほかホームランも打ちましたが,これで打率5割,1本塁打,5打点,6四死球という脅威の成績を誇るに至っております。
 そればかりでなく,特筆すべきは,ボール球スイング率が5.1%,空振り率が0%ということで,非常に選球眼がよいといえると思います。
 打撃は水物ですから,この調子がいつまで続くのかという問題はあるものの,それでも今見ている限りマートンさんクラスの打撃と鳥谷さんクラスの選球眼を持ち合わせているように見受けられます。
 マートンさんは,好不調の波が激しすぎて,打つ時と打たない時が両極端過ぎ,かつ打てない時は感情的になりすぎて態度が悪くなって,守備もいい加減になってしまいました。
 その点,ヘイグさんがどうなるのか分かりませんが,さしあたっての第一の問題は不調に陥った時の成績がどの程度か,そして不調から復活するまでの期間がどのくらいかというところでしょうか。
 これだけの活躍をしていれば,各球団ともに対策を練ってくるでしょうから,各チームとの対戦が2巡目に入った頃からが本当の勝負になるだろうと思っていますが,そこからどこまで数字を落とさずにいられるかが問題でしょう。
 ヘイグさんの感情の起伏についてはよく分かりませんが,これだけ選球眼がよいところを見ると,選球眼には不調はあまりないでしょうから,冷静で居続けられればある程度の出塁率は残せそうな気もするのですが。

 横田さんについては,ネットでのやりとりを見ているとスタメンから外して江越さんと入れ替えるという話も上がっております。
 個人的には,せっかくこうして実験的に使っているのですから,とりあえずもう少し様子を見ながら,横田さんの調子が悪いと見受けられれば,適宜江越さんを横田さんの代打などで使ってみるということでいいのではと思います。
 これまでの勝ちの原動力の一つには紛れもなく横田さんがいましたし,彼はムードを作ることができる人だと思うので,もっと具合を見てから考えてもよいだろうと思いました。

 鳥谷さんについては,今季はまだ2安打と,あまり調子がよろしくないように思われます。
 現状鳥谷さんを外すわけにはいきませんから,当面様子見だと思うのですが,こんな時に鳥谷さんが下位打線に入れる今季の打線はよいと思わせられます。
 いつもは鳥谷さんは上位打線で,この不調は打線全体に影響を及ぼしていたと思いますが,今は高山さんと横田さんが引っ張っている打線ですから,鳥谷さんが不調でも打線として見栄えがしています。
 鳥谷さんの調子が上がってきて,かつ1番2番がやや悪いとなれば,鳥谷さんを上位に据えるという考え方もあるでしょうし,その意味では今季の打線は色々と応用を利かせられるものなのではと思いました。

 明日の先発は中5日でメッセンジャーさんですが,初戦を落としたところをここで挽回してもらいたいと思います。

 また思いついたら書きます。ではでは。

↓よろしければ押していただけるとありがたいです。

阪神タイガース ブログランキングへ
三枝康裕 | 阪神タイガース | comments(0)  | trackbacks(1) | 23:32
 こんばんは。

 先日,少女の監禁事件について進展があり,連日その報道がなされ,ネット上での書き込みも色々と見受けられますが,今日はそれらについて思うことを若干書いてみたいと思います。


 まず,少女のバッシングに関する書き込みがネット上で散見されます。
 その具体的内容についてはここで述べるつもりはありませんが,事件の詳細な概要も分からず,断片的な情報のみで少女をバッシングしているというものでした。
 私は,被害者である少女が見るかもしれないようなものに書き込むことは少女に対する二次被害になりかねませんし,全容も分からないまま断片的情報で見切り発車的に記載して興じて盛り上がる傾向を見るにつけ,それはあってはならない行為であろうと思います。
 そして,これらの書き込みを見るにつけ,大変嫌な気持ちになります。

 一方,この書き込みを見ていて思うことは,この書き込みはなぜなされたのであろうかということです。
 それは,社会的に著名な事件について,まさに速報的に入ってくる断片的な情報をつなぎ合わせて見えてきたある一定方向の憶測が推理ゲームのようになっていって,興味深い結論を導く可能性があるからでしょう。
 そう考えると,この書き込みの源は,断片的な情報を提供するマスコミ側に非常に大きな問題があると思いました。

 今の報道を見ていると,例えば,
・少女は一人で買い物に行くこともあった。
・監禁されていた建物は大声を出せば部屋の外に声が漏れる状況にあった。
・宅配便の応対に少女が出てきたが,特段問題を感じるようなものではなかった。
というものがあります。
 これらの情報だけ見れば,今回の事件の見方が変わってきてしまいかねないのではないかと思います。
 しかし,この事件は,自分の意思に反して連れ去られ,自宅に帰ることができない状態が2年間続いたということが前提にあるものだと思います。
 その上で,上記のようなことがあったとすれば,それは何らかの説明を加えないと誤解を招きかねない事件であったといえると思います。
 そうであればこそ,誤解を招いておもしろおかしく展開されないためにも,出すべき情報は厳選されるべきだと思いますし,全容がある程度解明されて被害者が傷つかない程度に説明ができるようになって初めて細かい情報も出すべきでしょう。

 にもかかわらず,例えば上記の情報だけ出てくれば,今回の騒動のようにおもしろおかしくかき立てる者が登場することは当然想像できる話だと思いますし,それを考えるとマスコミの責任は重いと思います。


 次に,これもマスコミ報道ですが,被疑者がパソコンとアニメを好んでいたという情報を出していましたが,これも非常に頂けません。
 例えば,被疑者宅から高尚な小説が何冊も出てきた場合,それを報道するでしょうか。
 また,アニメといっても,深夜にやっているようなものからドラえもんやサザエさんまでありますが,被疑者がサザエさんグッズを持っていたら問題にするでしょうか。
 それを,パソコンやアニメと十把一絡げにまとめようとするのは,毎度世論誘導のように感じます。
 個人的には,これらのものと犯罪の結びつきがきちんといえてからこのような報道はすべきだと思いますし,そうでないならば単純に悪い印象のみを植え付けるものに過ぎないと思いました。


 いずれも報道の仕方について思うところを述べましたが,いずれにせよ被害者の方においては,まずは早期に日常を取り戻せるよう,心から願ってやみません。


 今日も阪神が勝利し,3連勝となりました。

 これだけ勝てるとちょっと怖くなってきますが,それでも今日はきちんと要所でゴメスさんが3ランを打ってくれたことが大きかったと思います。
 阪神は長距離砲が足りないと思っていましたが,今年のゴメスさんは既に2本ですから,今年はシーズン通じて結構な本数が出るのではないかと期待しております。

 梅野さんも先制タイムリーを打ちましたが,これで岡崎さんとどちらを使うか悩ましいものです。
 岡崎さんも打撃好調ですが,とりあえず先発投手に応じてキャッチャーを使い分けるのでしょうか。

 今日は藤浪さんのおかげで勝てましたが,問題は9回でしょう。
 結局この寒い3月に149球も投げ,最終的に点まで取られてしまいましたが,最終回まで投げさせる必要があったのかと思いました。

 確かに,中継ぎ投手を休ませることのできる完投能力のある投手は藤浪さんということになるのでしょう。
 しかし,8回終了時点で127球であり,この段階で相当投げていたと評価できると思います。

 金本監督は,今日は中継ぎを休ませる日としていたのでしょうが,藤浪さんが打たれて,残り1アウトで交代させられ,藤浪さんを傷つけることになったのではと思いました。
 また,マテオさんも急遽準備させられたからか,初めのバッターには四球でしたから,結構危ないのではないかと心配もしていました。
 年間通して完投を狙いにいけるというのは分かるのですが,今日の8回の球数を考えたら,時期的にも無理をさせるべきではなかったと思います。
 特に,阪神は毎年秋口に失速する傾向にあるのですから,シーズンはじめから飛ばしすぎるのではなく,こういう日は9回に歳内さんがよかったのではと思いました。

 高山さんはノルマのように1安打しましたし,明日も十分期待できると思います。
 明日はしびれる打撃を見られると楽しみにしています。

 また思いついたら書きます。ではでは。

↓よろしければ押していただけるとありがたいです。
阪神タイガース ブログランキングへ
三枝康裕 | よろずごと | comments(0)  | trackbacks(0) | 23:20
 こんばんは。

 今日のニュースを見ていたら,中国で,建物の立ち退きを迫られた人が回避できたという記事を見たので,取り上げてみました。

 この人は,違法建築であることを理由に当局より今月末までに立ち退きを迫られていました。
 そして,当局は,建物の強制撤去に踏み切ることも考えていたそうですが,そこでこの人は建物全体に習近平さんの写真500枚以上を護符のように貼り付けました。
 中国では,習さんの写真を既存すれば不敬行為と受け取られかねず,問題が生じることがあり得るということで,最終的に当局は強制措置を講じない意向を示したということでした。
 当局は,この写真を剥がせば強制撤去はせずに話し合いで問題を解決すると伝え,最終的に今は写真は剥がされたそうです。

 この記事を見ていて,そもそも建物の外壁に習さんの写真をこれだけ貼り付けたということ自体が不敬行為なのではないかと思いました。
 しかも,その目的も,習さんを敬う意思ではなく,強制執行を免脱するために行ったということですから,この行為自体が不敬そのものというように思いました。

 また,この行為によって,最終的に当局が強制撤去を断念したということであれば,この前例を下に,同様の事例では対抗措置を行うことが考えられます。
 そればかりでなく,同じような行為をこれから行い,とがめ立てされれば同じように写真を外壁に貼ればよいと考える人すら出てくるのではないでしょうか。
 その意味では,このような特別措置を安易に認めた今回の対応はよろしくなかったのではないかと思いました。
 当局としても,不敬が問題であるならば,強制撤去の折,先に剥がせばよいのではないかというようにも思われ,写真がこれだけあったからといって打つ手なしということではないであろうにとも思いました。
 もちろん,このような行為を行う相手方について,その難ありな性格を考えれば,今後別の手段を講じて執行を妨害してくることも考えられますし,ある程度柔軟に対応しようという考えも分からなくはありません。
 ですが,私はごね得が通ったと率直に思ってしまいました。


 今売り出し中の阪神横田さんですが,今日の記事を見ていたら,横田さんがプロ初安打のボールを紛失したという記事を見ました。
 横田さんは,最終的に,「これでいいです」と適当な1球をポケットにしまったということでした。
 ある意味大変おおらかな性格なのだと思いますし,こういう性格であればスランプに陥っても抜け出しやすいのではないかと思います。
 先日の走塁を見ていると,少々緻密さを欠く選手なのではないかというように勝手に思ったりしているのですが,そういうところは長所にもなり得ることと思います。
 ですから,このエピソードを見ても,こういう性格なのだと思うばかりでした。

 横田さんは,身体能力の高さから,いずれ活躍するといわれ,去年のキャンプ時も色々と話題になっていましたが,それでも2軍に居続けていたと思います。
 今年はようやく使われるようになりましたが,今のところまだその身体能力を生かす機会は来ていないと思います。
 彼の魅力は,長打を打てるパワーだけでなく,スランプに陥っても内野安打を勝ち取れる足もだと思っています。
 内野安打がこれだけ出るならば,少なくとも調子を落としても数字が極端に落ちないだろうとも期待しております。

 そんな彼が高山さんとともに1番2番で活躍する姿を今年どこまで見続けていられるのか,非常に楽しみです。
 今のところ,ヘイグさんやマテオさんなどの新戦力もはまっていますし,これからどんどん勝ちを重ねてくれると思っています。

 明日は強力ヤクルト打線が相手で,読売に3連敗といっても中軸の打率は軒並み高いと相変わらず恐ろしい打力だと思います。
 藤浪さんは調子を崩して自滅しなければ勝てると思うので,明日は丁寧に勝ちをつかんでくれればと期待しています。

 また思いついたら書きます。ではでは。

↓よろしければ押していただけるとありがたいです。
阪神タイガース ブログランキングへ
三枝康裕 | ニュース | comments(0)  | trackbacks(0) | 23:53
 こんばんは。

 今日の夕方,2年前に行方不明になった少女が無事保護されたというニュースが入ってきました。

 詳しいことはまだあまり分かっていないのですが,それでもまずは無事に発見されたということで本当によかったと思います。
 これまでどこでどのように過ごしていたのか,なぜこれまで発見もされず,逃げることもできなかったのか,色々と疑問はありますが,それでもとりあえず無事保護されたという話は非常によかったと思いました。

 今分かっている情報としては,少女は23歳の男に監禁されていたこと,連れ去られる際に「弁護士だが送ろうか」と声をかけられて車に乗ってしまったこと,男が外出する時には外から鍵をかけられていたこと,これまで外出できる時もあったが男の監視下にあったこと,男は今日は秋葉原に行くと言って外出した隙に外に出たことでしょうか。
 行方不明後に何通かの手紙が自宅に送られてきていたとのことでしたが,これらの手紙の筆跡はいずれも少女のものと一致していたということで,これを作成させられた経緯なども問題でしょう。
 肝心の23歳男は現在身柄が確保されていないそうで,この男が捕まって全容解明ということなのでしょうか。

 そもそも,この男が一人暮らしだったのかどうかが気になります。
 人を一人家の中にいさせるのですから,他の家族がいれば気づかれてしまいそうで,その意味では一人暮らしだったように思います。
 ですが,一部屋に監禁し,そこに外から鍵をかけていたということですから,部屋が複数ある家に住んでいたのでしょう。
 事件当時,男は21歳で,おそらく事件当時から引っ越していないのでしょうから,そうなると21歳で複数部屋のある家に住めるとすれば,それなりに裕福な収入があったように見受けられます。

 このことは,人を一人養う財力があったこと,犯行当時車を使っていたことからも想像されます。
 もちろんレンタカーの可能性もありますが,それでももしも中野区にそれなりの間取りの家に居住できて,かつ自分以外の人間も養いうるとなれば,相当裕福でしょう。
 それが21歳の若さでできているとなれば,それは若くして仕事で成功を収めているか,実家暮らしか,多額の仕送りを受けているかのいずれかなのであろうと思います。

 しかし,誘い文句を見ると,弁護士というワードが入っていて,無関係にもかかわらず個人的にはなんだかもやもやします。
 振り込め詐欺が流行りだした時勢から,私が初めて電話をする人に対して弁護士だと名乗るのにも神経を使うようになりましたが,この事件はその傾向をより強めそうな気がします。
 騙るとなればどんな職業でも騙れるものではありますが,それでも個人的にはいい迷惑だという気持ちが拭えません。

 今日の段階では,警察はあまり詳しいことを聞くのは難しいのだろうと思いますが,それでもざっくりした事情くらいは確認するのでしょうし,少なくとも男の家に向かって状況と背景の確認は行うことでしょう。
 警察としては,これまで2年間事件を進展させられなかったのですから,おそらく今回のことは非常に悔しい思いをしながら捜査をすることになるのだろうと思いますが,これまでの空白を埋め合わせる分までがんばってもらいたいと強く思います。


 今日の阪神は,5対4という接戦をとりました。

 最終的にはヘイグさんがタイムリーを打ってくれましたが,今の阪神を象徴するのは高山さんタイムリースリーベースから横田さんタイムリーヒットの流れでしょう。

 高山さんについては,出塁だけでもしてくれたらと思っていたのですが,ファウルで粘ってついに長打を打てる当たり,彼のバットコントロール技術はどうなっているのかと思うくらいとんでもないものを感じました。
 オープン戦時は長打は打てないのではとも一部ではいわれていましたが,昨日今日とこれだけ長打を打てるのですから,これは期待以上であったといわざるを得ません。
 これでオープン戦から毎試合連続安打記録が途切れておらず,とんでもないルーキーだと思います。

 また,横田さんは,あの球をあんな風に打ってくれるとは,さすがに彼も期待以上の成果を見せてくれたと思います。
 横田さんは,2安打でしたし,彼もオープン戦からの好調を維持していると思います。

 期待の2人が揃って点を入れてくれるというこの展開は,これまで私が望んでいたチーム構成が実現しているというように感じます。
 実績のない2人が1番2番に座るという,ある意味賭の要素が大きな打順だと思っていましたが,そのロマンに賭けた打線が機能するとこんなに喜びが生まれるのだと改めて実感しました。

 また,ヘイグさんの打撃も今のところ期待以上で,これならば多少守備でやらかしがあったとしてもまだお釣りがくるくらいかと思いました。
 福留さんもホームランを打ちましたし,西岡さんやゴメスさんも打撃好調ですし,今の阪神打線は見ていて本当におもしろいです。

 抑えのマテオさんも期待以上で,あのスライダーを攻略するのは改めて相当難しいと思いました。
 ひとえにスライダーといっても,縦スラ,横スラ,緩いスライダーを使い分けており,それらがそれなりに制球されていますから,質が悪いと思われてしまうものでしょう。
 また,投球テンポがよく,守備側も守りやすいと思いますし,その意味でも彼はいいと思います。
 いろいろな意見を見ている限りでも,基本的に絶賛で,右打者が攻略するのは困難であろうという意見も見受けられ,あとの問題はどのくらい連投に耐えられるかというところでしょうか。
 少なくとも,今見ている限りでは抑え投手に不安を感じることはありません。

 一方,藤川さんですが,心配していたとおり,先発投手として耐えうるだけのスタミナがなさそうです。
 ビシエドさんは想像以上にとんでもない打者ですし,彼に甘い球が行けばすぐにホームランになってしまうというのは昨日まででよく分かっていたはずですが,そんなビシエドさんに勝負を挑んでホームランを打たれてからどんどん崩れはじめ,仕舞には4失点してしまいました。
 65球でストレートで140キロがでないのでは,いくら制球力と投球術,球のキレで抑え込もうとしても,やはり限界があるということなのでしょうか。
 藤川さんは長いイニングを期待するのは酷であろうと思われ,今日の出来を比較するのであれば榎田さんを先発に据えて藤川さんを中継ぎにすべきなのではないかと思いました。
 今日も最速は144キロ出ていましたし,短いイニングに全力を尽くすというスタイルであれば十分仕事をできるように思います。
 確か連投に耐えうるスタミナがあるか問題なので,敢えて先発にしたと聞きましたが,いかに仕事をできるかという観点から考えられないものでしょうか。
 もちろん,今日の出来だけで藤川さんを先発から落とすということはしないのだろうと思いますが,次回登板でも同じような結果になった場合はなるべく早めに決断をしないとチームとして悪い状態になってしまうように思いました。

 開幕3連戦を見ている限り,今年の阪神は見ていておもしろいと思います。
 それは,新戦力が懸命にがんばって期待以上の成果を出してくれているからだと思います。
 金本監督は,おそらく二軍との入れ替えもそれなりに積極的に行ってくれると思いますし,今後も次々と調子のいい選手が出てきてくれるのではないかと期待できます。
 今年は例年以上に野球が楽しめそうです。

 また思いついたら書きます。ではでは。

↓よろしければ押していただけるとありがたいです。
阪神タイガース ブログランキングへ
三枝康裕 | ニュース | comments(1)  | trackbacks(0) | 22:44
2016.03.26 Saturday
 こんばんは。

 昨日からプロ野球が開幕し,ようやく野球のある生活が戻ってきました。
 そんなうきうきする気持ちの中,昨日の開幕戦を迎えたわけですが,仕事が終わって経過を見ていると,何と負けていて,これが公式戦での敗戦というダメージなのかと思い出しました。
 半年くらいぶりにこのダメージを食らうのは非常にていたいものではありますが,それも野球がないと味わえないダメージなので,甘んじて受け入れることにします。

 昨日の敗戦の原因はメッセンジャーさんの不調でしょう。
 7回4失点と,先発としての仕事を果たしたというには物足りない活躍だったと言わざるを得ず,その点が残念でした。
 昨日のメッセンジャーさんを見る限り,制球が安定しなかったことがもっとも問題だったと思われ,球威や変化球は悪くはなかったと思ったものの,結局四球が多く,背負った危機を回避しきれなかったというのが妥当な評価でしょうか。
 昨年を思い出せば,前半のメッセンジャーさんは不調でしたし,もしかしたらシーズン始めはあまり状態が良くないのかも知れません。
 ですが,それでも阪神のエースはメッセンジャーさんだと思いますから,次回登板では自慢の制球力も見せてもらいたいと思います。

 そして迎えた今日の試合ですが,金本監督の下での公式戦初勝利を収めました。
 このような公式戦の勝利で心が躍ることも半年ぶりくらいのことで,これが野球だったと改めて実感しました。

 今日の勝因の第一は能見さんが6回2失点に収められたことでしょう。
 今日の能見さんは制球が良く,四球は1と抜群でした。
 ホームランを食らった時は,いつもの一発病かと不安に思いましたが,それでも今日は打線の援護も大量にありましたし,安心して投げられたのではないかと思います。
 能見さんは,いつも一発で沈むことが多く,特に球が飛びやすいドーム球場では心配もあったのですが,それも杞憂でした。
 昨日と比較すると,やはり先発投手の制球が安定すると勝ちに繋がるということが非常によくわかりました。

 また,抑えのマテオさんが3者凡退でした。
 点差があったことからセーブこそ付きませんでしたが,それでも150キロ前後のストレートとあの魔球ともいえるスライダー,そしてそれなりに評価できる制球力がありますから,彼は結構数字を残せるのではないかと思います。
 気になることは,若干ストレートが見切られるのではないかということ,よく使う変化球がスライダーのみということで打者から選択肢を絞られるリスクがあるのではないかということです。
 まだ彼には私が知らないような真骨頂があるのでしょうから,それらを心配するのは杞憂なのかも知れません。

 打つ方では,新人高山さんがタイムリーヒットで先制し,それからヘイグさんのタイムリー,ゴメスさんのホームランなど,今日は打線が非常によかったと思います。

 高山さんですが,昨日から彼はよく打つもので,大変感心しました。
 正直言って,オープン戦と公式戦では違うものですから,公式戦の壁に当たってしまうのではないかと思っていたのですが,今のところオープン戦からの連続安打記録がまだ続いているという状況です。
 彼のバットコントロールは素晴らしく,特にオープン戦ではあまり見られなかった長打が今日は出ましたし,これが彼の実力なのかと改めて感心するばかりでした。
 長らく生え抜き外野手が出てこなくて苦心していた阪神ですが,その一角は当面高山さんで決まりでしょう。

 ヘイグさんについては,オープン戦ではあまり打撃が見られず,守備面の問題ばかりが取り上げられていたものの,ここにきて打撃が素晴らしいところが目立つようになりました。
 マートンさんの穴を埋められるかと言われていましたが,今日までの出来を見る限り相当打撃に関しては期待してもいいかもしれません。
 ただ,各球団とも,これから警戒して強い攻めがなされることになるでしょうから,本当の評価をするのは5月以降からということでしょうか。
 また,守備面では,昨日のものをエラーとカウントされてしまったのは可哀想だとは思いますが,やはりリスクはあることは否めません。
 その意味では,今は攻撃面での長所が多く出ているからいいものの,調子を落とせばどのように評価できるのか,非常に難しいかも知れません。
 とはいえ,一ついえるのは,現時点ではサードにはヘイグさんを当面置くべきで,残念ながらここに北條さんを置くにはまだ早いかと思いました。

 個人的には,今日横田さんにヒットが出たことが大変嬉しく思います。
 昨日はヒットを打てませんでしたが,横田さんはおそらくスタメン当落線上の選手ですから,早めに結果を出さねばという気持ちもあったのではないかと思います。
 今日の試合では,打線の流れが阪神に来ていましたから,その流れの中で打たせてもらったというところがあったことは否めません。
 ですが,公式戦の中で打てたという経験と実感こそが彼の自信にもなるのでしょうし,その意味では打てたという事実があれば今日のところはそれでいいと思います。
 彼がオープン戦で見せてくれたような,流れを自身が作り出すという力は,これからおいおい発揮していってくれると思います。
 できれば,それまで彼が少しでもヒットを重ねて試合に出続けられるようであればいいと思いました。

 また,岡さんが,私の想像を超えてヒットを量産しております。
 正直言って,打てるキャッチャーとしては梅野さんの方が上だと思っていましたし,キャッチャーは2割5分くらいまで打てれば上出来というくらいに考えていました。
 しかし,今年の岡さんは,矢野さんがあれだけ推しただけあって,私の期待以上によく打っています。
 岡さんが打てるというのは阪神にとって非常に大事なことです。
 というのは,去年の阪神打線を考えると,7番以降のヒットがあまりにも期待できず,相手にとっては自動アウト程度の認識を持たれていたのかも知れません。
 そういうところで,下位打線からチャンスを作っていけるというのは,去年の阪神打線から見れば非常に大きいことだと思います。

 昨日今日と割と打撃は悪くはなく,特に今日は2桁安打と打撃が良い試合でした。
 打撃は水物ですから,今日のような試合がずっと続くことは期待していませんが,それでも今年は去年までよりもどうも打撃がよいのではないかという雰囲気があります。
 その雰囲気は,高山さんや横田さん,岡さんのような新人で成績がいい人,これまで努力を続けてようやく結果が出そうで日が当たった人がきちんと評価されて試合に出られる環境があるからだと思います。
 そういう競争があればこそ,二軍選手達も自分も結果を出そうとしますし,一軍選手も二軍に落ちないように危機感を持って対応できると思います。
 この環境を作ったのが金本監督であればその成果だと思うのですが,期待されていた,有力な選手を起用するということを実践してくれているのは選手だけでなく見ている私も非常に楽しみにさせてくれるものです。

 とりあえず,明日の試合も楽しみにしたいと思います。

 また思いついたら書きます。ではでは。

↓よろしければ押して頂けるとありがたいです。
阪神タイガース ブログランキングへ
三枝康裕 | 阪神タイガース | comments(0)  | trackbacks(0) | 18:27
 こんばんは。

 今日はブリュッセルの空港で大きなテロと思われる問題が起きましたが,これについては詳細が分かっていません。
 本来このことを取り上げようと思っていたのですが,内容が分からず,続報に注目したいと思います。
 とりあえず,被害者が少しでも少なく済むことを願ってやみません。


 さて,表題の件についてですが,本日,野球賭博問題の高木京介さんについて,NPBが1年間の失格処分を下したということだったので,それを取り上げてみたいと思います。

 これを見て,私は率直に処分が軽いと思いましたが,そのように思われた方も多かったのではないでしょうか。
 円陣問題については,各人様々な考えを持っていると見受けられましたが,この野球賭博問題はそれと一線を画する大問題だと評価されているように思います。
 ただ,その処分に関して「軽い」と考えたのは,やったことの大きさのほか,他の3人の処分との均衡からそのように考えた方が多いのではないでしょうか。

 先日,笠原さん,福田さん,松本さんの3人について,いずれも無期失格処分が下されました。
 報道を見ている限りですが,この3人の問題の重さから言えば,笠原さんがもっとも重く,他2人は同じようなものというように見受けられました。
 にもかかわらず,3人とも無期失格処分となったのは,野球賭博という行為に関する属性の問題で,これを行えばその内容の如何を問わず一発レッドカードということだったからと思っていました。
 それだけ野球賭博は野球界の信用を傷つける行為だと思いますし,ある意味この処分自体そこまで納得のいかないものという認識はなかったと思います。
 特に,野球界は,過去に黒い霧問題という大きな問題を起こしたことがありますから,その反省から自浄作用を働かせるため,野球賭博というものに対して断固たる姿勢で臨むということから,内容の重さではなく,野球賭博という行為そのものを責めたということは,NPBがそのような量刑への姿勢を持っていると考えていました。

 しかし,今回の件を見ると,高木さんは1年失格処分となりました。
 読売は契約解除をしたそうですが,それでも1年後には野球をできる身ということとなります。
 このことに違和感を感じたのは,上記の通り過去の3人との均衡です。
 特に,笠原さんはともかく,福田さんと松本さんと比べると,同じようなことをやっているのではないかと思いますし,そこでなぜ差が付いたのか,個人的には理解に苦しみます。

 私が知らない良情状が影響したということであれば相当性分なのかもしれません。
 ですが,高木さんは,福田さんと松本さんとあまり変わらないと思われるばかりか,最初の調査の際には嘘をついて処分から逃れようとしていましたし,その意味でも情状は他2名よりも悪いように思えるのです。
 また,今日の報道によれば,高木さんは,読売の別の選手1名と一緒に闇スロットに数回言ったことがあると申告したそうで,その意味でも情状は他2名と変わらないくらいよくないのではないかと思われます。

 にもかかわらず,高木さんだけが1年失格,他3名が無期失格というのは,私は飲み込みづらいものを感じます。

 そこに差が付いた理由として,邪推すると3つの点が考えられます。

 一つ目は,高木さんだけが謝罪会見を開き,一応の誠意を公の場で見せたことが挙げられると思います。
 この会見を見ていて許そうという気持ちになったという書き込みや見解をそれなりに見たことがありますし,コミッショナーもこの会見後に1年失格処分について言及したという記憶もありますから,その意味ではそこで見せた反省の意思が影響をしたということは考えられます。

 二つ目は,野球賭博問題で今後もっと多くの選手が検挙される可能性があり,その選手は各球団の主力選手である可能性もあることから,その選手達の復帰のための前例を作ることを意図した可能性が挙げられます。
 非常に悪意ある解釈をするのであれば,高木さんという前例があれば,笠原さんまでの悪質性に関する証拠等がない場合,謝罪会見を開くという禊ぎを果たすことで1年失格処分までにとどめられるということになりますから,今後同じような選手が発生したとしても逃げ道を作れるというように考えたのではというように思いました。

 三つ目は,高木さんが読売の主力選手として活躍していた点です。
 これまでの3名は,かつて活躍した方もいましたが,近年は二軍にいることが多い方々ばかりでした。
 一方,高木さんは読売の中継ぎの重要選手であり,現時点でのチーム内での重要性は大きいと思います。
 そうすると,このような言い方は申し訳ない限りですが,チームにいないと困る選手を残そうという力学が働いたのではと邪推してしまいます。

 個人的には,もしも高木さんを1年失格処分とするならば,福田さんと松本さんもそうすべきだと思いますし,彼らを無期失格処分のままとするならば高木さんも無期失格処分にしないといけないと思います。
 量刑相場というのは,考え方によっては処分を固定化させ,事案に応じて柔軟な判断を妨げる要因になるという弊害はあります。
 ですが,一方で均質な処分を実現できることで平等性をはかることができますし,このくらいのことをすればこのくらい重たい処分が下されるのだという予測可能性を与えることで悪質行為の妨げになるという効果もあると思います。
 ですから,相場というものが一度形成されたのであれば,基本的にそれをあまり侵さないように考えるべきだと思いますし,これを侵すのであれば相応の理由が必要であろうと思います。
 しかし,今回の高木さんの処分を見ていると,量刑相場を変更するだけの意味を持つ処分であるにもかかわらず,これを変更するに値する理由が見あたりません。

 刑事処分で大事なことは国家としての姿勢や応報感情,本人の構成などだと思いますが,プロ野球において大事な要素はさらにファンの理解ではないでしょうか。
 3名が無期失格処分という重い処分を受ける一方で,高木さんだけが1年失格処分を受けたということは,個人的には理解しがたいものを感じます。
 そして,これが多くの方に理解できないということであれば,野球界の自浄作用に疑いがもたれ,野球ファン離れが生じるのではないかと思います。

 私は,先の円陣問題も含めて野球界の賭け事に対する感覚は甘いと思っています。
 確か,去年JR東日本の中で発覚した高校野球賭博に関しては,500円程度の金額であったにもかかわらず,会社は関係者全員を刑事告発したということがありました。
 大阪ガスの野球部で高校野球賭博が発覚した際には,関係者全員が刑事告発され,対外試合の禁止処分が科せられました。
 おそらくこれらの事件については,いずれも当事者はあまり罪の意識はなかったと思いますが,それでも名だたる企業が法令遵守の姿勢を示すためそのようなことまでしたということです。
 まして,野球を生業とするプロ野球は,より重い処分がなされて当然だと思いますが,それを業界関係者等がこぞってかばい立てする姿勢を見ていると,個人的には野球界に自浄作用はないのではないかと心配になります。

 高木さんの件の発覚は週刊文春だったと思いますが,結局野球界を根本から正すには内部からではなく外部の力が必要と言うことなのかもしれないと思うと,非常に残念な気持ちになります。

 この流れを見ていると,今後同じような形で選手の野球賭博が出てくるような気がしてなりませんが,その人が同じく1年失格処分で終わってしまったら,もはや野球界の自浄作用には絶望するのかなと思ったりしました。

 また思いついたら書きます。ではでは。

↓よろしければ押していただけるとありがたいです。

阪神タイガース ブログランキングへ
三枝康裕 | スポーツ関連 | comments(0)  | trackbacks(0) | 23:49
 こんばんは。

 今日は阪神は最後のオープン戦をオリックスさんと戦いましたが,結果は引き分けで,結果としてオープン戦優勝となりました。

 正直言ってオープン戦を優勝したからといって何なのだといわれればそれまでですし,試合結果だけで見れば引き分けが多かったことを見ればもう少し勝負強くてもと注文をつけたくなる気持ちもなくはありません。
 振り返れば,2011年もオープン戦優勝しましたが,その年は4位でしたし,オープン戦の優勝というのはそこまで重要とも思えません。
 ですが,それでも負けなかったことが第一に大きかったですし,防御率はよかったですから,うまく調整がいったと考えるべきでしょう。
 特に,あの強いソフトバンクさんより上というのは,オープン戦だったとしても自信になるものです。

 今日は,岩貞さんが5回5安打1失点7奪三振という好成績で,この調子であれば先発ローテーションの6番手を埋めてくれるのではと期待してしまいます。

 また,中継ぎで登板した鶴さんですが,今日の出来を見ている限り,とりあえず1軍に置かれる存在になるのではと思います。
 鶴さんといえば,先発デビュー戦の初回大量失点を現場で見てから,何となく信頼をできない投手というイメージを持ってしまっていますが,それでも今日の出来ならば,阪神の中継ぎの手薄さを考えれば,とりあえず1軍に置いておくべき存在であろうと思います。

 歳内さんも徐々に育ってきているように思われ,去年は安藤さん・福原さんに次ぐ中継ぎとして成長しつつあったところが,今年は取って代われる存在になるのではと期待もしております。

 一方,去年中継ぎでフル回転してくれた安藤さんが開幕2軍というようで,非常に残念です。
 かつてエースを呼ばれた男ですから,ここからまた復帰して阪神中継ぎ陣を支えてくれると信じています。

 今日はついにチームでのオープン戦初ホームランを梅野さんが打ってくれました。
 これで,オープン戦の成績は,4割2分1厘,1本塁打,5打点,長打率6割3分2厘,出塁率4割という驚異的な打撃成績を残してくれました。
 ただ,これだけの成績を残していても,今のところは岡崎さんがスタメンマスク有力なのでしょう。
 梅野さんの将来性を見れば使ってもらいたいという気持ちもあるのですが,去年の梅野さんを見ているとまだ1年通して使い続けるべきというように言うには若干の不安があります。
 そう考えれば,岡崎さんと梅野さんの併用を前提として今シーズン臨むことはとりあえずよいのではないかと思っています。

 高山さんは今日も打ってくれまして,非常に打撃好調です。
 高山さんに刺激される形で横田さんの打撃も非常によく,まさか今年のオープン戦では高山さんと横田さんの1番2番がこんなにも見られるとは思いませんでした。
 高山さんの今日のヒットを見ていると,外角低めの球を掬ってヒットにしたという感じで,このようなバットコントロールを見ていると本当に非凡さをひしひしと感じます。
 これがシーズンのどこまで続くのかは分かりませんが,それでもスタートダッシュをかけてくれるのではと大いに期待しております。
 金本監督も,高山さんスタメンをほぼ認めたようで,今年は開幕から非常に楽しみになってきます。
 横田さんもスタメンに名を連ねるかもしれず,もしもマートンさんが阪神に残っていたら実現しなかったということを考えれば,ある種の寂しさと時代の移り変わりを感じます。

 これでおおよそ開幕の陣容も決まってきたように思えますが,ヘイグさんの打撃と守備の状態が気になることや,セカンド西岡さんもいまいち打撃の調子が上がっていないことなどが気になる点でしょうか。
 おそらく西岡さんがセカンドスタメンなのでは思いますが,守備に不安を抱えて打撃もいまいち調子が上がらないならば大和さんがいいのではと思ったりもします。
 北條さんは,最近はやや成績が落ち着いてきてしまっていますが,それでもロマンという意味では彼のセカンドかサードでの活躍の芽はなくなっていないと思っています。
 ヘイグさんのでき次第では,外国人枠の関係から投手陣の入れ替えや野手の守備位置の問題など多くの変更点が生じますから,この点は早い段階で見極めが大事になってくるだろうと思います。
 とりあえず,開幕まであとわずかなので期待しております。

 また思いついたら書きます。ではでは。

↓よろしければ押していただけるとありがたいです。
阪神タイガース ブログランキングへ
三枝康裕 | 阪神タイガース | comments(0)  | trackbacks(0) | 22:27
 こんばんは。

 今日のニュースを見ていたら,中国で,偽造免許証を警察官に提示した男が処分されたというものを見たので,取り上げてみました。

 この男が警察に提示した運転免許証は,初回発行日が「200年7月4日」となっており,このことから偽造が発覚したということでした。
 男は,調べに対して,「替え玉受験で運転免許証を入手した。本物だと思っていた。」と話しているそうです。

 中国で西暦200年ということになると,中後漢時代末期ということになるそうです。
 その頃は,牛や馬を交通手段として使っていた時代でしょうが,そんなまともな突っ込みをするまでもなくそのような日付であれば,偽造であることは一目瞭然で,偽造にしても作りが荒いと思います。
 私が好んでいたゲーム三国志の時代ということで,なんだかある意味感慨が湧くところもありますが,それを思えば思うほどしょうもないという気持ちになります。
 ちなみに,ある書き込みによれば,呂布が殺されて2年後,劉備が曹操に敗れて置き去りにされた関羽が曹操の軍門に下った年ということのようで,まだ赤壁の戦いは勃発していません。

 そもそも替え玉受験で運転免許証を入手したというのがどうかと思いますが,替え玉を依頼した業者もいい加減な奴で,うさんくさい仕事をしているだけでなく偽造した免許証を渡して仕舞にしたということなのでしょう。
 しかも,この男自身も,免許証を受け取る際にきちんと確認しないから,このように偽造の免許証を見抜けなかったということでしょう。
 男は,これを本物だと思っていたということですから,おそらく形だけあればよいと考え,まともに確認もしなかったのでしょう。

 こういうニュースを見ると,何ともいい加減な人達だと思う一方,なんだかほのぼのしてしまう自分もいます。
 ただ,やったこと自体は非常に問題で,約10万円の罰金と,5日間の拘留処分ということで,やはり無免許運転,そしてそれをごまかすための偽造免許証所持というのは重いということでしょう。


 今日のオープン戦では,阪神の藤川さんが6回3安打2失点と,ひとまず先発投手としては合格といえる成果を上げました。

 2回にホームランを打たれ,その後も失点を許すなど,問題もありましたが,このように大崩れしない出来であれば概ね良好といえましょう。
 藤川さん自身も,今日はまだ公式戦の勝敗がかかっていないからか,非常に和やかに投げていたように思われ,その意味でも間近に迫った公式戦に向けていいい感じでリラックスできているのかもしれません。
 とりあえず,6イニングを投げられる体力はありそうですが,シーズン通してそれができるのか,これからじっくり様子を見ていく必要があるでしょう。

 抑えにはマテオさんが出てきましたが,今日の様子を見ている限り,もはや抑えは彼で確定でよいと思います。
 呉さんが抜けた時には,福原さんを手当てしないといけないのかと非常に不安に思いましたが,マテオさんであれば当面抑えを任せても問題ないと思いました。

 今日も高山さんが打ちまして,彼は本物なのではないかと思えてきました。
 まだオープン戦だということは分かっているのですが,それでもこれだけ打ちまくるところを見ていると,本当に彼のバットコントロールはすばらしいと思ってしまいます。
 こういう球を打てるのかという球を流したりして打てている様を見ると,彼は調子を大崩れさせて長期間スランプというのはあまりなさそうな気もしてきます。
 ただ,こればかりはシーズンを通してみないと分からないので,現時点で過大な期待をするのは酷かもしれませんが,それでも開幕スタメンでずっと使い続けるべき人だと思います。

 一方,ヘイグさんのサード守備については問題があると思います。
 今日はタイムリーエラーを犯しましたが,これまでも悪送球など,どうも根本的な部分が欠けているように見受けられます。
 打撃の方はこれからあがってくると思いますし,好不調というものがありますから現時点で判断するには早計だと思いますが,守備は出し惜しみするものでもないですし,スランプというものも基本的にはあまり大きく影響しないと思いますから,それだけに非常に不安を感じています。
 高代ヘッドコートがマンツーマンでステップの矯正に着手しているそうですが,そのような突貫工事で基本的な部分の穴が埋まるとは考えづらいものがあります。
 守備にある程度目をつぶれるだけの打撃を見せてくれるかが問題ですが,それはこれからの様子を見ていくしかないでしょう。
 おそらく,少なくとも開幕から半月はスタメンとして出るでしょうから,そこが彼の見極めの期間ということになろうかと思います。

 また思いついたら書きます。ではでは。

↓よろしければ押していただけるとありがたいです。
阪神タイガース ブログランキングへ
三枝康裕 | ニュース | comments(0)  | trackbacks(0) | 22:17
2016.03.20 Sunday
 こんばんは。

 今日のニュースを見ていたら,中国で,女性が,目薬と間違えて瞬間接着剤を点眼したという事件があったので,取り上げてみました。

 この女性は,コンタクトレンズによる瞳の乾燥を防ぐため,目薬を点眼していた時,瞬間接着剤を間違えて点眼してしまったということでした。
 これによって上下のまぶたがふさがってしまったということで,医師が女性を診察しました。
 女性は,医師に対して,まつげをカットされるのはつらいので絶対に嫌だと抵抗したということでした。
 そこで,医師は,まつげを切らないように1時間以上かけて慎重に処置を行ったそうです。
 角膜については,コンタクトレンズをつけたままの点眼だったことが幸いし,レンズがダメージから守ってくれたということでした。

 コントでこのような話を見たことがありますが,それでもこのような件を実際に見てみると,容器の大きさも似たような感じですし,勘違いしないとはいいきれないように思いました。
 今さっきちょうど接着剤を使ったのですが,これと私の持っている目薬の容器は間違えようがないものの,そこは国によっては容器が似ている国もあるということなのでしょう。

 しかし,この女性,自分が失明の危機にあるというのに,まつげを気にするとは,相当余裕のある人だと思います。
 実際,この手の問題は,一刻も早く処置をするかどうかで結論が大きく変わるのではないかと思うのですが,にもかかわらず目よりも容姿を気にする当たり,事態の深刻さを理解していないのかと思ってしまいます。
 容器の勘違いという悠長さから見てみると,その危機感についても若干緩い感覚だったのかなと思ったりしました。

 とりあえず,自宅の容器は分けて保管しようと思います。


 今日の阪神のオープン戦ですが,能見さんが仕事をしてくれました。
 能見さんは,6回4安打1失点と非常に安定した投球で,かつてエースと呼ばれた男であったと再認識させられました。
 今日はバットでも2点二塁打を打ちまして,大活躍の一日でした。

 能見さんといえば,かつては活躍したものの,この2年くらいは思うような活躍が見られず,何となく負けてしまうという展開が多かったように思います。
 ですが,今日はこのような活躍をしてくれまして,先発ローテーションの一角として準備は完了しているように思いました。
 今のところ,先発は,メッセンジャーさん,藤浪さん,能見さん,岩田さん,藤川さんまでは決まっていると思いますが,あと1人が足りません。
 そこに秋山さんなどが入ってくれるととは期待していたものの,先日の投球を見る限り秋山さんはもう少し調整が必要なようです。
 最有力は岩崎さんのように思いますが,ここでもう一人誰かが出てきてくれるととてもうれしいのですが。

 打つ方では,福留さんが主軸として調子を上げてきました。
 守備でも活躍してくれましたし,今年もライトは福留さんで固定でしょう。

 また,伸び盛りの高山さんと横田さんは,今日もよく打ってくれました。
 彼らの調子の良さは一過性なのかどうかは分かりませんが,高山さんは今日もバットコントロールがよかったですし,ボールがよく見えている限りは長打は出ずとも出塁を確実にし続けてくれそうな気がします。
 横田さんは足がありますから,変な当て方をしても内野安打にしてくれますし,そういうところを見ると横田さんも不調になってもそれなりにまとめてくれそうな気配がします。
 彼らの難点は,まだ見ぬ不調に入った時の脱却方法や不調期間の長さ,波,そして守備でしょうか。
 ですが,それらを差し引いても,この勢いのままとりあえずシーズンにスタメンで使ってもらいたいなと強く思います。

 サード争いですが,スタメン候補のヘイグさんや新井良太さんは未だ打率1割台で,数字だけ見れば北條さんが最有力のように思います。
 ですが,ヘイグさんの実力は実戦でこそ見られるものかもしれず,もしも今の状態であったとしてもとりあえず開幕から半月はヘイグさんをスタメンで使うのだろうと思います。
 ただ,もしもこれでヘイグさんが使えなかったら,その時は守備の問題を承知で北條さんを使ってもらいたいと思います。
 どこまで守備に目をつぶれるかは分かりませんが,ヘイグさんを二軍に落として北條さんを使うことで,若手育成だけでなく,外国人枠の関係でドリスさんを投手陣に迎え入れることもできるので,チーム編成を考えるとこれがなかなかロマンがあるように思えるのです。
 とはいえ,サードに北條さんを使うならば,できればショートに大和さんを使うという勇気が要りそうに思うのですが。
 今日の鳥谷さんの守備はいいところがありましたが,それでも内野の守備力を強化する必要があるため,どこかで大和さんを起用する必要が出てくるように思いました。

 開幕まであと1週間を切りましたが,気持ちも結構盛り上がってきました。
 これから賭博問題がさらに出てきて開幕どころではなくなるかもしれませんが,それでも気持ちだけは維持したいものです。

 また思いついたら書きます。ではでは。

↓よろしければ押していただけるとありがたいです。

阪神タイガース ブログランキングへ
三枝康裕 | ニュース | comments(0)  | trackbacks(0) | 00:23
 こんばんは。

 今選手間の現金授受騒動などで非常に大きく問題が取り沙汰されている野球界ですが,結局選手達は襟を正してプレーで見せるしかないというように思っているところと思います。
 そんな中でオープン戦が催されていますが,今日のオープン戦では往年の名選手である内海さんと松坂さんが炎上したというものがあったのでとりあげて

 まず内海さんですが,今日は4回途中降板で8失点と非常に悪かったです。
 前回の阪神戦ではも大量失点し,前回と今回で7回3分の1を投げて20被安打5四球,14失点ということで,もはや開幕先発ローテーションとしては期待できないと思われます。
 この問題の最大の原因はストレートの威力がなくなったということでしょうか。ストレートの威力がなくなると変化球が生かしづらくなり,最終的に投球のバランスが崩れてしまうということなのではと個人的に思いました。
 いずれにせよ,このままでは,読売は,マイコラスさんの問題も考えると,ドラフト1位ルーキー桜井さんにローテーションの一角を期待せざるを得ないという位にローテーションは危機的な状態だと思います。

 次に,松坂さんですが,2回3安打1失点で降板ということで,予定の4回に届くこともできませんでした。
 今日は137キロのストレートを打たれてホームランにされてしまうなど,往年の球威が見受けられませんでした。
 去年は活躍が見られず,今年は活躍できるかと期待していましたが,今日の出来を見ている限り,ソフトバンクさんの投手陣の層の厚さを考えると,残念ながら1軍で稼働するには不足しているといわざるを得ません。

 両投手とも一時代を築いた名選手達です。
 特に,松坂さんについては,甲子園での活躍をよく記憶しており,そこからプロに入ってもこれだけ活躍できるのかというくらいよく勝てていましたし,WBCでも日本のエースとしての働きを見せてくれていましたから,復活に期待していただけに残念です。
 まだ彼らは再起を賭けてがんばるのでしょうし,個人的には復活してほしいのですが,こういう姿を見ていると一時代が終わってしまったのだとしみじみ感じます。
 そして,自分も年をとったのだと改めて思うものです。


 阪神のオープン戦ですが,藤浪さんが先発しました。
 結果としては3失点で,今日の課題はストレートのコントロールだと思います。
 ある意味,この時期の藤浪さんらしい成績といえ,その意味では今年も例年通りの活躍を見せてくれるのではと期待させられますが,それでも藤浪さんには安定感がもう少しあってもらえたらと思います。
 藤浪さんは,負ける要因は自滅であり,そこをクリアできれば勝ちの計算できる投手ですから,もう少し安定感が出てくれたらと思わずにはいられません。

 また,マテオさんはよい投球を見せてくれましたが,ボークをとられました。
 日本でのボークがどういう時にとられるのかということをオープン戦で理解してくれれば本番に生かせると思うので,ある意味今日のボークは非常によかったと思っています。

 打つ方では,高山さんと横田さんが猛打賞と,非常に調子がよいと思います。
 高山さんはルーキーとは思えない素材で,もはやスタメンで使って経験を積ませないといけないのではないかと強く思っています。

 現在の外野手争いですが,江越さんが調子を崩して二軍調整中ですから,守備をとるならばセンター大和さん,レフト高山さんなのでしょう。
 ですが,攻撃をとるならば,センター横田さん,レフト高山さんがよいということになりそうです。
 横田さんの場合,ただ打てるというだけでなく,たたきつけるように当てても内野安打にできますから,その点を考えると横田さんを入れた時の攻撃力はかなり高まることが期待されます。

 ただ,大和さんはオープン戦の打率が4割超えと,懸念の打撃に関して非常に好調を維持しています。
 大和さんの打撃は好不調の波が非常に激しく,その意味では現在の好調が果たしてどこまで維持されるのか,不調になったらどのくらい打ってくれるのか,その辺りが計算できないと打撃の方で戦力と考えるにはやや計算しづらい面があることは否定できません。
 ですが,あのすばらしい守備を考えればスタメンのどこかで起用しないのは非常にもったいないですし,特に現在打撃好調ですからなおさらそのようにいえると思います。
 そうすると,個人的には,セカンドに大和さん,センター横田さん,レフト高山さんがいいのではと思っています。まあ,セカンドは西岡さんが座ることになりそうなので,実現しないと思いますが。

 一方,打撃がよい北條さんが二軍落ちの危機があるという記事を見ました。
 確かに,一軍でポジションがないならば,二軍で試合に多く出て,特に懸念の守備をもっと鍛えてもらいたいとも思います。
 ただ,久しぶりに出てきた阪神若手の打撃の頼れる選手ですから,これを一軍投手相手に育てないというのは非常にもったいないというようにも思います。
 守備が心許ないので,そこをもう少し強化できないかと思うのですが,それでも何とか一軍に帯同させて使っていけないものだろうかと非常に悩ましいものです。
 彼は,守備に信頼が置けるようになれば,サードを守らせるなどして一軍に固定させることもできると思いますし,その意味ではどこかで課題の守備を徹底的に鍛える必要があるのだろうと思います。

 ということで,そろそろ開幕に向けてのスタメンが見えてきました。
 徐々に気分が高まってくるのですが,その中でやはり例の金銭問題が陰をさします。
 野球協約に反しないかではなく,一般人であれば問題意識を持つか,刑法等の法律に違反する可能性があるかという点からもう一度考え直してもらいたいと思います。

 また思いついたら書きます。ではでは。

↓よろしければ押していただけるとありがたいです。

阪神タイガース ブログランキングへ
三枝康裕 | スポーツ関連 | comments(0)  | trackbacks(0) | 23:27
 こんばんは。

 昨日読売での公式戦での勝敗に絡んで金銭の授受があったという報道がありましたが,今日阪神と西武さんについても同じような金銭授受があったと報じられました。

 阪神の四藤球団社長が,阪神でも公式戦前の円陣に絡んで同様の金銭授受があったと認めました。
 金銭は1人数千円程度ということで,時期についてはここ数年ということです。
 また,試合前のノックでのミスを対象に罰金を集めていたそうです。
 球団社長によれば,練習の雰囲気を盛り上げていこうとか,緊張感を出そうとか,そういう趣旨もあってやっていたと思うとのことでした。

 昨日述べたとおり,この金銭授受は八百長行為や敗退行為にもつながる可能性を秘めたものであり,試合に出場した選手が行っていい行為だとは思いません。
 確かに,金銭的には低額だったとしても,これを契機に大きな事件に発展することは十分にあり得る話ですし,個人的には阪神でこのようなことがあったというのは非常に残念というほかありません。
 これによって実際の勝敗が動いたということはなかったのだろうとは信じたいですが,それでもこのように小出しに出てくると実態はもっと根深いのではないかと疑わざるを得ず,今の段階で勝敗が動いていないと判断するには至りません。

 今日報じられたところでは,中日さん,ヤクルトさん,横浜さん,広島さん,オリックスさんでは金銭授受や野球賭博はなかったと報じられております。
 中日さんでは,ノックでミスした選手が罰金を出し合うことはあったものの,児童施設に寄付したということでした。
 その点については安心するところですが,それでも調査の仕方や調査の切り口によっては別のものが出てきてしまうのではと邪推してしまいます。
 というのは,既に去年の段階で各球団においてそれなりの調査がなされたものの,その当時には出てきておらず,今になって色々と出ているからです。
 球団側からは,去年調査した当時では選手間の円陣での金銭授受は問題になっていなかったからやむを得ないというようにいわれるようと思うのですが,それはファンの要望する回答と合致しないと思います。
 ですから,円陣問題とは別の問題が発覚した時,他の球団にも飛び火することは十分にあると思われ,その意味では今回のことで安心したということはできないと思います。

 いつになったらこの疑念は払拭されるのか,疑いだしたらきりがない話なので何とも言い難いですが,それでもここまでの事態に発展してきたとなれば,多くのファンの疑念が少なくなるように徹底的に努めてもらうしかないと思います。


 今日は,阪神が今のところオープン戦でセリーグ中打率と防御率がトップであるという,今のところ好調という話題を出したかったところですが,それを誇ることもままなりません。
 まあ,今のところホームランが出ていないので,打率はよくても長打が少ないという欠点は見えるのですが,それでも阪神打線が徐々に変わりつつある,投手陣が安定しつつあるといえるならばよいかと思っていました。
 ただ,今日の騒動が出てしまっては,それを最初に持ってくるわけにはいきません。

 また,野球といえば,捕手のホームでのブロックに関するいわゆるコリジョンルールについて,警告2回で退場になると審判から突然出てきたことも非常に大きな問題だと思います。
 捕手側としては,そもそも慣れないルールですし,とっさの判断でブロックしてしまいがちな気もするのですが,それがまさか2回で退場とは,捕手の控え人数を各球団ともに考え直さねばならないくらいの大事なのではないかと思っています。
 しかも,こんなルールがあったと公表されていなかったと思われ,これが一般的に適用されるのかどうかは非常に大きな問題であろうと思います。
 ですが,それも最初の騒動ですべて持って行かれたと思います。

 もっといえば,私が焦がれていたハンターハンターの連載再開の話題を持ってこようと思っていたものの,それも叶いませんでした。
 休載から1年以上も経過し,ついに満を持して連載再開ということですが,果たして今回は何週連載してくれるのか,非常に関心があります。
 過去の冨樫先生は,10週ないし20週連載して休載に入るという私が勝手に読んでいる「10週ルール」で連載を回していたと思いますが,直近の連載時は体調不良ということで,そのルールも破られてしまいましたから,必ずしも10週ルールは絶対ではないと思えば,果たして一体何週やってくれるのか,これまでの間どれだけ書きためているのか,非常に気になっています。

 と,思いついたことを色々と書きましたが,とりあえず野球賭博問題に関しては,野球界がある程度の血を流しても,全容解明に近づき信頼を回復できるよう,心から願う次第です。

 また思いついたら書きます。ではでは。

↓よろしければ押していただけるとありがたいです。
阪神タイガース ブログランキングへ
三枝康裕 | 阪神タイガース | comments(0)  | trackbacks(0) | 23:37
 こんばんは。

 今朝から,読売の選手が公式戦で金銭授受という問題が取り沙汰されております。
 その詳細についてはいろいろなところで述べられているので,ここでは割愛しますが,この件を聞いた感想は「やはり」という程度のものでした。
 というのは,昨年の笠原さんらの問題が発覚した際,読売の調査報告で,麻雀,トランプ,高校野球などで賭博が行われていたということが公表されており,正直言って今回の件はその延長線上にあり得る問題であろうと思ったからです。

 ただ,この問題が他の賭け事と異質なのは,自分の出場する試合自体が賭の対象になっていることでしょう。
 すなわち,プロ選手は勝つために試合に臨むものですが,この賭によって負けることによって利益を享受することができるという点です。
 勝負に勝つことは難しいですが,負けることは難しいことではないですし,それだけに自分の出場する試合が賭の対象になるとすれば別の賭け事とは全く別の,極めて深刻な問題であろうといえます。

 今回の件について,NPBは,昨年11月に把握しつつも,選手の拠出金が1試合当たり5000円と,プロ野球選手としては少額なため,八百長や敗退行為にはつながらないという判断をした上で,野球協約に禁止されている行為に当たらないと判断したそうです。
 この点,NPBとしては,これを賭博ではなく,社会的なコミュニケーションの一環というようにとらえたということでしょう。
 また,この判断の裏には,これを問題にしてしまえば,読売球団に所属する大半の選手が違反することとなってしまうため,それを避けるべく敢えて協約に違反しないと解釈したのではないかとも思われます。

 確かに何でもかんでも金が絡んだ際に違反ととるのは萎縮ということになろうかと思いますが,一方で今回の判断は非常に基準が曖昧だともいえます。
 すなわち,金額が安いからお目こぼしされたということであるならば,いくらならば許されていくらならばだめなのかということが分かりません。
 もちろん,八百長や敗退行為で得られる利益と失う額を比較して,5000円であれば失う額の方が大きいと考えたといい比較考量が背景にあったのだと思いますが,毎試合これを行っているとすれば1回の掛け金が10万単位にまで及んでしまえば,高額年俸の選手でもなければ敗退行為に及んでしまうことも懸念されることになるでしょう。

 また,この金額までであれば賭け事も許されるという逆説的な解釈をする者が出てきても仕方がないと思います。

 NPBは,金銭授受については,野球協約に違反しない者の,金銭授受を全面禁止と厳しく通達すると述べていました。
 ですが,協約違反ではないのに通達とは,結局モラルを守りなさいという程度のことなのでしょうか。
 だとすれば,結局このような行為を裏で続ける人は続けると思いますし,それが発覚しても道徳的によくないという批判がなされるに止まるだけということでしょうか。
 その批判に何の意味があるのかということにもなってしまうように思います。

 個人的には,この金銭授受も八百長や敗退行為につながる可能性はあったと思います。
 NPBの理屈や考え方もある程度理解はするものの,結局賭け事が野球界に蔓延しており,その延長線上に今回の件があったと思います。
 私は日頃破産者などを見ていますが,彼らは初めから大きな金額をかけたりしません。徐々に賭け金が大きくなっていくのです。
 おそらく,初めは賭け事をするかどうかについてある程度の逡巡があったと思いますが,一方一度そのハードルを越えてしまうと金額のハードルは割と簡単に越えられてしまうように思います。
 そうすると,少額でも自身の出場する試合に関する賭け事を許せば,結局そこから多額の賭け金が絡む八百長行為や敗退行為につながることとなったでしょう。
 そして,そのように一般の野球ファンはみな心配すると思います。

 この件については,説明をする人によって色々と情報が様々あり,結局今のところ正しい事実関係のすべてが見えてきておりません。
 また,他球団も大なり小なりこういったことがありそうで,そのようなことがファンの野球離れを加速させる要因につながりかねないと思います。
 個人的には,野球協約に違反するかどうかは別として,賭け事であってかつ大規模化する可能性がある以上,警察権力による捜査がきちんとされないともはや誰かが物事を隠していると邪推され続けてしまうことになるだろうと思います。
 特に,NPBの理屈の調査に協力しない者が散見され,そのために全容解明が進まないということであれば,ある程度強制捜査権をもってして解明しなければ本当の問題点に到達することはできないのではないかと思います。
 国民的娯楽であるプロ野球にそのような権力が介入することは本来なじまないことですし,そういうことはあってほしくないと思いますが,このように小出しに問題点が発生し,そのたびに責任があったかどうかという話が生じるくらいであれば,もはや早い段階ですっきりさせてもらいたいという気持ちが強くあります。

 また思いついたら書きます。ではでは。


↓よろしければ押していただけるとありがたいです。

阪神タイガース ブログランキングへ
三枝康裕 | スポーツ関連 | comments(1)  | trackbacks(0) | 23:51
 こんばんは。

 今日のオープン戦ですが,日ハムさんとの試合で,藤川さんが5回無安打無失点の好投を見せました。

 今日の藤川さんは,直球は最速145キロでしたが,緩急自在,低めによく制球できておりました。
 直球が145キロ,140キロ前後が大半と,全盛期には球速こそ及ばないものの,それでも球の回転がいいため,球がホップしているように見えたと思います。
 そして,それがきちんと制球されていますから,こういった成績になっていくのでしょう。
 この今の状態でもこれだけ球が前に飛ばないとなると,全盛期は一体どうだったのだろうかと改めて彼の実力を思い知らされます。

 また,5イニングではありましたが,今見ている限りでは体力的な問題はそこまでクローズアップされるべき問題ではなさそうです。
 もちろんシーズンに入っていって,特に夏場を迎える辺りになれば,今のような活躍を続けることができるのかというのはまだまだ未知数ではありますが,それでも実力から見れば十分ローテ入りは合格といえる内容だったように思います。

 個人的には,正直言ってここまでできるとは思いませんでした。
 それは,日本を離れる前,結構抑えで失敗していたことがありましたし,メジャーに行っても怪我で思うような活躍ができなかったこともあります。
 さらに,今回挑戦するのは先発ですから,これまで中継ぎを中心にやってきていて,去年はプロリーグでは投げませんでしたから,果たして機能できるのか心配でした。
 しかし,私の浅はかな見立てを裏切るような成果を今のところ出しております。
 このまま先発ローテーションの一角として一年間稼働してくれれば,阪神の勝利は見えてくるというものです。

 ただ,前にも書きましたが,スタミナの都合上,おそらく藤川さん起用のためには,保険として中継ぎ陣を控えさせておく必要があると思われ,その点は他の投手を起用するよりも降板の見極めは当分必要となるでしょう。
 下柳さんを思い出しますが,彼のように長く働いてくれる投手になってくれればと思います。


 また,今日はドリスさんが三者連続三振と活躍してくれました。
 今のところマテオさんが抑え起用の可能性が高く,ヘイグさんがサードに収まるようであればドリスさんは外国人枠の都合上二軍で控えざるを得ないのですが,それが残念と思えるほど彼の今日の活躍はすばらしかったと思います。
 ただ,ドリスさんについては,球威は十分ですが,もう少し安定した制球力を求めたいところです。


 打つ方では,これまでサードスタメンとして期待されつつもなかなか成果が出なかったヘイグさんが2本ヒットを打ち,さらにゴメスさんと福留さんにもヒットが出ました。
 福留さんは2塁打ということで,彼については去年の活躍があるから心配はしていなかったものの,中軸打者がこのように打つ展開はやはり安心できます。


 また,北條さんがタイムリーに2塁打と活躍しました。
 この調子であれば,北條さんは十分開幕一軍はありうるのではないかと思っています。

 北條さんのような将来性のある選手を使わないのはもったいないと思いますが,一方どこの枠で使うのかというのは非常に難しい問題です。
 大和さんの起用方法ですが,どうやら開幕センターがあり得るそうです。それは,その守備力がレフト起用濃厚の高山さんをカバーできるということ,そしてオープン戦で高打率を残していることからです。
 そうなれば,セカンドは,上本さんと西岡さんの一騎打ちですが,上本さんは今打撃絶不調で,ほぼ西岡さんに内定しつつあります。
 ただ,西岡さんの守備を見ると,痛めた肘の影響からか,やはり不安が見受けられる時もあり,1年通して活躍することは難しいかもしれません。
 そういうところで北條さんの出番がやってくる可能性が十分にあるのではと思っています。
 これだけの好調ぶりを誇る選手を寝かせておくのは非常にもったいないと思うので,何とか彼を起用する道を模索してもらいたいものです。

 ちなみに,大和さんをセンター起用する案は,守備力の意味では非常によいと思うのですが,一方横田さんを使えないという問題もあります。
 今日も横田さんはよかったですし,また決定力もありますから,打撃の切り札としてどこかでちゃんと使いたいものです。

 ただ,若手が伸びてきて,誰を使ってよいか困るというのは,非常に贅沢で,かつうれしい悩みです。
 一昔前の阪神では,若手の台頭というものを意識することがほとんどありませんでしたが,久しく抜け落ちていたこのような感覚が本当にうれしいと感じるものです。

 また思いついたら書きます。ではでは。

↓よろしければ押していただけるとありがたいです。

阪神タイガース ブログランキングへ
三枝康裕 | 阪神タイガース | comments(0)  | trackbacks(0) | 17:47
 こんにちは。

 昨日は震災から5年ということで,月日の経つのは早いと改めて実感します。
 あの当時,警察署から帰る道の車の中で震災を迎えましたが,走行中の車でも揺れを感じるくらいのもので,今考えると本当に異常な規模なものだったと思います。
 あれから月日は経過したものの,元に戻ったものとそうでないものとが色々あり,私も仕事の中でそういうものについて実感させられることもままあります。

 今日のニュースを見ていたら,そんな震災の遺構である旧中浜小学校のの校舎に無断侵入してサバイバルゲームをしたとして,地元の男性9名が任意で捜査を受けているというものをみました。
 サバイバルゲームがなされたのは,震災に近い3月10日だったということで,防災教育の場を遊びに使ったことについて非難が出ているということです。
 調べに対して,男達は侵入を認めているということでした。

 男達の年齢は18から23歳ということで,まさに震災時に学生時代を過ごして大変な思いをしていた経験のある人たちだと思います。
 そういう人たちがこのような施設内で震災の日に遊んだというのは,ある意味非難を受けても仕方ないと思います。
 場所もそうですが,日の選び方も問題で,何もここまであわせてこなくてもと思えてしまうくらいの問題だろうと思います。

 もちろん,動機は安易なものでしょうが,しょうもないといわれてしまうことになるでしょう。
 また,このことはしょうもないという一言だけではなく,震災遺構の管理や取扱についてルール作りがなされるきっかけにもなるかも知れません。
 そうなれば,まったく問題なく暮らしている人たちに対して余計な負担をかけることにもなりかねませんし,その意味でも猛省されるべきでしょう。
 そのほか,サバイバルゲームというものに対する世間の見方も批判的になってしまえば,ルールを守ってサバイバルゲームをしている人たちにとっても迷惑でしょう。

 ただ,彼らを代表例ととるのは違うのかも知れませんが,もしかしたら地元の方々にとっての震災遺構というのは我々の考えるそれとは意味合いが違うのかも知れないというようにも思いました。
 彼らの考えは普通の地元民とは違うのかも知れませんが,震災遺構を考える上で地元の方々の見解をもっと大事にしてもという様にも思いました。


 阪神は,今日は日ハムさんとオープン戦で戦いましたが,今日も高山さんがヒットを打ちました。
 今日も長打ではありませんでしたが,バットコントロールについてはやはり非凡な才能があるように思われます。
 これだけの素材を育てられなければ球団側に落ち度があるとすらいわれてしまうように思われ,阪神としてはむしろ責任が重いように思います。

 また,横田さんと北條さんも打ちました。

 横田さんは,本当にこのところよく打ちますが,この調子がどこまで続くのか,開幕まで持つのか,それが見所だと思います。
 この調子が続けられるのであれば,長打の魅力もありますし,多少守備に目をつぶってもというように思ったりしてきてしまいました。
 少なくとも,今のままでは,江越さんのスタメンは危うくなってしまっているように思います。

 北條さんの打撃ですが,この試合前はオープン戦5割と非常に好調で,勝負強さを感じます。
 藤浪さんの入団時のドラフト2位でしたが,それ以来ずっと鳥谷さんが抜けた後のショートとして注目してきました。
 打撃については,他の内野選手より一つ頭抜けた存在のように思われ,この調子が続けられれば十分一軍での起用はありうると思います。
 問題は,ポジションが空いていないことでしょうか。
 鳥谷さんは健在ですし,セカンドは西岡さんや上本さんが熾烈な争いをしていますから,サードのヘイグさんがよくないということであればサード起用はあり得るかというところだろうと思います。
 守備をみれば若干心許ないところもありますが,それでもそこは一軍での経験を積めば十分なレベルになる素材であると思われ,個人的には北條さんを一軍に帯同させてもらいたいと思っています。

 メッセンジャーさんは,中田さんの一発を打たれたものの,5回1安打1失点と非常によい出来でした。
 ストレート,変化球ともに制球力がよく,これならば開幕投手として自慢できると思います。

 マテオさんも失点することなく安定していましたし,とりあえず投手陣はよかったと思います。

 一方,個々の選手の打撃を取り上げたものの,打つ人は打っても打線として繋がらず,無得点で試合は終了しました。
 これは,ヒットが繋がらないからとみるべきか,それとも長打がなかったからというべきか,なかなか困ったものです。
 今年の阪神は,ヒットを打てる選手がいるという意味では去年より打撃が改善されているものの,依然として長打にはなかなか繋がらず,そこは弱点であろうと思います。
 それでも,ヒットの延長線上が長打と考えれば,まずは塁に出られる人が増えたことはよいことと思うこととします。

 また思いついたら書きます。ではでは。

↓よろしければ押して頂けるとありがたいです。

阪神タイガース ブログランキングへ
三枝康裕 | ニュース | comments(0)  | trackbacks(0) | 16:53
 こんばんは。

 今日の記事を見ていたら,睡眠時間に関するものがあったので取り上げてみました。

 ワシントン州立大学では,睡眠時間とその効果にまつわる研究のため,8時間寝るグループ,6時間寝るグループ,4時間寝るグループ,連続して徹夜するグループに分けて2週間に及ぶ研究をしたそうです。
 そして,参加者達の反応時間や脳はパターンを計測し,彼らにどんな気分かというアンケートも実施したそうです。
 その結果,研究チームによれば,6時間かそれ以下の睡眠時間を続けることで,認識能力が2日間徹夜した人達同じレベルまで下がってしまうということがわかったそうです。
 また,人間の体は,毎日2時間睡眠が短くなることで,2週間後には48時間起き続けているのと同じ状態になってしまうということでした。

 ここでいう睡眠時間が万人に適用される標準的な睡眠時間を示したものなのか分かりませんが,この研究の限りでは6時間を超える睡眠をとることが重要で,それを下回る睡眠時間しかとれない場合は徐々に徹夜をした状態に近づいていってしまうということでしょうか。
 そうすると,睡眠時間の目安を考える時,6時間というのは一つの指標になるように思いますが,これは以前からいろいろなところでいわれてきた時間のようにも思います。
 とはいえ,色々な都合でこれが守れていない人も多いと思いますし,そのような生活スタイルは本来人体とはあわないものなのかもしれないと思ったりしました。
 ただ,人体の都合と生活を営むための都合はまた別問題なのかもしれません。

 私自身,時々寝付きの悪い日があったりして,そういう翌日は一日体調不良を引っ張る日があるのですが,それもこの研究結果を見ればなるほどと頷けます。
 ただ,この研究結果を頭に入れてしまうと,眠れない状態に焦ってしまい,寝付けない夜に余計寝付きづらくなってしまうようにも思います。
 そういうことを考えれば,別の研究結果や,寝付きが悪い日の翌日でもそれなりに成果が上げられたという体験などを思い出したりして乗り切るしかないのかなと思ったりもしました。

 ちなみに,どこかの研究結果で,寝だめはできないとか,睡眠時間が短かったので別の日にその分寝て補填しようとしてもできないというようなことを聞いたことがありますが,それではこの研究結果のように6時間を下回る睡眠時間が蓄積してしまった人はどのように解消すればよいのでしょうか。
 今のままでは傷口が大きいということだけが分かっているだけなので,どなたかその打開策も研究して教えてもらいたいものです。


 一昨日のオープン戦で2回1失点にまとめた島本さんですが,先発6番手候補に急浮上したという記事を見ました。
 金本監督は,ストレートがよいと高評価を与えていましたが,先発6番手に島本さんが入ってきたと述べていました。

 島本さんは,育成から上がってきて,去年の今頃の時期に去年のシーズンを中継ぎで活躍できるのではないかと期待していたのですが,一軍に定着するまでには至りませんでした。
 ストレートに力があり,制球力もよく,スライダーとフォーク,シュートが使える投手という印象です。
 こういう良質の左投手が出てきてくれるのは非常にありがたいですし,特に左投手の育成に定評のある阪神ではこれからどんどんすばらしい投手になっていってくれるのではないかと期待しております。

 ですが,これまでの実績を考えると,先発6番手は早すぎる気がします。
 特に,2014年は先発として起用されていたと思いますが,それ以外は基本的に中継ぎとして活躍していた投手ですから,その使い方もまだ定まっていないように思われ,先発6番手という大役を任せるにはもう少し役割を固定して様子を見てからにしてもらえたらと思います。
 特に,今年は,キャンプ序盤で足を痛めてキャンプをリタイヤしてしまっており,その調整はある程度はうまくいっていると思うもののまだ万全ではないと思われ,そうであればこそもう少し様子を見てもという気がするのです。

 個人的には,去年神宮球場でブルペンから見ていた時からやれる人だと思っていますし,強く期待もしています。
 それだけに,中途半端な状態で一軍で先発をして,結果が出ずに長期間二軍で調整などという事態になることは避けたいと思います。
 ですから,まずは中継ぎで結果を出せるか,もしくは先発として長いイニングをオープン戦や二軍戦で結果を出せるかということから見極めていってもらいたいと思います。

 また思いついたら書きます。ではでは。

↓よろしければ押していただけるとありがたいです。
阪神タイガース ブログランキングへ
三枝康裕 | よろずごと | comments(0)  | trackbacks(0) | 00:26
2016.03.10 Thursday
 こんばんは。

 今日のニュースを見ていたら,月の表面に人工物ともいえるものが見受けられたというものがあったので,取り上げてみました。

 写真の解析によると,クレーターの上に白いものが見受けられたということでした。
 この白いものは,土が敷き詰められているということで,大きさは5600メートルにも及ぶということでした。
 人工物といわれている根拠の一つは,天空に向かってそびえている物体ではなく,天井付近に返しのようなものがついているからということでした。

 ネット上では,この人工物について,ファイナルファンタジー4のラストダンジョンのようだというようにいわれています。
 このゲームのネタバレをあまりしないようにと思っていますが,このゲームの最後は月に行き,その地下に向かうという展開があります。
 このゲームでは月の地下に向かっていくというものですから,そびえ立つ建造物とはやや違うものではありますが,それでもいわれてみれば何となく思うものはあります。

 月に建造物があるとなると,やはり宇宙人などを思い浮かべるものです。
 先日宇宙兄弟という漫画を読みましたが,あそこで描写されることが正しいかどうかは別として,月面があの漫画のような環境であれば何か生物などがいるようにはとても思えません。
 ですが,今回のものを見る限り人工のものであることを疑うのはある意味当然であり,その意味ではロマンを感じます。

 先日,宇宙の端が見つかったなどという報道を見たことがありますが,宇宙のことを考えると私が日頃抱えている法律問題など些細なことになってしまうようにも思います。
 ですが,一方で,宇宙は素粒子から成り立っていることを考えると,こういう些細と思えることをきちんと成立させてこそ宇宙は成り立つものなのではないかとも思ったりもします。
 結局目の前のことに取り組むしかないのですが,それでも宇宙への興味は尽きないなと改めて思いました。


 阪神ですが,オープン戦を見ているとドラフト1位ルーキーの高山さんが期待以上に働いていると見受けられます。
 オープン戦は6試合連続安打ということで,プロの投手に対しても対応力の違いを見せつけてくれています。
 もう少し慣れてくるともっと長打が出てくると思いますし,このルーキーはやはりただ者ではありません。

 一方,横田さんが3打点ということで,非常に勝負強いところを見せています。
 前も何度も言いましたが,横田さんにはこれまでの阪神になかった決定力を持っていると感じます。
 これまでの阪神は,いいところにランナーをためてもこれを返せない,それなのに大量リードの時はよく点を入れるという傾向が見受けられましたが,横田さんの打撃はこの傾向を打ち破るもののように見えます。
 横田さんの守備を見ていると改善点が多く,スタメンで使うにはややためらいがあるというのは事実ですが,もしも今のように江越さんの調子が挙がらない状態が続くのであれば,センター高山さん,レフト横田さんというのは決してない話ではないように思います。
 もしもそうなると,センターとショートの負担が大きいと思われ,特に守備に衰えの見受けられ始めた鳥谷さんには重い負担のように思えます。
 ですから,レフトに横田さんを起用するにしても,もう少し守備が上達したらというようには思うのですが,それでもこの打撃を見れば二軍で調整させ続けるには惜しい,実戦でこそ光るというタイプのように思えてなりません。
 できれば,このまま開幕一軍を勝ち取ってもらい,まずは代打,そこから徐々に活躍の場を拡大させていってもらいたいと思います。

 その他,今日は岡崎さんが注目されました。
 岡崎さんは,これまで一軍の活躍はほとんどなかったのですが,今年のキャンプから突然正捕手候補筆頭として名前が挙がってきました。
 もともと強肩で,かつ32歳ということでベテランですから捕手としての技術はあると思いますし,あとは打撃が追いついてくればという選手でした。
 それが,ここにきて打撃が開眼し,今日は2塁打2本と非常に好調でした。
 金本監督も,矢野コーチが一番評価しており,打撃さえよくなったらレギュラーに最も近いと述べており,その期待度も非常に高いことが窺えます。
 個人的には,梅野さんや坂本さんのような若い選手がもっと成長してくれれば,阪神の捕手問題は当面解決するようにも思うのですが,結局まだ1年を通して任せられませんから,こういう選手達の力を借りつつ若い選手の成長を促すのが現実的な路線なのだろうと思います。
 現在オープン戦での打率は4割5分5厘と非常に好調すぎるくらいで,この調子でいってくれれば捕手を8番に置くという決まり切った打順も変えざるを得ないくらいの贅沢な打線を組むことができるかもしれません。
 こういったベテラン選手が覚醒して主力候補に躍り出るというのは,個人的にはわくわくする展開でもありますので,とても期待しています。

 阪神の選手には多少怪我は出ているものの,今は順調な方ではないでしょうか。
 また,打撃も去年よりよくなっているようにも思えるので,マートンさんの抜けた穴を埋める以上に強い打線が築けると大変ありがたいと思います。

 また思いついたら書きます。ではでは。

↓よろしければ押していただけるとありがたいです。
阪神タイガース ブログランキングへ
三枝康裕 | よろずごと | comments(0)  | trackbacks(0) | 23:44
 こんばんは。

 去年大きな話題の一つであった野球賭博問題ですが,本日読売の高木京介投手が新たに野球賭博を行っていたということで,読売からNPBに告発されました。

 高木さんは,当初,笠原さんに名前を貸していただけで,笠原さんが自分の名前を使って野球賭博をしていたのであって自分は関係ないと述べていたそうです。
 しかし,高木さんは,これが作り話であると認め,野球賭博を認めたと言うことでした。

 これに伴って,ナベツネ最高顧問,白石オーナー,桃井球団会長も辞任することになったということでした。

 正直言って,今出てきたかということは思うものの,新たに出てきたこと自体に特に驚きはないというのが第一印象でした。
 去年なされた野球賭博の調査では,先の3名以外にいないという調査結果が述べられていましたが,これについては信憑性を疑っていましたし,これで幕引きをしようというのであれば野球界の自浄作用というものは期待できないと思っていました。
 ですから,今回新たに出てきたとしても,「やはりか」ということを思うばかりで,「なぜこんなことに」というようには思いませんでした。

 むしろ,かつての調査は一体何だったのか,一応の調査の形をとった上で,世間には賭博問題に向き合っているというポーズをとっただけのように思えます。
 今回の件が球団自らの内定調査の末に出てきたものであれば読売という球団に自浄能力があると思えるのですが,どうやら今回の件の裏には週刊文春の調査があるようで,結局他者からいわれるまで何もしなかったことになります。

 これが,もともと球団が把握していてとぼけていたのか,それとも本当に気づいていなかったのか,いずれにしても大いに問題だと思います。
 もしも気づいていないとすれば,どれだけお粗末な調査をしていたのかということになるでしょう。
 すなわち,通常調査を行うに当たっては,外部から行うよりも内部で行った方が重要情報が入手しやすいことはいうまでもなく,週刊文春側の調査としては読売が行う調査と比較して入手しうる情報に格差があります。
 ですから,読売が本気で調査をすれば,文春以上の情報を得ることは当然できたはずであり,しかもこれだけ球界の未来に関わる話ですから読売は本気で取り組まなければならなかったと思います。
 ですが,結局他者からいわれて初めてこの問題に気づいたのだとすれば,形ばかりの調査を行って世間に調査をしたとアピールしたのみであり,世間を欺いたといわれても仕方ないでしょう。

 そして,それだけの問題があると認識したからこそ,ナベツネさんほどの地位のある方が辞任するということになったのでしょう。
 それは,ある意味,先のオリンピック競技場問題や原発問題で誰も責任をとらない状況から見れば,まだ責任感ある対応だったということができると思います。
 まあ,比較対象が低すぎる者達ですから,それと比較すること自体失礼だと思うのですが。

 以前から出ていた噂を見る限り,もしも本気で調査をするならばこの騒動が高木さんだけで収まるとは思えません。
 そして,今のところ読売投手陣の範囲内の問題のみですが,本気で調査がなされれば私は読売打者陣どころか他球団にも影響が及ぶ問題に発展するだろうとも思っています。
 ただ,万一阪神からそのような選手が出たとしても,私は問題が一掃されるためであればやむを得ないと覚悟しています。
 今回問題として挙がっている高木さんは読売の中では優秀な中継ぎ投手であり,今年の戦力として計算していたでしょうから,読売のチーム構成としては大きな痛手だと思います。

 このようなことが起こりうると予見していたから,原さんが辞め,高橋さんが引退して引き継ぐことになったのではと思ってしまいます。
 私は高橋さんは好きな選手だったので,できればこんな問題でスケープゴートのように苦労させられるくらいだったら,この賭博の責任をとるなどの名目で一緒に辞任して解放させてもらった方がよいのでは思ったりもしました。
 ただ,責任感の強い彼のことですから,そういうわけにはいかないのでしょう。

 去年のクライマックスシリーズの阪神読売戦を東京ドームで3試合すべて観戦しましたが,そのうち観客席から,登板した読売の投手に対して
「いくら渡したら打たせてもらえるんだ」
「(打者が)打てるかどうか賭けよう」
「どっちが勝って決まってるんだ」
「この試合のオッズはどうなってるんだ」
などというたくさんのヤジが飛んでいました。
 座っていた席の問題もあるのは分かっていますし,中には擁護できないような下品なヤジもあるのは承知しています。また,その多くが芯からの言葉でなく,ただのヤジレベルであることも理解しています。
 ですが,このようなヤジの内容の一部でも,観客にとって事実だと思われてしまえば,もはや試合は成り立たなくなりますし,プロ野球に見向きもしなくなってしまうでしょう。
 賭博をした人達にとっては自分の財布の問題でしょうが,この事件は歴史を積み重ねて国民的スポーツに発展した野球を終わらせる可能性を持つ重大事件であると思っています。
 そして,これが重大事件であるからこそ,ナベツネさんほどの地位の方が辞任することになったのだと思います。
 もしも浅はかな嘘をつき続けてこれ以降も外部からの調査によって賭博をしたという人達が発覚してくれば,読売はこれ以上辞める人は高橋監督くらいしか出せないのではないかと思います。

 今プロ野球はオープン戦真っ最中で,これからシーズンへ向けて調整を行っているところです。
 ですが,その容疑者達はこの一件が気が気ではなく,練習に身を入れづらいと思います。
 もちろん,自らそれを述べてしまえば,これまでの自身の人生の意義の大半を見失うことにもなるのだろうと思うのですが,それでも後から発覚すれば巻き込むものが多すぎると思うので,自ら申告をしてもらいたいと思います。

 また思いついたら書きます。ではでは。

↓よろしければ押していただけるとありがたいです。
阪神タイガース ブログランキングへ
三枝康裕 | スポーツ関連 | comments(0)  | trackbacks(0) | 23:37
 こんばんは。

 今日のニュースを見ていたら,暴力団組員を装って現金600円を脅し取ったという容疑で男が逮捕されたというものがあったので,取り上げてみました。

 この事件は,夜に帰宅中の男性に対して,男が「何見とんねん。若頭やぞ。」「事務所行くか。」などと脅して現金600円を脅し取ったという容疑です。
 男は当時酒に酔っていたそうで,「冗談のつもりだった」と容疑を否認しているそうです。

 この事件,恐喝ということで逮捕されていますが,脅し取る意思で脅す行為を行った上でお金を取ったのであれば,金額如何を問わず恐喝が成立するので,金額は安いですが問題であるといえましょう。

 ただ,割と大きな問題なのが,本人が「冗談のつもりだった」とお金を取る意思がないという供述です。
 例えば,脅す行為までは本人の意思だったとしてもお金を取るつもりがなかったという場合,脅された結果として被害者側が任意にお金を置いていったというとき,恐喝の故意まではあるのだろうかということは非常に大きな問題です。
 犯罪が成立するための要件である故意は,脅し取る意思ですから,脅す意思までで止まりお金を取る意思まではなかったということであれば,故意はないという認定になるのかもしれないと思います。

 この事件で男に故意がなかったといえるかどうかは,犯行当時の男の脅迫文言がどのようなものであったかという点が大きな手がかりになると思います。
 例えば,男が脅迫をする時,自分が暴力団組員であることをにおわせるのと同時にお金を要求したかどうかということでしょうか。
 脅迫された側としては,ただ因縁をつけられたのか,それともお金まで要求されているのか,それを判断しようとするでしょうが,もしもただ因縁をつけられているというに過ぎない場合,お金を任意に渡すのだろうかというのはいささか分からないところがあります。
 ですから,被害者がお金を渡すという行動に出る動機は男の脅迫文言によるところがあると思われ,そうだとすれば男がどのような脅迫文言を発したのかは大きな手がかりになると思いました。
 その他,言葉に出さなくとも,仕草から明らかにお金を要求しているという場合もあるでしょうし,そういった総合的な判断から男に故意があったかを考えていくのだろうと思いました。
 ただ,一方で,本当に暴力団組員ならば,600円という小学生のお小遣いレベルの金額で見逃してくれるのかという疑問もあり,その意味では実情がどうだったのか,それは分かりません。

 最近暴力団関係の事件をよく耳にしますが,それだけにこういった事件は冗談だったとしても世間的に厳しい取り扱いを受けるように思います。
 酒に酔った勢いだったのだろうと思いますが,酒を飲む時はいっそう気をつけねばならないと私自身思い直しました。


 阪神のメッセンジャーさんといえばラーメン好きで有名ですが,そんなメッセンジャーさんに福岡で取材がなされた際
「投球のテーマ?練習だから投げるだけ。特にないよ。古河市ニンニクの黒豚骨の店に行きたいんだけど店の名前を忘れてしまった。博多もいいけど,太い面が好きだから横浜が最高だね。」
と述べたという記事を見ました。

 まず思ったことは,発言内容はおおよそ正しいのだろうと思いますが,翻訳がフランクすぎるという点です。
 私は仕事上外国語の翻訳文をよく見ますが,翻訳文は翻訳者の個性によって色々と文章のニュアンスが変わってくるとよく感じます。
 この翻訳,メッセンジャーさんの気さくなところはよく出ていると思いますが,若干不真面目な感じにもとれなくはありません。
 まあ,あのキャラクターだから別にこのくらいの訳でいいのかもしれませんが。

 しかし,彼は非常にラーメンが好きで,おそらく私などよりも相当詳しいことでしょう。
 話によれば,登板の前日にはラーメンを食べるそうで,もやしを入れると味が薄まるから抜きにしてもらうとか。
 個人的には,ラーメンは体にあまりいいというイメージがないので,野菜がふんだんに入っているものを食べて自分にこれは体にいいものだといいわけをしているものですから,ラーメンから野菜を抜くというのは考えられません。
 ただ,そういう食べ方を色々と研究しているくらい,本当に好きなのでしょう。

 日本に来る外国人選手が日本になじんだなと感じるのは,日本の食事を好んでいるところを見た時です。
 ブラゼルさんはよく牛丼を食べていましたが,ああいうものを食べているところを見ると何となくできるだけ長くチームにいてほしいと思ってしまうものです。
 メッセンジャーさんに対しても同じような感情を持っていますが,彼が現役を引退したら果たして国に帰るのだろうかと思ったりもします。
 もちろん故郷に帰りたいという希望もあるでしょうが,一方本当にうまいラーメンは日本にしかないでしょうから,時々日本に来たりするのでしょうか。
 これだけ貢献してくれたメッセンジャーさんですから,シーツさんのように今後も阪神関連で仕事をしてくれると大変うれしいのですが,もしもそうしたら時々ラーメンを食べに日本に来てもらいたいものです。

 また思いついたら書きます。ではでは。

↓よろしければ押していただけるとありがたいです。

阪神タイガース ブログランキングへ
三枝康裕 | ニュース | comments(1)  | trackbacks(0) | 23:41
 こんばんは。

 今日の阪神は,読売を甲子園で迎え撃ちました。
 オープン戦とはいえ,やはり相手が読売となると注目したくなるものです。
 そして,結果は勝利しました。

 この時期の結果は気にする必要はないとはいえ,やはり読売相手だと特別な何かを感じます。
 ただ,今日の勝利は,先発の内海さんがよくなかったところで,阪神打線に流れがやってきて,流れのまま打って大量得点というものでしたから,本当の意味で阪神打線をほめられるかというとやや微妙だと思います。
 というか,敵ながら,内海さんは果たして今年は大丈夫なのだろうかと心配してしまいました。
 読売の先発投手陣の台所事情を考えた時,内海さんは必要な人材であると思われ,それがこの時期とはいえあの仕上がり具合ですと心配になります。

 一方,阪神先発の藤川さんですが,4回3安打1失点とまずまずの成績だったと思います。
 直球を見ていると,すべて140キロ前後で,やはり往年の150キロ近いストレートを見ることはできなさそうです。
 しかも,先発となれば長いイニングを投げるのですから,体力の配分を考えればやはり150キロのストレートを見ることは難しいのでしょう。
 また,今日は三振でのアウト1つだけで,やはり往年のように空振りをとっていくスタイルとは違うということでしょう。
 一方,今日打たれたのはほぼ変化球ということで,直球の出来は悪くはなく,変化球にやや課題ありというところでしょうか。
 変化球の制球自体は安定しているとは思いましたが,変化球の方が狙いやすいということなのでしょうか。
 ただ,140キロ前後のストレートでもそれなりに抑えられているところを見ると,やはり球の回転がよいのは健在なようで,あとは先発としてのペース配分,そしてシーズン通して投げられるスタミナというところでしょうか。

 私は,藤川さんのスタミナなどは分かっていないのですが,昔の下柳さんのように,5回か6回まで試合を作って,中継ぎに託すというスタイルになるのでしょうか。
 もしもそうだとすると,藤川さん先発の試合では,藤川さんの出来は当然のこと,先発の段階で既に継投についても考えないといけないということになろうかと思います。
 その意味では,去年の阪神の弱点である中継ぎ投手陣に頼る場面が頻繁に出てくることは大丈夫なのだろうかと心配するところもあります。

 阪神の2番手投手の守屋さんが2回2安打無失点と活躍しました。
 彼は,一昨年のドラフト4位でしたが,去年は登板がなく,今年はどうなのだろうかと思っていました。
 それが,今日の投球を見ると,持ち味の速球が私の想像以上に速くてびっくりしました。
 ただ,制球力に不安があるようで,シュート回転してしまっている傾向があると思います。
 それだけに,今日の成績は,どちらかというと守備に助けられたという面も強く,まだ1軍で使うには危ないかというように思いました。
 ただ,速球を見ている限り,ロマンを感じる人材ではあると思うので,その意味ではこれから出てきてほしい人だと思います。

 打つ方では,高山さんがよかったと思います。
 彼は,今日は2安打放ちまして,徐々にその片鱗を見せてきていると思いました。
 1本は不調の内海さんからですが,2本目は読売の自慢の中継ぎである山口さんから,しかもスライダーから放っており,その意義は非常に大きいと思います。
 山口さんほどの左投手の投げる外に逃げる変化球を,初対戦の左打者が打てるというのは非常に驚かざるをえません。
 高山さんについては,フリーでの調子のよい打撃を見ていると,パワーはあるのだろうと思っていましたが,1軍投手の投げる変化球にどこまで対応できるかが問題と思っていました。しかし,今日見ている限り,変化球への対応力もなかなかのものを持っていると思われ,これが六大学でも名を残す活躍をした人材かと思いました。
 今まで見ている限り,正直言ってタイプは中距離打者というところだろうと思いますが,もう少しプロの野球に慣れてきたら長打も打てるようになるのだろうかと期待しております。

 これだけ高山さんが打てるならば,外野のスタメンはほぼ確定といってもよいのではないかと思います。
 セカンドは西岡さんがとりそうな気配ですが,そうすると大和さんがセンターに座るべきかと思いますし,そこでレフトに高山さんが入れば非常に守りも堅く打線も活気づくかと思います。
 見ている限り,高山さんは,守備はなかなか安定感があるように思われ,足の早さも考えれば,現時点で外野守備を任せることにそこまで大きな不安はないように思います。

 他の外野手争いを見ていると,今のところ高山さんの次は緒方さんがリードしているように思われます。

 江越さんは,二軍に落とされたものの,二軍では順調に活躍できているところを見ると,福留さんの言う一軍の壁というのを超えられるかどうかが江越さんの課題というところだと思います。
 その壁を越えられなければ,これまで阪神にたくさんいた二軍で大活躍するばかりで終わっていってしまう選手達と同じようになってしまうと思うので,江越さんは今が正念場でしょう。

 横田さんは,打撃は非常に期待しているものの,守備についてはまだまだというところで,これが安定しないと今の外野手争いでは脱落してしまいかねないと思います。
 素材はすばらしいものがありますが,それでも総合力で上記の人達を現時点で超えているとは思えず,今の段階ではスタメンどころか開幕一軍に残れるかどうかの当落選上というところでしょう。
 個人的には,伸びてくる人材と思うので,どんどん使ってもらいたいのですが,そのためには厳しい外野手の中での争いがよいのか,それともいろいろなポジションの守備ができるようになった方がよいのか,悩ましいと思います。
 ただ,外野守備を見ている限り,器用な選手というわけではないように思われ,いろいろなポジションの練習をするとむしろ崩れてしまうのではという危惧もあります。

 板山さんは,外野争いをしている中ではもっとも伸び代はありそうですが,現時点ではまだ様子見でしょうか。

 個人的には,最大の問題はサードだと思います。
 ヘイグさんが計算できるのかどうかによって大きく変わってきますが,今のところ新井良太さんを見ているとスタメンを任せるのに不安であるといわざるを得ません。
 ヘイグさんがだめとなれば,今成さんと新井良太さんの併用ということになると思いますが,両者とも決定打を欠き,今の阪神のポジション決めの中でもっとも人材の観点からも悩ましいと思っています。
 陽川さんの守備を見ている限り,サードに回すように練習を始めさせてもまだまだ時間がかかることは間違いないと思いますし,北條さんがどこまで育つのかというのもまだ分かりません。
 ヘイグさんの出来というピースが埋まれば,今年の阪神のスタメンの形がほぼできあがると思うのですが,こればかりは新外国人だと何とも分かりません。
 ヘイグさんは2軍では打ったようですが,江越さんと同様1軍で通用するかが問題なので,これからそれを見極める必要があるでしょう。

 とりあえず,今日のオープン戦でもいろいろなことが見えてきて,非常に参考になりました。
 これからポジション争いがどうなってくるのか,関心を持って見ていきたいと思います。

 また思いついたら書きます。ではでは。

↓よろしければ押していただけるとありがたいです。
阪神タイガース ブログランキングへ
三枝康裕 | 阪神タイガース | comments(0)  | trackbacks(0) | 22:35
 こんばんは。

 今日のニュースを見ていたら,先日より何度も物議を醸している新国立競技場に関する話題があったので,取り上げてみました。

 新国立競技場の現在の建設計画では,スタンドに木材が使われる屋根で覆われる構造になったいるため,消防法上問題があると懸念されているそうです。
 政府関係者によれば,この原因は,事業主体の日本スポーツ振興センター,政府,組織委員会など関係機関の意思疎通が悪かったことが原因と述べたそうです。
 大会組織委員会は,政府,東京都など関係組織のトップで構成する調整会議を開いて対応を検討するそうです。

 このミスを見ていて,どれだけの人数の人間が携わって五輪のシンボルともいえる聖火台に気づかなかったのかと思わずにはいられません。
 特に,新国立競技場問題は,一度泥が付いてしまった案件ですから,否が応でも慎重にやるべきところですが,この体たらくを見る限りおそらくさほど真剣に取り組んでいなかったのではないかと思います。

 こういうところを見ると,結局責任の所在が不明なことが過去の失敗を生かせなかった原因であろうと思います。
 責任者は責任をとるのが仕事ですから,何らかの原因で失敗をすればきちんと責任者が責任をとり,他者に対して緊張や反省を促し,再度の失敗の内容につとめるのが通常の組織体だと思います。
 ですが,この手の公のすることは,結局大きな組織がたくさん名を連ねますが,そのどこが責任をとるのか,それが不明であって,失敗があってもどさくさに紛れて誰もが逃げて終わってしまうというケースが多く,その結果同じような失敗を繰り返すことが多いと思います。
 原発の件も結局誰も責任をとらずに今まで来ていますが,このままでは将来的に同じような失敗を繰り返すのではないかと不安な思いを持っています。

 そのような組織作りがある意味日本らしいといえばそうなのかもしれませんが,これで改めて建設計画を立て直すとすればそのコストと時間はどう償うつもりなのか,その点が非常に問題だと思います。
 普段の私は,結論が出れば,その過程にはある程度目をつぶるというようにしているのですが,この件ばかりはきっちりと責任の所在を明らかにし,責任をとらせてから進まないと同じ失敗を繰り返すと思いました。


 今日の阪神のオープン戦は,あのソフトバンクさんと試合をし,引き分けに持ち込みました。
 この結果はまさに上出来というべきでしょう。

 序盤こそ,岩田さんが点を取られて3点リードで進んでしまいましたが,そこから好調を維持している横田さんと高山さんが点を入れてくれました。
 横田さんは,本当に打つべき時に打てるという,阪神に今まで見あたらなかった貴重な人材だと思います。
 かつてゴメスさんがそうだったのですが,いつの間にかある意味阪神らしい選手になってしまいました。その点横田さんがその後釜を次ぐ形で決定力を示してくれたのは大変うれしいです。
 ただ,守備をもう少しやってくれないと,他の伸び盛りの選手達と比べればスタメン起用にはためらいがあります。
 また,安定した打撃というには問題があるように思われ,その点でももう少し安定感がないと使いづらいというようにも思います。
 特に,このような選手は,調子のよい時期が止まってしまうとどうなるのか,そこら辺の様子見が必要でしょう。

 大和さんがショートにつきましたが,さすが大和さんだけあって非常に安定した守備を見せてくれました。
 特に,とってから投げるまでが早く,やはり阪神で守備で大和さんの右に出るものはおらず,これならば多少打てない時期があってもスタメンで使わないといけないと改めて思います。

 榎田さんがストレートが非常によく,こんなによい出来ならば今年は期待できるのではと思ったりしました。
 阪神は中継ぎ陣が最大の弱点ですから,もしも榎田さんが今日のような出来を続けてくれれば,阪神の大きな悩みの一つが一気に解決の方向に進めると思います。
 ただ,榎田さんは,去年も序盤はよかったなと思い出すと,時期限定なのではと思ってしまい,もう少し様子を見ないとまだ当確を出せないと思います。

 マテオさんは,先日挙げたとおり見事なスライダーで,これで阪神の抑え問題はほぼ解決したと思いました。
 もしも抑え問題が解決しなければ,福原さんが後ろに回る案になるところでしたが,これで福原さんを柔軟に使うことができるようになり,阪神の戦術に幅が生まれたと思います。

 捕手争いについては,今年になって頭角を現してきた岡崎さんがどうやらかなり使われるような気配です。
 岡崎さんはずっと二軍暮らしの多かった苦労人ですが,強肩に魅力がある捕手であるという認識でした。
 ただ,バッティングに難ありということで,そこがネックでしたが,今年のキャンプからは打力が高まってきたという評判です。
 年齢を考えれば,将来性のある梅野さんや坂本さんを育てるべきという意見もあろうかと思いますが,年間通して梅野さんや鶴岡さんがマスクをかぶり続けることが難しいとなれば,去年藤井さんがマスクを被っていた分を岡崎さんが埋めてくれるのは非常に大きいと思います。
 苦労人ですから,今年活躍することを大変期待しております。

 今日の最大の収穫は榎田さんだと思いますが,明日もソフトバンクさんとのオープン戦があり,今度は誰が活躍するのか,非常に楽しみにしております。


 また思いついたら書きます。ではでは。

↓よろしければ押していただけるとありがたいです。
阪神タイガース ブログランキングへ
三枝康裕 | ニュース | comments(0)  | trackbacks(0) | 23:34
 こんばんは。

 今日は,阪神の新外国人マテオさんに関する記事について取り上げたいと思います。

 この記事では,マテオさんを読売に対して隠すプランが出たというものでした。
 その理由は,新守護神候補のマテオさんをセリーグ球団に隠すのが目的とのことです。
 マテオさんは150キロ超のストレートと高速スライダーが武器ですが,記事によればこの高速スライダーがとんでもないということです。
 この高速スライダーは真横に曲がる独特のもので,日本にいないタイプだそうで,金本監督も絶賛したということでした。
 今のところ実戦2試合で1安打無失点3奪三振と好調で,課題とされた左打者に対しても結果を残しております。
 オープン戦では,走者を置いた場面と連投のテストを行うということですが,この調子でいけばどうやら新守護神は内定しそうなようです。

 真横に曲がるスライダーといえば,パワプロという野球ゲームで投手が投げるボールがまさにそれです。
 ですが,実際には横方向に曲がっていくということはあっても真横ということはないですし,これが本当に真横に行くのであれば相当脅威だろうと思います。
 鋭いスライダーが武器といえば,阪神にいたウィリアムスさんがそうだったと思いますが,彼の場合左のサイドスローだったので明らかにタイプは違います。
 一方,マテオさんは,コントロールが存外よく,追い込んでからスライダーが決まるという場面を見た限り短いイニングで仕事をするには適しているように思います。
 来日以前は速球派外国人投手にありがちな制球力の問題を抱えた投手だろうと思っていたのですが,この点私の勘違いである可能性が高いと思っています。

 ただ,この時期に新外国人を過剰に持ち上げるいわゆる提灯記事を見ていると,正直言ってメンチさんなどを彷彿させられ心配になります。
 結局結果が見られるかどうかが大事で,記事に踊らされるというのもおかしな話なのですが,我々阪神ファンはそういったトラウマを今まで何度も抱えてきたので,この手の記事を鵜呑みにすることはもってのほか,むしろ若干の不安を感じるというようになってしまっています。
 それでも,マテオさんの出来に今年の阪神の勝利は結構依存することが多いと思うので,私は期待したいと思います。


 ドラフト1位ルーキーの高山さんですが,守備がうまいという記事を見ました。
 守備においては一流というほかない吉田義男さんが,「守備も無駄がない。落下点に最短距離では入れてる。」と絶賛していたそうです。

 高山さんについては,このところ足が速いこととパンチ力があるところはよく耳にしていましたが,これで守備まで並以上にできるならば是非ともスタメンで使って育ててもらいたいと強く思います。
 高山さんと伊藤隼太さんを比較してみてしまうことが多いのですが,伊藤さんは打撃がいいものの守備について不安があり,今のところまだ実績はないもののこの比較でも高山さんを使ってみてはと思ったりもします。

 ただ,江越さんもいる中でスタメンをとれるのかは問題です。
 個人的には,センターは大和さんがふさわしいと思っていますが,そうなるとスタメンを争うことは至難の業でしょうし,なかなか悩ましいです。


 キャンプを終えた阪神は,1軍と2軍の入れ替えを大幅に行い,ドラフト2位の坂本さん,ペレスさん,中谷さんが降格しました。

 坂本さんは将来の正捕手候補といわれていますが,やはり現時点で他の捕手達を追い越すまでのものはまだなかったということなのでしょう。
 個人的には長い目で育てるべき選手だと思うので,間違っても安易に外野にコンバートなどさせずに捕手として育ててもらいたいものです。

 また,中谷さんは素材がすばらしいと言われながら,新しく出てきた勢力よりアピールが不足してしまったところは否めないと思います。
 ただ,去年の2軍の中谷さんの実績を見ている限り,彼は伸びるべき選手だと思いますので,今年は期待しています。

 そして,ペレスさんについては,せっかく去年シーズン途中で採用したのに,なんだかこのような扱いはもったいないような気がします。
 外国人枠の関係もあって不遇な扱いを受けているのかもしれませんが,去年の2軍での成績を見ているとかなりの実力を秘めているとは思っています。
 それだけに,他の選手が伸びてきているのは分かるのですが,もう少しペレスさんに光が当たるといいのにと思ったりもします。

 ただ,各選手について色々と述べたものの,上がってくるべき選手達も皆すばらしく,かつ愛着もあるので,誰かが落ちるのは仕方がないと思うしかありません。
 とりあえず,金本監督はチーム全体を見ていると思うので,2軍で結果を出せば1軍との入れ替えは容赦なく行うと思いますし,誰もが競争の中で鍛えられてもらいたいものだと思います。

 また思いついたら書きます。ではでは。

↓よろしければ押していただけるとありがたいです。
阪神タイガース ブログランキングへ
三枝康裕 | 阪神タイガース | comments(0)  | trackbacks(0) | 23:24
 こんばんは。

 今日は,以前から大変問題になっていた,JR東海が認知症家族を訴えた事件に関する最高裁判決が下されました。

 事件の内容等はニュースで多く報じられているので,ここでは割愛するとして,結局のところ結論をまとめれば

・認知症の人と同居する配偶者だからといって直ちに監督責任があるというわけではない。
・監督責任者に当たるかどうかは,諸般の事情を総合考慮して判断すべきである。
・妻は,事故当時の年齢や健康状態から監督が現実に可能な状況とはいえず,監督責任者に当たらない。
・長男は,20年以上別居しており,事故直前も1ヶ月に3回程度の訪問という程度であるから,監督可能な状況にあったとはいえず,その他監督を引き受けていたと見るべき特段の事情がないから,監督責任者に当たらない。

ということでした。

 この結論をどう考えるかという問題も重要ですが,私の仕事を考えると,この最高裁判決の射程範囲がどのようなものなのか,別の事案にどのような影響を及ぼすのかということが非常に重要になってくると思います。

 この最高裁判決は,賠償責任を負いうる監督義務者の範囲についてその基準を示しております。
 その基準というのは,

 ,修亮埃身の生活状況や心身の状況など
◆\鎖西祿下圓箸凌涜牡愀犬陵無・濃淡,同居の有無その他の日常的な接触の程度
 精神障害者の財産管理への関与の状況などその者と精神障害者との関わりの実情
ぁ\鎖西祿下圓凌歓箸両況や日常生活における問題行動の有無・内容,これらに対応して行われている監護や介護の実態など

の諸般の事情を総合考慮するということでした。
 そして,その事情を考慮した上で,現に監督してるか,監督が可能かつ容易であるか等の衡平の見地からその者に対し精神障害者の行為に係る責任を問うのが相当といえる客観的状況が認められるか否かという観点から判断するということです。

 こうしてみてみると,結局この基準は,いろいろな事情をくみ取ってくれるということはわかるものの,一方でこの程度の行為を行えば責任を免れられるという明確な線引きをすることが難しいものであるということもいえます。
 最高裁判決が示す総合考慮の基準はこのようなものが多いですが,これは様々な事案に対応するため致し方ないことであると思います。
 ただ,結局個別具体的な事案において自分が免責されるかどうかということは,結局このような事案の累積を待ち,類似事案でどのようなものがあるのかというように考えるしかないでしょう。

 とはいえ,この判決が意味することは,少なくとも,配偶者というだけで責任を負うとは限らず,状況や実態によっては責任を免れる可能性があるということだと思います。
 一定の基準を挙げて免責の余地を認めたという意味では意義ある判決だったと思います。
 それは,例えば,弁護士などが成年後見人に就任する際,成年被後見人が問題を起こしてしまった際にもこの基準を用いて免責される余地があるというように考えることもできると思うので,やはり実務上は意義が大きいといえます。

 一方,この判決は,監督する家族等にとっては救われる内容である一方,被害者側にとっては問題とも考えられるかもしれません。
 例えば,認知症の方が知らないうちに自宅の車を運転して事故を起こした,被害者に落ち度は一切ない,任意保険に加入していないという場合,果たして事故の被害者はどうやって救済されるのでしょうか。
 この事案では,被害者側であるJR東海には経済的損害は発生したものの,人の生命身体に関する損害は認知症の方のみでした。ですから,一つのものの見方として,大企業と個人のどちらに損害を負担させるのが妥当かという価値判断がこの判決の背景にあるのかもしれません。
 ですが,これが個人対個人ということになれば,被害者側が救済されないという結論をどこまで許容できるのかという問題はあるだろうと思います。
 その意味では,この判決は,この事案のように大企業対個人という構図の中でのみとらえるのは問題で,結局今後被害者救済をどのようにして図るべきなのかということもあわせて考えなければならないのではないかと思います。

 また,この判決の基準は主に個人的な関係を想定しているものですが,認知症の方が多く入居している施設の場合,どのような基準が当てはまるのかということについては分かりません。
 施設の責任問題を考えるにおいても,今回の最高裁の基準は一つの指標になると思いますが,必ずしもすべてが当てはまるということでもないので,その点に関して対策は検討されるべきだろうと思います。

 と,思いついたことを色々と述べてみましたが,今日出たばかりの判決なのでまだ分析が足りていません。
 仕事の役に立てるべく,もう少しきちんと考えていってみたいと思います。

 また思いついたら書きます。ではでは。

↓よろしければ押していただけるとありがたいです。

阪神タイガース ブログランキングへ
三枝康裕 | ニュース | comments(0)  | trackbacks(0) | 23:46
PAGE TOP