Powered 

by Tigers-net.com
 こんばんは。


 今日も最高裁で注目の判断が下されたので,その件について触れてみたいと思います。

 今日話題に取り上げる事件は,インターネットの検索結果について削除請求をした件についてです。
 請求をした方は,かつて犯罪で逮捕されて報道されたということなのですが,その男性の居住する県名と氏名で検索すると男性が逮捕された事実が書き込まれたウェブサイトの表題と内容の抜粋が表示されてしまうので,プライバシーが侵害されているのではないかということでした。
 そこで,男性は,グーグルに対して,人格権に基づき検索結果の削除を求めたということでした。

 それに対する最高裁の決定は,結論としては請求を認めませんでした。
 問題は,最高裁が削除について判断基準を示したという点です。
 最高裁が挙げたのは以下の通りです。
〇実の性質および内容
∋実が伝達される範囲と具体的被害の程度
社会的地位や影響力
さ事の目的や意義
サ事が掲載された時の社会的状況とその後の変化
事実を記載する必要性など
事実を公表されない利益と検索結果として表示する理由に関する諸事情を比較して判断すべきで,公表されない利益が優越することが明らかな場合には、検索結果の削除が認められるとのことです。

 そして,これらの基準を前提とした上で,本件では,逮捕事実はプライバシーに関するものの,逮捕容疑の児童買春は社会的に強い非難の対象とされ,罰則をもって禁止されていることに照らすと,未だ公共の利害に関するといえるとしました。
 また,削除を求める検索結果は,男性が居住する県名と氏名で検索した場合に表示されるので,逮捕された事実が広まる範囲は限られているということです。
 そうすると,男性が妻子と生活し,罰金刑に処せられた後は一定期間犯罪を犯すことなく民間企業で働いていることなどを考慮しても,逮捕事実を公表されない利益が優越することが明らかとはいえないとしました。

 今回は逮捕事実に関する情報が問題となりましたが,インターネットの検索結果についてはこれ以外にも削除を希望したい情報がたくさんありうると思います。
 一方で,インターネットの検索サイトは,最高裁も指摘しているとおり,現代社会における情報流通の基盤として大きな役割を果たしているもので,それに制約がかかるということは検索結果の表示という表現行為の制約というだけでなく,検索サイトが社会に果たす役割も制約することになるというのも頷けます。

 今回の事件を見て,直ちに逮捕事実であれば一切削除請求が認められないと考えるのは早計だと思います。
 例えば,今回重視されている要素として,見られたくないサイトが出現する前提となる検索ワードが限られていることが挙げられていますが,それが容易に出てくるものであれば見込みはなくはないと思います。
 ただ,最高裁は児童買春については社会的に強い非難の対象となって罰則をもって禁止されていることを重視しているものの,軽い非難の対象である犯罪とは果たして何なのか,刑事法が絡む場合は基本的に罰則をもって禁止しているものだから原則否定的なのではないかという疑問もあります。
 そう考えると,最高裁の挙げた基準は曖昧であり,果たしてどのような場合に削除請求が認められるのか,やはり分かりづらいというほかないと思います。
 最高裁が,この判断について,類似事案への適用がなされることを考えて出した基準であることを考えると,ある程度基準を曖昧に設定せざるを得ないことはよく分かるのですが,結局どのような事例において救済されるのかは今後の事案の蓄積によると考えるしかなさそうだと思います。

 事案の蓄積がない以上,この基準に形式的にでも当てはまりそうだと考える場合は削除請求の見込みを諦めない方が良さそうだと思いました。


 今日からプロ野球のキャンプが始まりました。

 今日の話題は,とりあえず大山さんがフリー打撃で101スイング中柵越え8本という結果を出したことでしょうか。
 フリー打撃ですから,そこまで重視すべきかは別として,少なくとも飛ばせる力はあるということがよく分かりました。
 去年の高山さんと比較してしまいがちですが,大山さん単体を見ればルーキーとしては破格だろうと思います。
 今日見る限りでは,まだ体はできていないものの,タイミング等はなかなかよいと思われ,将来性は十分に感じると思います。

 一方,柵越え本数でいえば,キャンベルさんは,58スイング中1本ということで,大山さんと比較すると長距離砲としては物足りなさを感じてしまいます。
 ですが,一発が打てなかったとしても,シーツさんやマートンさんらのように確実なバッティングをしてくれるならば別にそこまで問題視する必要がないのかもしれないとも思っています。
 しかも,良くも悪くもフリー打撃ですから,日本にやってきてまだ間もないのに直ちに結果を得ようと思ってもいけないように考えています。
 これから体ができてくるのですから,とりあえずあと1月程度は長い目で見ていきたいと思います。


 また思いついたら書きます。ではでは。


↓よろしければ押していただけるとありがたいです。

阪神タイガース ブログランキングへ
三枝康裕 | ニュース | comments(0)  | trackbacks(0) | 23:26

Comments

Post a Comment








Track back URL

http://bsr37.tblog.jp/trackback/342598

PAGE TOP