Powered 

by Tigers-net.com
2016.06.15 Wednesday
 こんばんは。

 今日舛添東京都知事が辞任しました。
 私は都民ではないですが,私の雑感をちょっと書いてみようと思います。

 結論から言えば,舛添さんが辞めることは仕方なかっただろうと思っていました。
 それは,政治資金問題などではなく,政治家としての資質の問題からです。

 個人的には,政治資金に関する件やホテルスイートルームの件など色々と問題点はあろうかと思っています。
 しかし,政治資金規正法の適用範囲の問題や法令関係の問題でいえば,違法ではなく,これらは法律ではなく常識から見て当不当を判断すべき領域であったと思います。
 これらの問題は,舛添さんのせこいという属性を示すものであり,その「せこさ」という属性は都民にとって害になることもあれば,都の財政にもそれを発揮してくれれば倹約などがなされて利益になることもあったろうと思いました(とはいえ,税金を使って一流ホテルに泊まるなどしている様を見る限り,都政に対してはせこくなかったようにも見えますが。)。
 ですから,せこさだけで辞めるべきと思うかといえば,それはそう思いませんでした。

 ですが,この騒動が発生してからの一連の対応は,非常にまずかったと思いました。

 舛添さんは当初は強気な態度で対応していましたが,世論の旗色が徐々に悪くなるにつれて次第に弱気な対応に変化していき,発言内容も当初のものから徐々に変わっていきました。
 発言内容が変わっていった様は,その人の信条のブレを示すともいえ,政治家にとって大事な資質の一つである一本軸があるという部分が見えなくなっていってしまったと思います。
 特に,昨日までは辞めないといいつつも,今日の午前中には辞めると意思表示をするなど,一夜にして意思が変わってしまった姿勢についてはある意味残念でした。

 また,弁解も不合理と捉えられかねず,対応も非常に場当たり的に見えました。
 おそらく,世論が失格の烙印を押した最大の要因はここにあったのだろうと思います。
 この対応が,当初から真摯なもので,かつ弁解も潔いということであれば,自民党も見放さずに逃げ切れたようにも思えました。
 しかし,当初は強弁を振るい,途中からは不合理とも思える弁解に終始するなど,突っ込みどころが多すぎる対応に連日マスコミが黙っていなかったというように思いました。

 私としては,政治家に必要な資質として,説得力と判断力があると思っています。

 説得力は,自分の言葉で他人を説得して動かすことができるかだと思いますが,舛添さんの言動は上記の通り人の反感を買うことが多く,自身の考えている方向性で説得することはできませんでした。
 この騒動が出る前の舛添さんの言動も,今回の騒動開始時のような強弁はこれまで何度か見受けられたと思いますが,それがこの騒動でピックアップされたことによって反感を買ってしまったということが大きかったと思います。

 判断力は,状況を見極めて,適切な行動をとる能力だと思います。
 舛添さんの今回の騒動の開始時の行動は,いつものとおり処理をすれば収まるだろうと考えて対応したのだと思いますが,それで火が付いてしまった時点でどのように振る舞うべきか試されていたと思います。
 しかし,結果を見れば予想もできないくらい大炎上してしまっているわけで,状況に応じた判断ができずに結果として誤った方向に自身を導いてしまいました。
 結局,状況を見極めきれず,的確なリスクの予想ができず,振る舞い方も間違えてしまったということだったと思います。

 この騒動は,結局舛添さんの政治家としての資質を測る機会だったと考えておりますが,残念ながら失敗だったと思います。
 知事となれば,都の行く末を左右する規模の大きな事態に直面することもあるでしょうが,その時には知事に状況に応じて的確な判断を下す必要が迫られるでしょう。
 知事の権限は非常に大きいですから,知事の判断はまさに多くの人に多大な影響を及ぼすでしょうが,そんな時に自身の危機管理に関する判断が的確にできない人がふさわしいかといえば否定的になってしまうと思います。
 そして,そうなればこそ,この騒動から舛添さんは知事として適性がなかったのかというように思われ,辞任は仕方ないかと思ったという次第です。

 本来であれば,もっと舛添さんがこれまでどんな実績を上げてきたのか,今後どんなことを行う予定だったのか,それは現時点でどの程度道半ばだったのかという点を取り上げた上で辞める辞めないという報道がなされてほしかったです。
 この騒動は,舛添さんという東京都知事という要職にある政治家の政治生命を生かすか殺すかという重要な局面であり,その議論は政治家としての適格性についてなされるべきだったと思っています。
 確かに,今回の騒動は,上記の通り舛添さんの危機管理能力を問うものだと考えれば,その適格性について議論がなされたとも思えます。
 ですが,都知事本来の仕事はどのくらいなされたのか,政治にとって舛添さんはどのくらい必要な人だったのか,その視点はもっと大事にしてほしかったと思いました。
 このことは,瀬さんの時も思ったことですが,マスコミが火を付けたのはある意味誰にでも分かる極めて人間的な部分に関する批判であり,都知事の適格性の判断はもっと違う要素も加えるべきではなかったのか,その反省はなかったのか,私は今回の騒動を見ていてそういう点について気になりました。

 とりあえず,舛添さんにはお疲れ様でしたといいたいです。
 皮肉になってしまいますが,売却するとおっしゃっていた別荘,今回の騒動の休養のためには必要な施設な気がするので,まだ売却をされていないのであれば再考されてはと思いました。


 今日の阪神ですが,打てなかったですし,またしても継投ミスもありました。

 まず,打っては3安打に止まり,点が入ったのが犠牲フライ1点というのは情けないでしょう。
 これだけの貧打で投手に守りきってくれというのは酷だと思いますし,もっと打線には仕事をしてもらわないと勝てるものも勝てないと思います。

 次に,継投ミスですが,榎田さん,高橋さんについてです。
 特に,高橋さんについては,シーズン当初からいわれていた投げさせすぎな傾向が今回の失点につながったのではないかと思っています。
 中日さんに所属していた時代も,投げさせすぎなために,徐々にフォークが振られなくなり,最終的に打ち込まれたり怪我をしたりしたように思いました。
 今日の高橋さんを見ていると,何となく中日さん時代のそんな彼を改めて見たように思いました。
 確かに,今のところ,阪神の中継ぎ陣の中で比較的頼れるのは安藤さんと高橋さん,ドリスさんでしょうが,だからといって高橋さんに投げさせすぎだったというのはどうかと思います。
 既にマテオさんとドリスさんは投げさせすぎで一度二軍落ちさせていますが,そういうことをなぜ矢野さんと香田さんは繰り返すのでしょうか。
 今日は,安藤さんとドリスさんを登板させればいい試合ができたでしょうに,結局矢野さんと香田さんを代えないと阪神の継投ミスは減らないと思いました。

 ちなみに,藤川さんは,今日は3人で終わりにできました。
 こういう場面で起用されて一つ一つ結果を積み重ねていけば,そのうち感覚などもつかめてきたり信頼も勝ち取れるようになるだろうと思っています。

 なお,能見さんの呼吸困難については非常に心配しております。
 それで昨日はよく投げたと思いますが,それでも今日登録抹消というところを見ると事態はあまり楽観できないということなのでしょうか。
 その原因はよく分かりませんが,大きな問題がないことを願うばかりです。

 また思いついたら書きます。ではでは。

↓よろしければ押していただけるとありがたいです。
阪神タイガース ブログランキングへ
三枝康裕 | よろずごと | comments(0)  | trackbacks(0) | 23:37

Comments

Post a Comment








Track back URL

http://bsr37.tblog.jp/trackback/338227

PAGE TOP