Powered 

by Tigers-net.com
 こんばんは。


 本日、ヤクルトさんのシーズン最終戦が催されましたが、広島さんに惜敗しました。
 先日のヤクルトさんと広島さんとの対決でもヤクルトさんが敗戦しましたので、残り試合が阪神1試合、ヤクルトさん3試合の段階で、阪神1勝ヤクルトさん1勝2敗だったら阪神優勝という場面で阪神が負けて早々と優勝を逃したものの、もしも阪神が最終戦で勝てていたら阪神が優勝していたということが判明しました。

 こうなると、最終戦の意気地なく負けた阪神のふがいなさが非常に思い出されて悔しく思います。
 あの試合、打線がこんな感じでよく今まで勝てていたなと振り返るわけですが、ここ一番の試合で意地でもあそこで勝てていたらと思うと、何ともいえない気持ちになるところです。
 また、阪神があと1勝上積みできていたら優勝していたと思うと、これまでのシーズンでどうしようもないエラーで負けた試合や明らかな采配ミスで負けた試合、不調な藤浪さんや佐藤さんを強行して起用して負けた試合、マルテさんを起用せずに負けた試合などできちんとしかるべく対応していたらと思い出すわけです。
 振り返れば、シーズンの1勝、1敗がどれだけ重いのか、それをかみしめる、1勝足りなくて優勝を逃した阪神ということになります。

 ただ、こういう優勝の逃し方をするのがある意味阪神らしいというようにも思います。
 こういう球団であるとわかっていながら、これまで阪神ファンを続けていたのですから、悔しくあってもファンをやめるということはありません。
 それよりも、CSで同じ轍を踏まずに済むかどうかが今は関心事であり、フェニックスリーグで連続エラーを記録している佐藤さんを起用するのかどうかが気がかりということになります。

 とにかく、このような情けない経験をしたのですから、CSでも同じ経験をしないことが至上命題となります。
 これからは必ず勝ってもらわなければ話にならないので、先を見据える起用をしたとかそんなことを考えることなく、単に調子のいい選手たちをそろえてどのような試合でも勝てるように進めてもらいたいものです。
 CSのような短期決戦の1勝はこれまでよりも重い1勝ではありますが、シーズンの1勝に泣いた阪神としてはその価値を理解して必ず勝ってもらいたいと思います。


 また思いついたら書きます。ではでは。


↓よろしければ押していただけるとありがたいです。

阪神タイガースランキング
三枝康裕 | 阪神タイガース | comments(0)  | trackbacks(1) | 23:17
PAGE TOP