Powered 

by Tigers-net.com
 こんばんは。

 今日のニュースを見ていたら,福井県池田町の町議会事務局の業務用パソコンから情報流出があったというものがあったので,取り上げてみました。

 この原因は,業務用パソコンがウイルスに感染したことだということですが,ウイルス感染の原因はアダルトサイト閲覧にあるということでした。
 事務局長は,業務中にアダルトサイトを閲覧していたそうですが,その後パソコン画面に「ウイルスに感染している。対応方法を電話で教える。」という表示が出たそうです。
 そこで,事務局長は,表示に従って電話をし,電話先から教わった操作をしたところ,パソコンが動かなくなってしまったそうです。
 業者に依頼してパソコンを調べたところ,遠隔操作ファイルがダウンロードされていたことが判明し,データが抜き取られた可能性があると判明したということでした。
 そのデータには,議員の住所録や議事録が保存されていたということでした。
 なお,役所の他のパソコンには異常が見つかっていないそうです。

 一昔前,この手の手口はよく聞いたことがあったのですが,未だに引っかかる人がいるというのはこの手口はまあまあ今でも通用するのだと改めて思いました。
 私もかつては何度もこの手の相談を受けたことはありましたが,最近あまり聞いたことがないことだったので,まだこの手の商法をやっている詐欺サイトがあるのだと認識しました。

 そもそも業務中に遊んでいたというのは言語道断ですが,さらに職場のパソコンを危機的状況に陥れ,情報流出もさせてしまったのであれば,もはや言い訳の余地もないでしょう。
 この手の事件は,おそらく氷山の一角で,気づかずに情報を流出させているということが発覚していないだけで相当数あるのだろうと危惧します。

 パソコンなしでは業務が成り立たない仕事が多く存在していることは分かるのですが,こうなると窮屈になるとはいえ,業務用パソコンについて特定サイト以外は閲覧制限がかけられるというのは致し方ないだろうと思ってしまいます。
 また,外部ネットワークに接続できないパソコンのみ操作できるようにするなどの対応が必要になってしまうかもしれません。
 このような対応が増えてしまうと,普通に仕事をしている人達にはいい迷惑でしかないのですが,それもこのような結果が出ないようにするには仕方ないといわれてしまうでしょう。
 こういう基本的なことについてルール作りしなければならないのは,信号が赤では渡ってはいけないなどということを説明するのと同じレベルの話であって,いい年した大人にいわなければならない話ではないとは思うのですが,それでもやむなしなのかもしれないと思いました。


 今日の阪神ですが,首脳陣の不可解すぎる継投ミスで負けました。

 岩崎さんは好投しましたが,それを首脳陣が壊してしまいました。
 今日の采配の問題をちょっと取り上げるだけでも,
 。隠渦麌宗ぐ惰さんを中継ぎ投入するに当たって,11回裏が6番から始まるのに打順の回る8番に入れたこと。
◆。隠渦麥△琉惰さんの打席に代打を出さずに打席に立たせたこと。
 安藤さんの打席で,バントをさせずにバスターをさせて,結果見逃しと空振り,スリーバントで終わったこと。
ぁ。隠臆麌宗ぐ惰さんを回跨ぎで続投させたにもかかわらず,1アウトランナー1塁の場面で,左投手に強い秋山さんに対して島本さんにスイッチしたこと。
ァ。況遑影に二軍で完投したばかりの守屋さんをリリーフで起用したこと。
Α。隠臆麥◆に黙蠅気鵝ぢ舅造気鵑梁農覆法ぅ悒ぅ阿気鵑篝床さんら強打者を代打に起用せずに凡退で試合終了とさせたこと。
と問題が多すぎます。
 これに付き合わされた安藤さんは気の毒というほかありませんし,こういう首脳陣のミスで負けた試合はこれで何度目だろうかと思います。

 この原因の一つとしては,聞いているところでは,金本監督が投手起用と矢野さんと香田さんに任せていることにあろうかと思います。

 投手起用について自分より優れていると考える人の意見を尊重すること自体に文句はありません。
 しかし,投手起用と打者起用の頭脳が分離していたことが,今日の安藤さんの打順でのミスにつながったと思われます。
 例えば,金本監督自身は,11回裏の安藤さんの打席で代打起用をする予定だったかもしれませんが,矢野さんらが安藤さんの回跨ぎを判断してしまうと,打順と継投の齟齬が生じてしまうと思います。

 また,今年の阪神の投手起用は相当ひどく,その判断を噂通り矢野さんと香田さんが担っていて,これまで同様特段の反省も見受けられないのであれば,ここで彼らに代わる人を投手起用の担当に据えるべきでしょう。
 これまで見ている限り,阪神は投手起用で負けた試合は多く,しかも同じように回跨ぎを選択して失敗するパターン,登板過多の投手を平気で起用するパターンなどある種の類型ができているように思います。
 このように失敗のパターンが類型化できる状態にもかかわらず,反省の形跡もなく繰り返すのであれば,単純に能力不足であり,このままでは勝てる試合も勝てません。

 ですから,少なくとも矢野さんと香田さんに強い反省を促し,変化が見受けられないならば更迭することは致し方ないと思いますし,シーズン中盤にさしかかったこの時期こそそろそろ判断すべき時期に来たのではないかと思っています。

 他にも打線や守備について色々と思うところはありますが,それでも今日は首脳陣が酷すぎてかすんでしまいました。
 このような振る舞いを続けていては,現時点で阪神最良の中継ぎ投手である安藤さんがつぶれてしまいますし,早急に手を打たなければならないと思いました。

 また思いついたら書きます。ではでは。

↓よろしければ押していただけるとありがたいです。
阪神タイガース ブログランキングへ
三枝康裕 | ニュース | comments(0)  | trackbacks(0) | 23:37

Comments

Post a Comment








Track back URL

http://bsr37.tblog.jp/trackback/337969

PAGE TOP