Powered 

by Tigers-net.com
 こんばんは。


 今日のニュースを見ていたら,ネット上のダフ屋を規制する法案が提出される方向であるというものを見たので,取り上げてみました。

 これまでいわゆるダフ屋行為が横行し,それがインターネットの普及によって加速度的に広まっていましたが,これを規制するのがこの法案の目的です。
 自民党のライブ・エンタテイメント議連が議員立法として提出する方向のようで,来るべきオリンピックでもチケットの高額転売が問題化しかねないというのが問題意識の根底にあるようです。
 規制対象となるのは,‘団蠅瞭時や場所,座席を指定,⊆膾甜圓蕕転売の禁止を明示,主催者らが本人確認等の防止策を講じているという3つの条件を満たすチケットだということです。
 これを転売目的で事業として入手することや,定価を超える価格で商売として販売することを禁じるということです。
 違反者には,ダフ屋行為に科されるのと同じ程度かそれ以上の罰則を検討しているということです。

 このところよくダフ屋行為の規制が話題になっていましたが,この行為がなされる場合,本当にほしい人がチケットを購入することができず,購入するにも高額の費用を支払わねばらなくなってしまいました。
 そのため,行きたい人が断念したりして興行が衰退してしまったり,反社会性力の資金源となって治安の問題が生じる懸念があるなどの問題がありました。
 確かに契約自由の原則からいえば,チケットの流通市場があることは健全なのかもしれませんが,業者が介入して買い占めが行われることで健全な取引が妨げられるという意味では契約自由の原則に修正を加える法律は必要なのだろうと思います。
 私も,以前ほしいチケットが売り出しから相当早い時間に買い占められた直後インターネット上で高額転売という事例をまま経験したことがあり,このような規制は心情的にも必要だろうと思っています。

 ただ,できればチケット以外にも何らかの規制をするようにしてもらいたいと思います。
 例えば,最近ニンテンドースイッチが希少なため,売り出されると業者が人海戦術で買い占めて転売してしまうということがまま見受けられますが,このような行為についても規制がなされるべきであろうと思います。
 まだ規制を及ぼすべき領域はあるのだろうと思うのですが,規制を及ぼすとすれば契約自由の原則を過度に修正しないように配慮も必要であるため,方法がなかなか難しいのだろうと思われます。
 とはいえ,健全な取引が実施されるためには,なるべく早期に導入してもらえるように希望したいものです。


 阪神が獲得を企図していたロザリオさんですが,阪神が獲得に好感触であるという記事を見ました。

 以前ここでも述べたことがありましたが,ロザリオさんは,メジャーでは捕手としてやっていくことは困難で,ファースト専門であるとした場合にはメジャーでやって行くにはハードルが相当高いため,よほど打力が評価されない限りは日本に来るのではと思っていましたが,それが現実的になるようです。
 まだ油断はできないものの,日本の他球団が食指を伸ばしていないのであれば阪神に来てくれる可能性が高いのではないかと思っています。

 ロザリオさんの飛ばす力は本物のようで,さらに今季の韓国リーグでの出塁率を見るとかなり四球を選べる選球眼もあるように思えます。
 目に見えた弱いコースがないのであれば,パワーのある打者である以上,選球眼がしっかりしていれば相当出塁できるのではと思うのですが,ロザリオさんはまさにそれを地でいってくれるのではないかと思っています。
 ただ,韓国リーグは打高投低の傾向が顕著であり,そのような韓国リーグで打率が高かったとしても,制球力が高く落ちる変化球が巧みな日本野球で弱いコースを突かれて打率が伸び悩む可能性があり,まだ油断はできません。
 特に,アウトコースの落ちる球,インコースを攻める球にどこまで対応できるのかは非常に大きな問題だろうと思います。
 それでも,困った時には選球眼の良さが助けてくれると思われ,選球眼が良さそうだというのは一つの長所だろうと思っています。

 良く聞く問題は守備でしょうか。
 肩は非常に強いようですが,にもかかわらずメジャーで捕手としてやっていけなかった理由はパスボールが非常に多かったからのようです。
 また,ファースト守備でも問題があるようで,特にファーストは守備機会が非常に多いですから非常に大きく影響があると思います。
 特に,守備の要であった大和さんがいなくなってしまうのですから,そういうところで守備力がよろしくない選手をスタメン起用する可能性があるというのは一つのリスクであると言っていいのかもしれません。

 それでも,あれだけ逆方向にホームランを打てる力があるのですから,当たれば文句なくとぶと思っています。
 個人的には,打率2割8分,ホームラン30本,80打点の成績を残してくれればまったく文句のない4番打者であると思っています。
 勝手にそんな想像をしているのは皮算用もいいところだと思うのですが,それでも近年獲得を企図していた外国人助っ人の中ではもっとも期待できる選手だと思うので,私は非常に強く期待しています。


 また思いついたら書きます。ではでは。


↓よろしければ押していただけるとありがたいです。

阪神タイガースランキング
三枝康裕 | ニュース | comments(0)  | trackbacks(0) | 18:25
PAGE TOP